福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きるⅢ

合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気ままに綴ります。

バーンスタイン「ミサ」場当たり稽古無事終了

2017-07-12 21:37:32 | コーラス、オーケストラ
バーンスタイン「ミサ」。
本日は13時半から21時の長時間にわたり、フェスティバルホールでの場当たり稽古。

作品は超一級。マエストロ道義の執念の感じられる舞台・演出・演奏。フェスティバルホールには只ならぬ気配が漂っております。明日のゲネプロを経て、いよいよ明後日は公演初日。益々楽しみになってきました。

さて、以下は大阪国際フェスティバル公式ブログより、わたくしへのインタビュー映像です。ご面倒様ですがクリックしてご覧ください。

映像は短いものですが、オリジナルは10分ほど語りました。

ベルク「ヴォツェック」同様、世の中にはどうして、こんな酷い目に遭わなければならない人々がいるのか? 一生遊んで暮らせる人々から、病院にも学校にも行けず、食べ物のあてすらない人々まで、神がいるなら、なぜこのような生まれながらの差別をするのか? なぜ黙したまま不幸な人間に救いの手を差し伸べることをしないのか? つまり、神の存在を問うている作品ということを。それはバーンスタインの内面の葛藤そのものではないか? と。

◆合唱指揮の福島章恭さんのメッセージ動画「合唱団の役割」 | 大阪国際フェスティバル公式ブログ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーンスタイン「ミサ」合唱... | トップ | バーンスタイン「ミサ」2日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む