考へる足 (じゅん日記)

我踊る 故に我有り

佐川急便的タンゴ

2016年10月19日 08時01分21秒 | Weblog

10月30日JBDF富山大会出場者が、発表されました。

銀シャリの出場するクラスの登録は

スタンB級(タンゴ)77組、グランドシニア選手権(タンゴ・スロー)47組です。

うん、タンゴが勝負種目です。

 

あと10日ほど残っとるけど、ウーン…((+_+))なんか気持ち、急かせられてる感じなんよね。

焦らず(喧嘩せず)練習に精出すことを心に誓います、です。

 

というわけでここ一月半、タンゴのレッスンに明け暮れています。

先日レッスンで、さんざん純先生に嫌味言われてたところに、座って見てらした奥様の清美先生が、

「銀シャリさん、肩が佐川急便になってますことよ、お気をつけ遊ばせ、ね」

ありゃりゃ、又股かいな!(つд⊂)エーン

 

ご存知!佐川急便の、トラックのボディに描いてある、ちょんまげに棒で状箱担いだ、飛脚ですがな。

赤ふんどしに触れると、幸運が訪れるという都市伝説で、女子高生に人気だった、あの飛脚ですがな。

今はもう懐かしい右肩上がりの佐川急便のトレードマークですがな。

 

銀シャリの右肩は、筋金入りです。

こうやってブログ書いてる時でも、つい右肩が上がってしまいますもん。

昔から随分と注意受けました。

 

亡き浦田先生には、「ほんと頑固なひと瘤ラクダ😢ねー」と笑われ、

糸先生にには、「強烈右肩アタック!!」とホメられ、(誉められたわけでないのは、分かってる)

今また、又股、清美先生には、「佐川急便ですわよ」と・・・("^ω^)

 

考えてみたら、手酷く俺の右肩を罵るのは、女の先生ばっかりだなぁ。

パートナーにとって、リーダーの右肩はスゴイ邪魔で、上がると、ホント嫌なんだろうなぁ。

右肩に力入ると、当然右ホールド固まってる、ってことだからなぁ。

 

今はまだ俺の右肩に優しいパートナーが、険しい顔して文句言わないように、気を付けなきゃな、と固く決心してる銀シャリであります。

 

それにしても、佐川急便とはね、的確に言ったもんだね、あの絵見ると、肩に力入りまくりだもんね。

 

これからのシーズンオフに、クイックステップ習うつもりなんですが("^ω^)・・・

これまた、昔から嗤われている癖が、俺にはあるんですよ。

「なんだ銀シャリ、お前のクイックって、まるでお猿の駕籠屋じゃんかよ!」

♬ えーっさ、えーっさ、えさほいさっさ、お猿の駕籠屋だ、ホイさっさ…

(たのむよー それ言わないでくれよー、恥ずかしいよー (つд⊂)エーン)

 

飛脚に駕籠屋(@_@;)って、( ̄∇ ̄;)ハハハ、俺って江戸時代ダンサーかい?

  駕籠かきと飛脚ダンサーの仇なり  銀シャリ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼き鳥「山ちゃん」主人亡くなる | トップ | 五輪ボート競技、韓国開催に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む