中国の課題とアジア、東京ヨコ読み~文化・交流・観光の 日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表 秋澤文芳      

北京第二外国語学院大学観光学部で学び、工学院大学孔子学院旅講座や 日中友好協会(東京)・観光文化ツーリズム㈱代表秋澤文芳

今、地方が大事!「まち・ひと・しごと」とみえる化?地方創生

2014年09月30日 07時53分28秒 | 小さな地域振興策

 地方再生・創生・活性~へ みえる化 から できる化、できる課 へ

誰もが感じている地方再生の必要性です。が、ここ50年以上、ほとんどの

地区で地方は縮小しています。

いま、さまざまな形でメディアではその再生計画、創生にあたり、将来の

プランを含め「みえる化」という言葉が重要視されています。

 「街・ヒト・シゴト」・・・これこそは最大の現政権の地方に関する課題です。

が、 住める、働ける、食べる、見える そして 生きるという5つの「る」

が本当に 実現できるのか・・。

 そのためには、これからは みえる化よりも、「できる化」、「すぐやる化」

 がより重要になってきます。そのためにも若者の参画が・・・。

    財政よりも すぐできる化!です。

■ My fbより:今、話題は地方創生・・・。ツーリズムJEXPO&旅博に

 見る 地方のあり方~
   9/25~28開催の旅・EXPOも無事終了。 規模も更に大きく、
  10年前から、主催者の一人として、4年前より「業者」としても
  このイベントに参加してきました。


 毎年 「みどころ」と量は確実に増えました。...


 今後は、来年からはアウトバウンドから「国内」へ一部シフトします。 

~~~~~~~~~~~~~~

 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

 


中国旅行ブログランキングへ

########
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本・東京 お江戸日本橋界隈小さな旅紹介(1)Photo

2014年02月12日 20時57分27秒 | 小さな地域振興策
◇日本紹介:・・良さを海外へ、訪日客も訪れる 「お江戸日本橋」界隈
 昨日11日 風花舞う寒い中 日本橋「水天宮」や人形町へ
 
 コンクリートジャングルの賑やかなビル群、繁華街よりも、本当はもっと
味わってほしい東京のなかの「お江戸」情緒!

昨日の休日、久しぶりに家族と共に自転車で日本橋・人形町・水天宮へ。

本来あるべき水天宮は既に移転のために更地になっていました。(やはり

事前に調べてから行かないと、本番の「案内」の時に慌ててしまいます)。

 今回は紹介はできないですが、この地の周辺には幾多の味わいのある

「お店」が軒を並べて構えています。そしてそれらのお店は特長ある飾り

つけ等に工夫を凝らしています。

 そんな味わいある、新鮮味のある、そして古風な佇まいはいつまでも、この

「お江戸」に残してほしいものです。

*今後、新しい「水天宮」が完成した暁には、どんな姿をみせてくるのか

 が楽しみです。

↓今、「水天宮」も改築のため仮設でのお宮参り
 (本宮からは無量バスで仮宮へ↓) その他数々の神社が↓点在・日本橋
(写真4枚)

 
写真
 
写真
 
写真
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

 


中国旅行 ブログランキングへ

 

写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活が厳しい!~依然として60%~2011!国民生活基礎調査?情報はもっと早く!

2013年07月05日 06時42分45秒 | 小さな地域振興策

~やっぱり60%の世帯が生活が苦しいと訴える!?~

厚労省の国民生活基礎調査におけるデータですが、 皆さんのなかには

やっぱり、と思われる方がほとんどかと思います。

 

一方で、「2年ぶり」の所得増加が発表もされました。 これもまた、当然!と

思われる方も多かったのではないでしょうか。

 

これは、2011年の世帯唖あたりの平均所得や生活意識調査に基づいた

データです。

 

が、皆さんも含め、おや??!! と思ったのではないでしょうか。

昨日7月4日に発表された調査ですが、データそのもはなんと「2011年」の

もの、ということに少しばかり違和感を覚えなかったですか?

 

一昨年2011年の世帯所得は伸びました~、そして、 この世帯調査そのもの

は昨年6月・7月実施のものを今、発表ですから、データとしてはあまりに古すぎ

る!ということです。

 

いま、日本中がこれだけ「安倍経済学~アベノミクス」と騒いでいる中、調査結果

が2011年時のデータを基礎としているのもあまり納得もいきません。

 

今や、情報の社会です。 わずか?1万世帯以下を対象にしての(所得、生活意識

調査)ですから、私たちが望むことは、もう少し最近の~側近の、本当に今、国民が

どう感じているのかを知りたいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地方の小さな街 再発見・・有名になりすぎた佐野・・!再訪

2013年05月06日 08時02分25秒 | 小さな地域振興策

 メディアの影響は 様々な大きな効果をもたらします。

首都圏から同じ電車に乗って、この街を訪れる乗客たちの話を聞いていると

・・・あの「鶴米の・・、あの時の店や場所が・・次の駅だと すぐそこに・・」

という話し声が聞こえてきます。

幼少時を過ごしたこの街を再び訪れました。 訪れて、感じたことは

地方を見直そう! 地方の街:散策・・・・。 
 北関東・下野の 佐野市を訪れています~2日目となりました。
 イモフライ、ラーメン・・・アウトレット・歴史・農産物・道の駅等などがあります。
    ゴルフ場も沢山・・・(今回、子息と ゴルフも・・・)
 しかし、今や寂れた街中の静かすぎるシャッター街の中には、沢山の昔ながら
 の店が沢山あります。
   
    これからは、そんな店にもスポットをあててやることも、これからの地方の
    各地の商店街の繁栄にもつながります。
 
 
-- image --
  
  ↓ 名物・・・          お城の街・彦根市とは姉妹都市でした。↓
 
写真
 
写真
 
( ↓ 姉妹都市・・でした・・・)
写真 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

中国旅行 ブログランキングへ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ~~ これからは地方の街にも訪日客を!!~~

観光庁/日本旅行業協会/全国旅行業協会/中国政府観光局 後援
『訪日観光客招致大作戦~おもてなしの秘訣~』(第1回5/23、第2回5/30)

【第1回】5月23日(木曜日)14:00-17:00
第一部:中国・アジア等からの訪日客を増やせ!
工学院大学孔子学院学院長 西園寺一晃/観光文化ツーリズム㈱代表取締役 秋澤文芳
第二部:旅館・ホテルのおもてなし
東京:上野・谷中 「澤の屋旅館」館主:澤 功 

【第2回】5月30日(木曜日)14:00~17:00
第一部:【特別講演】中国・アジア等からの訪日客を増やせ!
工学院大学孔子学院学院長 西園寺一晃/観光文化ツーリズム㈱代表取締役 秋澤文芳
第二部:旅館・ホテルのおもてなし
群馬県:草津温泉 「ホテル 一井」女将:市川 薫

実施日

第1回 5月23日 木曜日 14:00~17:00
第2回 5月30日 木曜日 14:00~17:00

場 所

工学院大学新宿キャンパス中層棟4階

受講料

一般2,000円/回 学生500円/回 孔子学院友の会会員1,800円/回

   

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京発 それぞれの下町の態様 ;下町に訪日客を!

2013年03月31日 19時16分43秒 | 小さな地域振興策

 

東京 下町の態様 下町に訪日の太陽を~  

                再 文京区小さな通りに訪日客を!

               (from my blog,amebaより)

 
かつての 環三通りでもある 茗荷谷より水道橋方面に春日通をあるくと
この、旧環三通りにたどり着きます。
 
将にここは、写真のとおり桜の名所でもあり、今は「播磨坂」として称されて
います。
 
 日本再発見 小さな街の 小さな通り、まさにこの場所こそが下町の情緒
 溢れる地域、地区です。
    ↓昨日3月30日 文京まつりに参加
     旧環三通り・播磨坂での 桜の並木は凄い!

$訪日客を倍増!~中国・アジア双方向観光   観光文化ツーリズム    秋澤文芳コラム
 
 ↑ 徳川家 家康の生母の墓も祀られている伝通院も近くに・・・。
↓こちら 播磨坂
$訪日客を倍増!~中国・アジア双方向観光   観光文化ツーリズム    秋澤文芳コラム
$訪日客を倍増!~中国・アジア双方向観光   観光文化ツーリズム    秋澤文芳コラム
 ↑ 小さな通りには 昔ながら米屋さんも!
 


昨日訪れた 都内の旧環三通り~文京区内~も日本の良さが集約された
落ち着いた街・通りです。

この通りは旧環三通りですが、道幅も広く、なによりも桜並木が立ち並び
今時の桜のシーズンであれば大変風情のあるところです。

将に下町情緒あふれる通りです。

そして、この通りから、春日通を1,2本裏通りに入り、小さな小道、
小さな通りを歩くと、昔懐かしい民家や、商店、そして何よりも、民家の
軒先に咲く花・樹木が殊更に美しく感じます。

このような日本本来の風景、景色と下町情緒を訪日外国人にオープンする
ことも、日本の良さを十二分にアピールできるところとなります。

勿論、そのためにはいくつかの販促、プロモーション等も必要ですが、
町ぐるみで、地区単位で、この文教地区ならではのアイデアを出し、地元の
大学などと共同で演出すると更に効果もありそうです。

神社仏閣、商店、樹木と花木、公園と大学・・・・等々、探せばいくらでも
ありそうな下町旅情です。

^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

中国旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(写真)東京文化村~渋谷昼下がり

2013年01月28日 19時25分09秒 | 小さな地域振興策







日曜日の渋谷~27日ホットサンデー
文化、若者、ファッション~すべてが シブヤらしい~

多くの若者が文化村通りや道玄坂を行き来し、最先端の
ファッションを身に着け歩き回る姿は、まさにシブヤでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村
中国旅行 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京編 (写真)小さな旅 懐かしい東武電車、ボンネットバス 今昔

2012年09月12日 09時34分42秒 | 小さな地域振興策







先週、今週と北関東の田舎を訪れ、久しぶりに利根川水域、渡良瀬流域の
景色を堪能しました。

東京~埼玉=群馬~栃木の順にローカル線に乗っての「小さな旅」でした。
関東一のダサイと言われる東武電車ですが、電車というよりは沿線での開
発の在り方と工夫・統一性等が問われるのではないかと思われるほどです。

緩やかな人口増とは言え、首都圏の西部地区と比べると沿線における、こ
れはという特徴が確かにありません。

  もしかしたら、開発よりも昔ながらの沿線での様々な復古調を強調し
  たほうがより自然でいいのかもしれません。

  距離的な面から考えても、交通の便の利便性から見ても、便利だと感
  じるのは埼玉県南部地区のみです。

  むしろ、その地区以北は昔ながらの景色や町を保存していた方がいい
  のかも、と思うほど不便極まります。

途中駅での電車待ちの間に掲げてあった昭和初期、大正時代のボンネット
バスが走っていたころの写真が掲示されていました。

今は珍しいそれらの乗物や、当時の「らしさ」を見てみたいという方も多
くいるかも知れません(但し、地元の人たちの反応はどうなのかもわかり
ませんが・・・・)。

いっそのこと、時代に逆戻りした沿線のらしさを売りにした方が良いのかも、
等とも思いました・・・。

今回、当時のそんな写真を見ただけでもよかったかな、とも思いました。

(しかし、今は・・・・)





にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへ
にほんブログ村

中国旅行 ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

環境 麻布十番のウラ 十一番?環境は・・

2012年09月11日 08時17分41秒 | 小さな地域振興策










 麻布十番に位置する洒落た通りこそ、まさに表の顔です。
 が、元もとは由緒ある歴史的な街で、閑静な街の周辺には社寺や大使館
 等もあり人気の地です。

 然し一方で、やや静かな裏?通りを歩くと盛んに開発に向けた整備地区
 もあります。
  当然のことながら、昔ながらの町の環境を守り、本来の町の古さを売
  りにした地区もあります。

 私自身、繁華街とは反対側の地区を歩気ながら感じることは、当然のこ
 とながら古くからの町並みをこのまま残してほしいと思いました。

  諸外国でもよく見られるような光景として、静かな農村地帯に突然と
  現れる巨大な橋や高速道路等の建設は、自然破壊の最たる例です。

 開発・発展と規制は常にセットで今後も考える必要があります。


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへ
にほんブログ村

中国旅行 ブログランキングへ


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早や今日から衣替、今週末も街を歩く 東京(Photo)

2012年09月01日 09時21分32秒 | 小さな地域振興策









~ 少し早い 衣替え 9月新学期 ~
9月となるのにまだまだ肌を刺すような日差しが照りつけています。

今月から また新学期ですが、1か月くらいはこちらに滞在予定です。
現地へはメール1本で連絡済みです(少し心配です・・)。

暫くは都内および田舎を行き来します。

それにしても都内の物価高たるものは・・・;交通費や食費もあっと
いう間に消えていきます。Suica,Pasmoも便利ですが残高がすぐなくな
ります。(たとえ、少し遠回りでも安いルートを選ぶようにしていま
す。)

都内、そして北京では、そんな庶民の目線で眺めるようにしています。
  そんな中、今日は都内ホテルにて大切な特別なイベントガありま
  す。土曜の午後、家族で出かけます。

暑い季節には 自然や緑は心も和みます。
当blogも今までのイメージから、少しばかり衣替えです。
(散策~下町)










にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村
中国旅行 ブログランキングへ






NHK「まいにち中国語」






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お江戸東京 猛暑の中 3地区高所エリア(フォト)

2012年08月31日 07時50分23秒 | 小さな地域振興策
~東京タワー、スカイツリー、新宿高層ビル 東京3景 ~











昼前後の時間帯は、大通りも、裏通りも、どこを歩いても木陰がありません。
何しろ肌を刺すような直射日光が真上から照らしています。

シゴトの関係で次々と場所を移動するにあたり、汗をかきかき猛暑の中を歩き
続けました。

新名所のスカイツリー周辺はともかく、浜松町や新宿周辺も、一歩裏通りを歩
いてみると、あらためて地元名店街にある古くからの商店や食べ物屋さんが軒
をならべて、お客さんも列をつくって並んでいるところもありました。

古くからの名店街も、今やどこも人の流れが、かつての状況とは大いに変わっ
てしまいましたが、新しい店づくり、メニュー内容・・・等々、ちょっと工夫
すると、かつての通りも、人の流れが少しづつ変わるようです。

伝統を守りながらも新しい発想でモノを考える事は、いつの時代も求められそ
うです。

東京も、まだまだ未発見の魅力ある地区、通りがまだまだありそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村


中国旅行 ブログランキングへ







NHK「まいにち中国語」











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴州省内各地 日本の地域観光のモデルに

2012年06月10日 06時44分07秒 | 小さな地域振興策
ーーー貴州省観光局長訪問で感じたと日本の山村観光ーーー

今回、観光局長と話をした中で感じたことですが、省内全体
の観光のためにはインフラの整備や受け入れ体制等の更なる
整備なりが必要なことも痛感しました。

が、貴州省内各地(の観光地)を訪問してみて、

 貴州省内にも歴史や文化のないところでも、それ以外の
 観光的な要素を前面に打ち出し、結果、少しづつ観光客
 増えていくという地区は日本各地にも数多くある、

と思いました。

 歴史もないところでも、山村のなかの、小さな川と住民
 達の日々の生活、自然そのもの、ちょっとした案内板、
 そして1キロ或いは2キロ程度歩けるような地域を設け
 ていただければ、それだけで村の、その地区の観光をア
 ピールできると思われます。

 川なども道端の小さな流れの小川でもOKです。その小
 川を中心に、住民、村民が水と共に生きる様相や、所ど
 ころにちょっとした工夫を凝らし

 水辺で野菜や穀物類の洗い場があるnの、等などの
 山間にもまだ、このような自然に触れる場面があれば、
 訪れる観光客もきっと感動すると思われます。

今回、貴州省内の東部地区、銅仁地区を訪れましたが、更
に、車で1時間の江口地区へ、更にまたバスで1時間乗り
、更に小型バスに乗り換え雲舎村まで行ってきました。

バスを降りて、1キロほど歩くと、まさに上記のような光
景を味わうことができます。

   途中、水田での田植え風景
   牛を利用して田畑を耕す場面、
   ブドウ畑やトウモロコシ畑等など
   ちょうど今から40年、50年前の日本の山村の
   様な光景を見ることができます。

自然そのものを、そのまま利用し、時には歩いたり立ち止
まったり佇んだり、写真を撮ったりする場面があると訪れ
る人たちのこころは自然と和みます。

貴州省の田舎はどこを見てもそんな光景が沢山あります。

唯、残念なことは、その自然の美しい山間の土地へ行くま
でに、大型の道路や橋の建設、その土砂崩れを防ぐための
山腹の補修工事があちこちで見れるようになっていますが、
あちこちでこのような工事が見られると、観光客は自然と
遠のいていきます。

その辺の自然との調和、周辺の開発の問題はどこでも起こ
り得ることです。

地元産業の発展を願うと共に、自然の美しさを求めてやっ
て来る観光客の心を如何に掴むが、これからの中国、日本
での郷村、山村農村の課題でもありそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村


中国旅行 ブログランキングへ




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウラ町通りの活性化錯・振興策@路地裏

2012年04月22日 15時52分52秒 | 小さな地域振興策
明日からの海外旅たちに向けて、日本的な小物や土産を
探しに街へ出ました。

今回は、近くの大手のスーパーでの買い物は取りやめ、
俗に言われる町の雑貨屋さん、小間物屋さん、そして
酒屋さんなどへと足を運びました。

店の名前を教えてもらいながら、近くのタワーマンシ
ョン街とは正反対の、まさに路地裏の小道・胡同とい
った趣です。

通りは碁盤の目のように、整然と区画割されていまし
たが。小さなこの通りには、周辺も含め小さな店が
いくつか並んでいました。

が、目当ての店がなかなか見当たりません。電話番号
も、そういえば店の名前もはっきりと覚えていないよ
うなミセであったため、いざ、自転車で出かけてみる
と、確かに探し当てるのも大変です。

  しかし、あらためてこの地区をながめてみると、
  特に特徴もあるわけでなく、ただ古い民家が軒
  を並べて建っていて静かな住宅街のようでもあ
  り、ちょっとした歴史街道のような趣もありま
  す。

このような地区は、都内のどこにでもありますが、先
に述べたとおり都内の、日本の番地は欧米と比較して
も全くわかりにくく、目当ての番地を探すのに苦労を
した覚えは度々あります。(実は、昨日も目的地の校
舎を間違えて、大汗かいて引返したりもしました)。

 前書きが長くなりましたが、やはり日本の番地は
 すべて通りの名前をつけて番地表示にすべきです。
 どんな小さな小道でも欧米では通りの名前と番地
 があれば、即探しあてることがことができます。
 中国でも同様で、三輪車がやっと入るような九十
 九折のような胡同、巷でも迷うことなく目的地は
 探せます。

また、年々廃れ行く日本の裏通りでも、通りに名前
つけて(たとえつけなくても)、一区画3百㍍単位で
、統一して通りを美しく、しかも統一した表現にて
通りを、商店街を、一区画を着飾れば、マチは蘇り
ます。
   それには、ボランティアや世話役等のかたの 
   協力と各家庭での理解も必要ですが、何も、
   お金をかけることなく町づくり、人づくり等
   と並行して行うと、旧い町・区画は一変しま
   す。但し半年後位には再度、練り直しも必要
   かと思います。
青葉の美しいい風景が見られる都区内のあちこちで
すが、小さな街、ちいさな道の、先ずは身近なとこ
ろから再生、済生してみたいものですね。
何もしないと、近くの街も、通りも昔ながらの姿で
終わってしまいます。
http://blog.with2.net/in.php?1355508
人気ブログランキングへ
(バナー)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
(yahooビジネス)ご案内



(格安バス アミーゴ)
格安夜行バスならアミー号


(航空券ならHIS)





=いつかは泊まりたい 「恒久」旅館
高級ホテル・旅館を予約 「旅上撰」

=朝日も動く!=



高空けん!
全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

==使って重宝 便利簡単早い TSUTAYA==




コメント
この記事をはてなブックマークに追加