考へる足 (じゅん日記)

我踊る 故に我有り

またまた満員御礼!!

2016年10月17日 06時02分04秒 | Weblog

晴天続きの3日目、銀シャリの体の節々の痛みも薄らぎ、いそいそとパーティに出かけました。

年寄りってのは、ほんと雨降ると、節々痛いのよ。

 

  年寄りの社交ダンスは冷や汗冷や水、骨の軋みが子守歌

 

をうたい文句とする銀シャリでも、晴天にダンスできることは、この上ない喜びですがな。

 

「恒例「銀の花」パーティにご来場頂き、ありがとうございます。おかげさまで100名を大幅に超えるお客様においでいただきました」

高田マスターにしては珍しく、感謝の気持ち露わに喜んでおりました。

 

「いやー、銀シャリよ、他で競合のエベント無かったのも、幸いしたのかねぇ( ̄∇ ̄;)ハハハ」

「そーっすね。氷見の1000人舞踏会は夜ですしね。ここから流れる人もいるんじゃないっすか?」

 

日頃「銀の花」で顔を見ること少ない人達もちらほら、

女性の一人客も割と多く、即席で意気投合のカップルもいて、まことに結構なパーティでありました。

顔見知りの、リーダーが82歳の、競技ダンスカップルの姿も見えて、ご挨拶。

ヤアヤアお久しぶり!!富山大会頑張りましょう。

 

5時を回って、一足先に失礼して家路をたどるころには、薄闇の空は雲に覆われてました。

十六夜の月も雲に隠れてましたがな。

夜半には雨音が聞こえ、晴天の週末も、終了!とあいなりました。

 

  雨降りお月さん 雲の蔭
  お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
  一人でからかさ さしてゆく
  からかさないときゃ 誰とゆく
  シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
  お馬にゆられて ぬれてゆく       (野口雨情)

 

😺 楽しかったなぁ 😃

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日の十五夜 | トップ | 焼き鳥「山ちゃん」主人亡くなる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む