中国の課題とアジア、東京ヨコ読み~文化・交流・観光の 日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表 秋澤文芳      

北京第二外国語学院大学観光学部で学び、工学院大学孔子学院旅講座や 日中友好協会(東京)・観光文化ツーリズム㈱代表秋澤文芳

激変の中国~今だから地方へ・・路線バス地図を両手に?・・・・

2016年01月10日 07時08分04秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル

今日から3連休~

日本でも、そして海外においても連休~というのは心

休まるものです。

 

各省省都から、ぶらり路線バスの旅~・・・そんな気分

を味わいたいという方も多くいるのではないでしょうか。

 

とは言え、地方の都市において、路線バスを乗り換えて

次々と、次の目的地へとバスを利用して赴くことは大変

です。

 

しかし、地図を両手に?、そして事前にネット等で調べて

おくと更にスムーズに前へ進むことができます。

 

安い!目新しさ、新鮮さ、そして偶然の出逢い…等々

を十二分に体験できます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■次々点点~ 地図を両手に?近場からはじめよう:

  中国路線バスローカル旅


今日から3連休~ 今、「ぶらり」「「ローカル」等

の路線バスの旅番組が
(日本でも)人気です。今だから自然豊かな、田舎を

満喫できる中国の旅を
 体験してみよう~今を逃すと、あと5年後、10年後

  には状況も一変してしまうかも知れません~

 激変の中国・・・。

 
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激変の中国~今だから地方へ・・路線バス地図を両手に?・・・・

2016年01月10日 07時08分04秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル

今日から3連休~

日本でも、そして海外においても

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■次々点点~ 地図を両手に?近場からはじめよう:

  中国路線バスローカル旅


今日から3連休~ 今、「ぶらり」「「ローカル」等

の路線バスの旅番組が
(日本でも)人気です。今だから自然豊かな、田舎を

満喫できる中国の旅を
 体験してみよう~今を逃すと、あと5年後、10年後

  には状況も一変してしまうかも知れません~

 激変の中国・・・。

 
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(続)中国 路線バス探し、バス停探しのローカル観光地への旅が人気です~

2016年01月04日 08時08分33秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル

地方の中核都市で電車を降りて~~~

 そこから始まるバスターミナルへの

 路線バス発着バス停探し。

 更に続くのは どのターミナルから 何時に出発するのか・・

 

ネットにも詳しく載っていない ・・・そんなローカルへの

旅が人気です。

 

中国の地方政府としても 地方の村や町、鎮への来訪は村の施設や

拝観施設へ訪れていただくことは村の貴重な財源になりますので

村も、地方政府も大歓迎です。(それにしても 高すぎる!拝観料)

 

 

■続(2)中國での中距離・路線バスローカル 乗り継ぎの旅に参加しよう!


 日本国内と同様に、大都会での路地裏めぐりと同様に中國内地方都市・村
 を旅する路線バスを探しながらの「旅」が学生にも人気です。

一つの省内~といっても日本の広さもあるなかで、一つの村を探すことは
大変なことです。

先ずは市内に複数あるバスターミナル探しからスタート!...


(↓各地の路線バス、中距離バス そして目的地までの様々な出会いが・・)
   地図とメモさえあれば・・・ バス巡りは 十分可能です・・・。

 
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中国東北三省・(√3)ハルピンでの列車・高速バス切符購入(8)

2013年07月26日 12時32分27秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル
黒竜江省からはるか東のウスリュー川近くの 街津口地区より 次は 
北部の大慶へ
 
 
工業は大慶に学べという教えがありますが、 実際にその様子を見に
大慶にいくわけですが、 再び、一旦、ハルピンへ戻り、次は高速バスにて
行くことにしました。
 
 それにしても、黒竜江省も 東から西へ、そして北へ行くにも大変な広さ
 があるため、移動もそのものも大変です。
 
 
今回、列車の切符はすべて売切れという状態だったため、駅前の、バス
ターミナルへ行って、切符購入の為、」列に並びましたが、
 
    これまた、ひどいというより、 雑然とした中、大変長い行列が続き
    軽く1時間は並ぶ必要があります。

中は暑く、また、 どこまでいくらなのかの表示もないため、初心者では

ほとんどわかりにくいと思われます(実際は、電光掲示板に表示はされ

ていますが・・・・)。

とにかく、気の遠くなるような混雑さであり、なぜまた、こんなに不便なの

かと改めて感じさせられました。

 

  ⇒ 繁忙期に備え、

   1 より電子化を進め、自動販売機の設置、

   2 事前購入制の導入

   3 当日の係員の配置による交通整理   等などが求められます。

というわけで、 大慶までの切符をやっと購入し、 いざ、2階(切符販売

箇所)から、乗り場の1階へ行くと、  なんと!

1階の片隅に、私の行く目的地である「大慶」行きの販売窓口があり、

ここでも購入できることになっていました。それも並んでいる人は数人

のみという状況でした。やはり、あちこちアンテナを張っておかないと

いけませんね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ↓順番待ち 高速バス切符購入  

写真
 
写真←ターミナル前も人垣が
 
いや、それにしてもハルピンは広い、多い・・・。
  ↓
写真
---------------------------------------------------
<form id="u_0_4s" class="live_357414921055019_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-live="{&quot;seq&quot;:0}">

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

中国旅行 ブログランキングへ

 

</form>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国発 北京~南の広州 旅は快速?ゆっくり?

2012年12月16日 13時08分43秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル




広州~北京の間で「新幹線」が繋がりました~。
各メディアとも大々的にとりあげています。(いや、政府の方が
熱心に宣伝しています)。

それにしても全長2300キロを8時間で広州まで行けるとは大変
なスピードです。(時速約300キロ)

しかし、昔ながらに30時間かけてのんびりと南方の地域を旅する
ことの方が楽しそうです。寝台でも7千円弱、座席指定なら3千円
余です。

  スピードと時間短縮だけが列車の旅ではありません。


(参考 東京~鹿児島 約1500キロ 7時間弱 約29000円)

(中国内メディア:)
京广高铁是我国《中长期铁路网规划》中“四纵四横”高速铁路的重要“一纵”,北起北京,经石家庄、郑州、武汉、长沙,南至广州,全长2298公里,全线设计速度350公里/小时,初期运营速度300公里/小时。北京至郑州段是京广高铁的重要组成部分,运营里程693公里,沿途设北京西、涿州东、高碑店东、保定东、定州东、正定机场、石家庄、高邑西、邢台东、邯郸东、安阳东、鹤壁东、新乡东、郑州东14个车站。本月26日这一段开通运营后,将与此前开通的两段联通,算上郑武高铁以及武广高铁,京广高铁全程共35站。届时,北京至广州最快不到8小时即可到达。


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村
中国旅行 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国 庶民目線 高速鉄道「超鈍足新幹線」で孔子の故郷へ 停車駅30分以上待ち

2012年10月19日 00時40分17秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル




それにしても、私としたことが、とんでもない高速鉄道に乗ってしまいました。

1年ぶりの上海でもあり、まだまだ郊外の農村や緑色旅行ともいうべき地区が
沢山ありましたが、今回は一刻も早く孔子のふるさとでもある「曲阜」~きょく
ふ~へと旅をするにあたり、新幹線の始発駅の一つでもある上海虹橋駅へと向か
いました。

当日、朝、事前の予約もなく、朝7時台の列車に乗ろうとしましたが生憎、希望
する列車は満席、そして次の列車も指定席はなし・・・。

已む無く、更にその次の、駅員から提示された8時22分発の「高速鉄道」、い
わば中国版の新幹線に乗り込みました。いつもであれば、事前に列車のダイヤ等
をいくつか調べてから乗り込む予定でしたが、この日は想定外の列車でもあった
ため、到着時刻や経路等については不明のまま乗り込みました。

  従来の鉄道とは別に、いわば新幹線専用の鉄道を一昨年の上海万博の開幕に合
  わせて建設した新線ですが、この高速鉄道にはG型(高鉄)と、D型(動車)の
  2種類の列車=新幹線が現在は走っています。
     G型はのぞみ、D型はこだまのようなタイプです。
     通常、上海~北京1400キロ余をG型で5時間程度で走ります。
     日本で言えば、東京~鹿児島間約1400キロの距離と同じ長さです。

今回乗り込んだD型の新幹線は、上海から南京までは、他のG型列車とほぼ同じよ
うな時間で走っていましたが、問題はその次の駅から、なんと一つの駅に停車する
待ち時間がとんでもなく長く、10分、20分、更には駅によって30分以上も停車する
、とても新幹線とは思えない高速鉄道に乗ってしまったわけです。

つまり、新幹線とはとっても言い難い鈍足の高速鉄道で、料金だけは従来の在来線
に比較してもとんでもなく高い、ある意味では一般の消費者を欺くような鉄道省の
都合で走っている~走らされている新幹線です。

  乗り合わせた乗客たちも、呆れ果てて、発車する気配のない駅のホームでは30分
  もタバコをふかしながら、だまされた、こんな列車は高速鉄道ではない、などと
  車掌たちに不満をぶつけていました。

  前の2本の列車も満席であり、当然、私たちが乗車した当列車も超満員でしたが、
  、このD型動車と言われる新幹線には更に次のような問題もあります。

    もともとこの列車は、かつては夜行寝台、それもノンストップで上海と北京
    を走っていた寝台であり、今回も座席そのものが寝台車となっている点です。
    (実は、私自身も3年前の冬の時期、北京への留学のために、上海からこの寝
    台車に乗り込み、北京までグリ^-ン寝台を利用しましたが、なんと当時も10時
    間でノンストップで夜中を突っ走る夢の超特急でした)。

    今や、昼の時間帯に走らせていることもあり、座席そのものが寝台車仕込み
    となっており、さらに、通常は寝台利用のために、1車両定員40名のところを
    定員オーバーの60人を座らせています。

    当然、居心地は悪く、とても快適な列車の旅とは程遠い感じです。こんな車
    両で定員をはるかに超え、16両編成で走らせる、それもほぼ満員で動かす当
    局の無計画さ、消費者無視も甚だしいといいたいところです。

    更には、南京を過ぎてからの各停車駅での待ち時間といったら、これまた世
    界の笑いもの?と揶揄されます。

このように、高い値段を払ってまで乗った新幹線・・・、当局の都合のいいように編
成されたダイヤも早めの見直しが求められます。

もともとの寝台車の座席番号の上に、急造のシールを張り替えて、4人席を6人にして
詰め込んで、待ち時間も長く、且つ、運賃も高いとは、まさに「高鉄」そのものです。

    しかし、従来の、在来線では走る電車も極端に少なくなり、乗客のほとんど
    が、新幹線に流れ、ともかく高い値段を払ってでも、少しでも早く目的地に
    着きたいというのは何処の国でも同じようです。

上海から、江蘇省、安徽省、山東省、河北省の各停車駅を過ぎて北京までたどりつく
この列車も、通常の新幹線の所要時間5時間をはるかに超えて9時間余もかかり終点と
なります。 が、この沿線での新幹線の利用者は我も我もと高速鉄道に乗り込みます
。が、 考えてみれば、途中通り過ぎる4つの省と上海、北京の2直轄市の人口を合わ
せると、なんと3億5千人ほどが沿線に住みついていますので、新幹線利用者は増える
ばかりです。

それにしても、列車によっては300キロを超えるスピードで走りぬく新幹線も、安全
基準のことを考えると、思わずぞっとします。途中の停車駅をロケットのような轟音
を立てて走る様は、駅舎全体を揺るがすようで、田園地帯を走り抜ける様子や、途中
の陸橋等を通りすぎる時の土台の部分の揺れ等を考えると、いつまた?とも思いたく
なります。

目的地の孔子の故郷の駅、曲阜東駅には、当初想定していた時間をはるかに過ぎて
無事、到着しました。~上海からは 12番目の駅です~~

そして、また、その次からが、またまた感動の曲阜ローカルの旅となりました。



にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへにほんブログ村
中国旅行 ブログランキングへ


    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに 3代(台)目 「愛車」を買いました!」北京で

2012年05月22日 22時49分55秒 | 中国 各地の駅、バスターミナル

(しばらく バラの花で)


(3代目・3台目 愛車です「手前」の 自転車!)

 とうとう、迷った挙句に、これで3台目ともなる、必需品の自転車を
 買いました。

 先月、久しぶりに北京へ戻り、悪い予感はしていましたが、同じ団地
 内の、きちんとした自転車置き場に留めておいた自転車が盗まれて、
 これで3代目ともなる、必需品を買いました。

 団地内の管理委員会なるところへ届けてはおきましたが、自転車が
 戻るなどということはないようです。
 きちんと、チェーンで柵に括り付けておきましたが、金属を切って
 までして、何者かが運び出したようです。


 1代目は 一昨年、夏、 新品を150元程で購入。
   さすがに、ペダルはすぐとれ、チェーンもしょっちゅうはずれ、
   かなり苦戦をしていました。
 2代目は、ご覧のとおり 質屋にて340元で中古品を・・・。
   結構気に入っていましたが。。。残念。。。
 そして、今回、3台目となるものは、同じ店で120元でした。
   どれも、安いといえば安いし、庶民の目からすれば、そこそこの
   モノといっていいでしょう。

 やはり、中国製は安いだけに、すぐ故障、壊れます。
 したがって、街のあちこちには修理屋さんが沢山あります。


----------------------------------------------------------------------
  モノは大切に
  いつまでも、使えるまで使う
  ナニゴトモ自衛手段を
  庶民一人一人が 早く豊かに
  文明・礼儀・教育も

 今回、感じたことは以上(異常ではりませんが)です。


-------------------------------------------------

 △□☆ ~現在、次のとおりメルマガでも同時掲載~~
併せて、ご覧ください

http://www.mag2.com/m/0001536933.html
 (登録・モチロン無料です)

http://archive.mag2.com/0001536933/index.html 
(メルマガ)

-------------------------------------------

~~日本 ブログ村 ~~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ エコツーリズムへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





テレビ「所さんの目がテン!」で紹介された速読法

NHK「まいにち中国語」

「ヒアリングマラソン」

スカイプを利用したオンライン英会話J&Eトーク




【ガクネット】インターネット学習塾









毎週豪華賞品が当る!
⇒懸賞サイト!


あなたの夢を見つけ、あなたの夢をカタチにする! 「ir大学」

副業するなら










<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=a8-affi-79653-22&o=9&p=6&l=ur1&category=books&f=ifr" width=120 height=150 scrolling="no" border="0" marginwidth="0" style="border:none;" frameborder="0"></iframe>
Amazonで本も買いたい!
旅行関連書籍、本
Amazonなら → 省エネ、格安、手軽、簡単
~~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加