福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

広島カープの日本シリーズ進出を祝福する

2016-10-15 22:50:26 | 日記
広島カープの日本シリーズ進出を心より祝福したい。

今シーズンの広島カープの強さはダントツで、2位ジャイアンツとのゲーム差を考えるなら、もはやCS免除でよいのではないか? というのがわたしの持論であったし、勝率5割に満たないベイスターズなど出場を辞退すべきではないか? とすら思っていた。

しかし、ルールはルールであり、特にイカサマをしたわけでもない。試合が行われるからには、正々堂々と応援するほかなかったのである。

カープの日本シリーズ進出の決まった今、まさに順当な結果であると納得しているし、「ジャイアンツを破って第2ステージに臨めた」ということの歓びが、今年のベイスターズには分相応だったと思える。そして、その感動を味わえたことを有り難く思っている。

シーズン中より、ラミレス監督の選手起用や采配には、疑問や不満も少なくなかったのだが、少なくとも、昨年までの長い暗黒のトンネルから抜け出せたことは事実であり、評価しなくてはなるまい。

振り返れば1998年、日本シリーズを3試合観戦できたことは、人生に於ける美しい思い出だ。我が生のあるうちにベイスターズが優勝するなどと、夢にも思っていなかったのに、あれよあれよと言う間に優勝してしまった。横浜駅東口に特設された大魔神社にお詣りしたことも懐かしい。

3試合の内訳はハマスタの初戦と、ドームになる前の(つまり屋根のない)西武球場に2試合。いずれもナイターで、10月下旬の狭山丘陵の夜の冷え込みは半端なく、ガタガタ震えながらの応援だったことを憶えている。その分、応援は熱かった!

チケットはいずれもsold outだったのだが、試合開始にギリギリ間に合う時間に新宿の金券ショップに行けば、比較的安く手に入ることは分かっていたのである。もともとの価格も狂乱の現在に較べれば遥かに常識的なものであり、まだネットの転売ヤーの跳梁跋扈する前だったのは幸いであった。

いよいよ、日本一が決まるという日、ハマスタに出掛けようとするわたしを家内が強く引き留めた。行くなら離婚するとまで言うので、渋々引き下がったのだが、なぜあんなにまでして、わたしを行かせたくなかったのかは、未だに謎のままである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしの演奏を聴く モーツ... | トップ | 必見は24分11秒頃 ~ ブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む