中国の課題とアジア、東京ヨコ読み~文化・交流・観光の 日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表 秋澤文芳      

北京第二外国語学院大学観光学部で学び、工学院大学孔子学院旅講座や 日中友好協会(東京)・観光文化ツーリズム㈱代表秋澤文芳

巨大な武漢市~人口1100万人の街ある記 と今回は思わぬ触れ合いも・・・

2016年09月18日 06時43分46秒 | 観光そして旅行の問題点は

 「武昌」地区へ

↓ 2階建てバスで一直線 武漢駅~武昌駅・・それにしても・・・

  

             外付け空調機器と 格子戸囲いが・・

(ネットにつなぎながらの急ぎの記事書きは ついつい変換ミスと

 脱字等が多々あり・・・ と思いながらパソコンに向かった)

 

それにしても、だだっ広い巨大な街だと感じる、ここ武漢市の

人口も1千万人を超えた。

しかし、よくよく考えてみると複雑な街だ。 「武漢」駅、「武昌駅」

そして「漢口火車」駅と、巨大な3駅を中心に、鉄道の駅があり、更に

地下鉄が今は走っている。

 

長沙から長距離の高速バスで途中、風光明媚な岳陽に降り立った後、

再び郊外の(端の方にある)高鐵新幹線で武漢市の武漢駅へ。

この、岳陽の駅を探すのも大変だ。 大変というのは・・路線バスで

どういったらよいのかわからない。 途中で、売店で5元の地図を買い

確認した~・・・ 勿論、スマホでも出羽表示されるが何しろ小さすぎる。

 

あれこれ30分近くウロウロ・・しながらバス乗り場を探し、新幹線の

発着する岳陽東駅にたどり着いた。

 

しかし、この岳陽は、名前のとおりリゾート地区でもあるので、街全体

が明るく感じる。 長沙や南京などと違って街も新しく陽光を受け、

まぶしすぎるほどの明るさを感じた。

 

この新幹線で、 武漢市の武漢駅にたどり着いた。いかにも町はずれだ。

ここからは地下鉄で・・とも思ったが、市の中心部 武昌駅方面へ

行くことに決めた。 武昌と言えば10年前の苦々しい思いもあった。

 

10年前のこの駅を降り立った時は、降り口からは将に茅葺きの

ような駅舎にも見え、 かなりの巨大都市の割には田舎の風情を

感じた駅でもあった。 

 

この駅から、更に東へ間の45分の路線バスの旅であった。 

2元、安いような不便なような路線バス。

 

2階の一番前の席に運よく座れた。、 しかし、後ろをみてみると

ご覧のように、乗客は誰もいない。 

そうか、この2階建てバスも、観光気分で乗るよな乗なう客は私くらいか

と思っていると、 通路を隔てた、やはり一番前の席に一人の婦人が

乗り込んできた。

 

バスは西に向かって進むが日差しがかなり強い。 顔を手で覆っても

まだまだまぶしい。 隣のご婦人は日傘を出して、バスの前のガラスの

所に、日傘を広げ対抗光線を遮った。9月、中秋の季節も過ぎたが、

日差しだけをみると夏の様相だ。

 

しばらくすると、隣のご婦人が「どうぞ、この日傘を使ってもいいですよ」

と語りかけた。 こちらも、一瞬、この日傘の 陰にでも入ろうかと思った

が、 なにしろスマホと、デジカメの写真とりがあったので、丁重に断った。

が、その会話を機会に、 バスからの眺め、所要時間、 通り過ぎるバス停

の名前や経路なども、彼女のスマホをみせながら説明もしてくれた。

 

この忙し過ぎる、重工業都市のような武漢の殺風景な景色を見ながらでは

あったが、なかにはこのようなご婦人も中国人の中にはいるのだなと、思い

ながらバスは終点へと進んでいく。

久しぶりの、地元市民との会話であった。(勿論、普段は押し競まんじゅう

のようななかで路線バスにのる庶民たちで、とてもそのような会話などを

悠長に話しているよな時間も余裕もないわけだが、 45分間の路線バスの

旅の中で、少しは、今回の旅の中でも疲れもとれたような気分になった)。

 

訪日する中国人が500万人へと膨らんだが、 彼らもまた、 何らかの

日本人との、ちょっとした、 心の触れあいでもできれば、彼らの旅の

思い出話になるのかなと感じたりもした。

ほんの2,3秒でも、 10秒でも、笑顔で挨拶でもするだけでよい。

そんな「おもてなしと心の会話」は、いつの時代でも、どこの人とでも

気軽に接することができればと、常々思う。

 

 

(続)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

  ◆中国で 環境と 地方の観光等と開発についてプロモーションをしています~~

 

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

        (次のような 講演・セミナー 発表や交流会、パネル討論会等にも・・)        

      ・国際観光学会での 中国事情、 中国旅行法律、 中国の観光と文化、歴史、旅

      ・工学院大学孔子学院での旅講座や 連携区座

      ・観光関係 観光運輸倶楽部、 学習会に(TYO)n

        ・国内和僑会、同郷会、文化交流会等に

      ・中国内旅行事情、商品計画発表・講演(TYO)

      ・中国内庶民生活、社会発展に関する講演(TYO、PEK)

      ・中国内 北京第二外国語学院:日中双方向旅交流(本科、 大学院等)

      ・中国内UNWTO桂林 日中インバウンドアウトバウンド交流

      ・中国国家観光局旅游大会・昆明

      ・日豪政府間観光交流(シドニー) 等々。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 

              日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546, 135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国街あるき~長距離バス、... | トップ | 中国の駅 巨大さ~から地下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL