福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

2016年仕事納め 大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」

2016-12-31 00:39:07 | コンサート


大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」2日目をもって、2016年のお仕事終了。大阪フィル合唱団のパフォーマンスについつは、お顔を紅潮させたマエストロのポーガさんからも、”Fantastic!!"と大絶賛して頂きました。

お客様の立場からは色々なご意見・ご感想はあると思われますが、合唱指揮者として、今回の第九は、コバケン先生との「燃える第九」とはまた別の意味で、大きな記念碑となりました。

一言で表するなら、フェスティバルホールの巨大な空間をようやくコーラスの声で満たすことができた、という手応えです。
ザ・シンフォニーホールの場合、広さも程よく、コーラスの力不足をホールの美しいアコースティックが助けてくれるのですが、フェスティバルホールは、生半可な発声を受け付けません。力任せに歌ったところで跳ね返されるのがオチです。
今宵の「第九」を聴きながら、日頃の呼吸法と発声練習の成果によって、ああ、ようやくフェスティバルホールに認められるコーラスとなったのかな、という手応えを覚えたのです。

もちろん、その質や完成度については、まだまだ発展途上ではありますが、昨年とは全く別の次元で音楽のできたことは、大きな歓びであり、今後への励みとなります。

個人的にもポーガさんの指揮からは、様々な啓示を受けました。それが何であるかは、ひとまず企業秘密としますが、今後の自分の指揮活動に生かして参ります。

とまれ、オーケストラと合唱の共同作業によって、アンドリス・ポーガさんの清新な美学に、熱い血を通わせることのできたことを祝したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当日券あり 大阪フィルの第... | トップ | 新年おめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コンサート」カテゴリの最新記事