考へる足(じゅん日記)

我踊る 故に我有り

ダンス始めて19年経とうとしてます

2017年07月31日 06時44分16秒 | Weblog

愛知、岐阜両県の鉄道駅に掲示中の自殺防止ポスターが波紋を広げている。鉄道利用者への影響を指摘する文言を盛り込んだところ、有識者らが自殺者の遺族を傷つけると指摘。抑止効果についても疑問が寄せられた。苦情を受け、一部に撤去の動きも出ている。

 

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪じゅんです。

 

「鉄道での自殺は、大切な命が失われるだけでなく、鉄道を利用する多くのひとの安全や暮らしに関わってきます。もし悩んでいるひとを見かけたら、勇気を持って声かけを」

 

の文言が入ってますが(´ε`;)ウーン…

  

鉄道を運営する方たち自殺事故の後始末、さぞかし大変だとは思います。

特に運転士は、ショックで二度と運転できなくなる人もいる、と聞きます。

 

昔、伊豆大島の三原山や、福井の東尋坊では、実際に声をかけて何人も助けた見張り番がいたんですよね。

 

     「自殺名所」の画像検索結果

           自殺の名所だった東尋坊。ポケモンGO!のおかげで激減😃

 

でも、他人の迷惑になるから止めろ、といういい方もなぁ・・

自殺者の動機の中に、俺をここまで追い込んだ世間に、復習してやる!っちゅー気持ち、あるような気がします。

 

  「自殺統計」の画像検索結果

 

平成10年(1998年)に自殺者数は、突然32,863人に跳ね上がりました。

 

じゅんの周りでも、何人かの知人が自殺しました。

時代の変化についていけなくて、それで自殺を選んだ、というケースが目立ちました。

 

じゅんは、その年に急に思い立って、ダンスを始めたんですよ。

何とかして、死の誘惑から逃れようと、足掻いたのでしょうかね("^ω^)・・・

 

平成28年に自殺は、やっと21,764人まで減少しました。

世の中、悪いなりに、一応落ち着いたのでしょうか(・・?

 

 土曜日、ダンスホール「北陸」逝ったら、その年同時に八嶋先生の教室でダンス始めたカップルに出会い、

 

Oークボ氏「もうやわやわ、20年になるがいね、あっという間やったねぇ」

じゅん爺 「オレ、’98年の9月1日に、初めて八嶋先生のスタジオ逝ったがやぜ―」

 

Oークボ氏「二人して、よーけケンカしたけど、何度かもうだめかと覚悟もしたけど、カップル続けられたわ」

パートナー「どこか心の中で、相手を必要としてる、という気持ちがあったんでしょうね」

 

微笑みながらそう話す二人の姿に、清々しいものを感じましたわ!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

ホント、あっという間の19年間でした。よくぞ生き残ったなぁ、と思います。

 

「7人の侍」の最後に勘兵衛(志村喬)が「・・・また、生き残ったな」と呟くシーン思い出したがな。

 

       「7人の侍また生き残った」の画像検索結果

         

チャオ(^.^)/~~~またね~( ´Д`)ノ~バイバイお気軽にコメント、お願いします<m(__)m>

 

            

ブログランキングに参加しています(社交ダンス部門)ポチしてねー(-ω-)/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花火の季節 | トップ | 富山新港花火大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事