考へる足(じゅん日記)

我踊る 故に我有り

川は皮海は身からの焼き魚

2016年11月20日 04時07分44秒 | Weblog

イオン逝ってボジョレ・ヌーヴォ買ってきました。¥1,300程の、べこべこのソフトボトルじゃない固いやつを奮発(我ながらケチと思います)。

前菜にサラダとチーズ、メインに鶏もも肉焼いて、豪華飲み放題!!って一人飲みだから寂しいもんです。

今年はちょっち甘み舌に残ったけど、まぁまぁの味じゃないっすか(・・? おととしは渋かったし去年は甘かったしで、ガメイ種ってのは作柄が安定しないんすかね?それとも値段で違うんすかね??

 

閑話休題

先日家庭内バーべQで、ちゃんちゃん焼きやったんですが、鮭が鉄板にくっついて、ボロボロになっちゃたんで、知り合いの寿司屋の大将に相談したのよ。

うん、庭に咲いた藤袴くれた、風流者の寿司屋の主人です。

「あのな銀シャリ、板前修業してるとき、川魚は皮から、海の魚は身から焼け、って教わるんよ。しっかしなぁ、鮭は海に居て川を遡るからなぁ、どっちからっていわれても、ま、自分で決めるしかないわな」

俺は今まで、鶏肉焼くのと同じに、皮に焼けめ付けて、それからひっくり返してたん。でも、皮が既に縮んでしまって、身が剥がれてバラバラになっちゃってたわけよ。

「肝心なのは、鉄板の温度低いうちに鮭乗っけて、焼き始めるってことだわ。ステーキと同じに温度高くして焼き始めると、身がくっついてバラバラになるぜよ」

ははぁ、鉄板の温度かぁ!

で、大将の助言に従って、おとといもう一回チャレンジした時、点火する前にオイルひいて、身のほうからじりじりと焼き始めて、それから皮側に引っくり返すと、うん、まぁまぁ、上手くいきましたがな。

皮はこんがりと焦げて香ばしく、身はホカホカ、ガッハッハ( ̄∇ ̄;)大成功!!

 

「すこしの事にも、先達はあらまほしきことなり。」(@ケンコー法師)

であります。チャンチャン!(≧∇≦)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月20日(日)「銀の花... | トップ | 直球ジョーク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事