福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

井上陽水コンサート2016秋「UNITED COVER 2」

2016-10-11 22:57:15 | コンサート

井上陽水は、中学生時代に「氷の世界」「二色の独楽」ふたつのアルバムを聴いてから、いつもボクの人生の近くにある存在だったが、その生のステージに接するのははじめてである。

だいたい、ぼくらの世代で、フォークギターを弾くのに、最初にさらう曲は「夢の中へ」と相場が決まっていたものだ。

この度、オーチャードホールに出掛けたのは、せっかくこの天才アーチストと同じ時代に生きていながら、これまで一度もコンサートに足を運んでいなかったことを反省してのこと。

陽水の声は健在で、力の抜けたトークも絶妙。曲も名曲揃いなのだから、感動しないはずはない。実際、大いに愉しんだことは事実であるが、それでも魂を揺さぶられるほどの感動、とまでは至らなかった。

その理由は簡単だ。

バックのバンドの音量が上がると、歌詞がまったく聞き取れないのである。特にバスドラムとベースの音がウワンウワンとループしてしまい、陽水のヴォーカルを打ち消していた。あの独特の感性による詩あってこその陽水の世界なのであって、それが聞こえないのでは魅力が半減してしまう。昨年、同じホールでZAZを聴いたときには覚えなかった不満である。

「今日のお客さんは静かですね」と陽水は語っていたが、コンサートの序盤で聴衆がいまいち盛り上がれなかったのも、おそらく歌詞が聞こえないことに関連していよう。

確かに、オーチャードホールはクラシックのコンサート向き(とはいえ、クラシックを聴くには音が悪い)のため、一般の多目的ホールよりは残響が多くポピュラー音楽の音作りは難しいのかもしれない。しかし、もっと各マイクのリバーブをカットするなど、ホールに適したサウンド作りは出来なかったのかという恨みは残る。PA技師の居る位置が1階席の一番奥、即ち2階席の真下のため、前方席よりは残響がなく、そのことに気付かなかったのか? それとも、あのあたりが限界だったのか? それはボクには分からないのだが・・・。

本日の公演は別としても、日本のポピュラーコンサートでは、PAの音質には疑問を覚えることが多い。

もっと音量を絞って、音質に気を使ってほしい、というケースがままるのだ。音が大きなだけでなく、歪んだり汚れていることも多い。

ヴォーカルへのリバーブのかけ過ぎも、下手な歌手にはよいが、上手い歌手にはその美点をぼやけさせて逆効果だったりする。

数年前、くるりをライヴハウスに観に行ったときなど、あまりの音量の大きさに耳がボーッとなり、三日ほど聴力の戻らなかったことがある。これには焦った。自分の仕事に関わるので、それ以降、ライヴハウスでのイベントへは怖くて行けないでいるほどだ。ライヴハウスのスタッフは、毎日毎晩、大音量の中にいて難聴になっているに違いない。

音響スタッフには、もっと「良い音とは何か?」を学んで欲しいと願う次第である。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラヤンのシベリウスにアナ... | トップ | アーノンクールを聴いてベー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む