中国の課題とアジア、東京ヨコ読み~文化・交流・観光の 日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表 秋澤文芳      

北京第二外国語学院大学観光学部で学び、工学院大学孔子学院旅講座や 日中友好協会(東京)・観光文化ツーリズム㈱代表秋澤文芳

湖南省大渓谷「ガラスの橋」 オープンそしてストップ騒動~現場での声、そして・・

2016年09月15日 16時08分14秒 | 今日の話題最新ニュース

大々的に報道されている、このガラスの橋の現場に行って見た。

 

少なくとも先週までは数多くの観光客が押し寄せて「大繁盛」で

あった。が、突然の「営業の停止」だった。

 

誰でも思うことの一つとして、 「安全性」の問題だ。

  ガラス・・と言えば、 壊れやすい、崩れやすいというイメージを

  持つ。たとえ、どんなに熱いガラスであっても鉄製のものと比較

  すれば遥かに壊れやすく、ヒビも入り割れやすいと感じる。

  また、例えどんなに強度実験をおこなっていても、1枚のガラスの

  どのあたりに圧力が加わり、どの程度の重さを加えたらすぐ割れる

  のか、などという実験は専門家の間で十二分に検証住みのはずだ。

  しかし、どんなものにも、どんなことにおいても「予測不能」の

  事は起きうるし、またその予測事態がいつどうなるのかもわから

  ない。

 

  観光客を秒単位で人数制限し、ガラスにかかる圧力を分散化させる

  のか・・等々の制御は、このような自由な観光地では計測すること

  は不可能だし、 まさかその場に、常時、専門家を配置するわけに

  もいかない。

 

以上のような課題と問題があって、今現在は一時的に閉鎖された・・

と考えるのが一般的だ。

 

しかし、まだまだ今回の、一時的な?「閉鎖」の背景には他にも

理由はありそうだ。

 

  実際に、現場に行って見ると、まだ工事中の箇所が多く、この橋の

現場では、前面整備前に開業してしまったことだ。

現場では、 駐車場をはじめ、周辺の観光客誘導経路や休憩所、屋内

での誘導手順管理等、まだまだ完全に整備されていない、ということ

もわかった。

よくある、完全に完成していないのに、オープンの営業日を早めて

しまったことだ。  これはこれでまた、大きな問題だ。

9月15日は中秋節だ。

普通であれば、この日からは、中国内でも「大旅游時代」のはじまり

といってもいいはずで、この日を契機にどっと観光客が押し寄せる

はずである。  そして、もし、今までどおり営業を続けていれば

話題性を求めて、どっと、大量の観光客が到来するはずであった。

 

いずれにしても、 未完成のこの、話題性ある「ガラスのつり橋」

、巨大なガラス橋の今後の成り行きに注目したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

  ◆中国で 環境と 地方の観光等と開発についてプロモーションをしています~~

 

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

        (これまでの 講演・セミナー 発表等)            

      ・国際観光学会での 中国事情、 中国旅行法律、 中国の観光と文化、歴史、旅

      ・工学院大学孔子学院での旅講座

      ・観光運輸クラJapan

        ・国内和僑会

 

      ・中国内 北京第二外国語学院:日中双方向旅交流(本科、 大学院等)

      ・中国内UNWTO桂林 日中インバウンドアウトバウンド交流

      ・中国国家観光局旅游大会・昆明

      ・日豪政府間観光交流(シドニー) 等々です。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 

              日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湖南省凄い!「ガラスの橋」... | トップ | 次次刻刻 中国湖南省 下眺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の話題最新ニュース」カテゴリの最新記事