考へる足(じゅん日記)

我踊る 故に我有り

清沢先生プロフィル

2016年11月12日 09時28分59秒 | Weblog

今回、「銀の花」発表会出演していただく、清沢文午先生について紹介いたします。

1980年砺波市生まれの36歳、身長173cm血液型A型、痩身細面の美形(昔はイケメンのことをそーいったのよ)です。

東京では、峰岸ダンスカンパニーに所属していらっしゃいました。

師匠の峰岸・三輪組は、統一ラテンチャンピオン・8年連続10ダンスチャンピオンで、スタン本池淳・武藤法子組、ラテン清水基允・丸市美幸組の両統一ファイナリストをを育てられた、名伯楽です。

(ダンサーは馬じゃないけど、ま、似たようなものだし)

その薫陶を受けた清沢文午・綾組は、今年東部総局から故郷富山に帰って中部に移籍、破竹の快進撃でたちまちA級昇進を決められました。

その後奥さんが産休に入られたので(今月出産予定とか🎊)、現在は競技会を休場中です。

高田マスターのアドバイスで、その空いた時間を利用して、「銀の花」にて団体レッスンを主宰していらっしゃいます。

 

参考までに時間と料金を掲げておきます。

木曜日 7:00~7:50 ラテン ¥1,000

    8:00~8:50 スタン ¥1,000

    ホール利用料 ¥500

先生の体を張った指導が、大好評です。

JBDF東部プロ選手のダンスっちゅ-のはどんなもんなん?とお思いの方、実際その技術にに触れてみたいと希望される競技選手、一度参加されてはいかがでしょうか。(見学無料)  

( ̄∇ ̄;)御着物お見立て販売の広告みたいやな。ゲストに京本政樹か近藤正臣出てきそうやがな。

清沢文午&綾

JBDFスタンダードB級・ラテンアメリカンC級
財団法人日本ボールルームダンス連盟 スタンダード 商業2級・ラテン 商業3級
 
プロフィール
1998年 学生競技ダンスにてパートナーシップを組む
2002年 学生チャンピオンを経てターンプロ
スーパージャパンカップ ライジングスター スタンダード 優勝
ノービスラテン 優勝
2003年 D級ラテン 6位
2004年 NATD杯 スタンダード 準優勝
スーパージャパンカップ ライジングスター ラテン 5位
C級スタンダード 5位
2005年 北関東選手権 スタンダード 5位
2006年 北関東選手権 スタンダード 6位
2007年 日本海選手権 スタンダード 5位
受賞 東京ボールルームダンスアカデミー 新人賞 大賞受賞
同上 敢闘賞 ノミネート

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多様性の芽をつぶす人々 | トップ | 夫婦喧嘩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事