お遍路 K 秋ちゃん・・・きのうの晩ごはん   おやじの田舎家庭料理・・・

素朴でシンプルな健康晩ごはんです。田舎のおやじが毎日作っています。Liveで一日遅れで届けています。

バルーンの立ち上がり・・・

2017年10月15日 | 会津ぶらり散策

きのうは朝一番にバルーンフェスタへ・・・

と言っても、喜多方署と防犯協会のビラ配り・・・

見物している余裕などない・・・

雨が降ってなかったので良かった・・・

去年も曇りがちだったが今年もパート晴れなかった・・・

ということで、スマホで撮ったバルーンの立ち上がり・・・

 

バルーンフェスタ 2017 ・・・

〇 リリース・・・

 

〇 「引っ張ってんのもくたびっちまー」

 

〇 「まっと引っ張って・・・」

「まっと」とは、こちらでは「もっと」・・・

 

〇 ようやく立ち上がってきた・・・

 

〇 まだまだ引っ張っているとっつあま・・・

「とっつあま」・・・「おやじ」

 

〇 ようやく膨らんできた・・・

 

〇 離陸スタンバイ・・・

みんなで力を合わせないと飛ばない・・・

炊屋は高いところはダメ・・・

観覧車などはとんでもない。

まあ、今年も雨が降らないでよかった・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つかのまの盛夏、会津・・・

2017年08月18日 | 会津ぶらり散策

 

 

きのうは、つかのまの盛夏・・・会津盆地

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新緑のそば畑・・・極上の会津。

2017年06月15日 | 会津ぶらり散策

極上の会津 新緑のそば畑へ・・・

 

新緑、初夏のそば畑へ・・・

まだ初夏ではない梅雨にも入ってない・・・

久しぶりの晴天、まだ真っ白にはならないけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫若松城・・・

2017年04月26日 | 会津ぶらり散策

会津ぶらり散策・・・桜、

若松城

 

 

○ 米代から、西出丸南西櫓跡・・・

 

 

○ 左側が会津藩校、日新館・・・

官軍に使われるのを嫌い、火矢で燃やす・・・

昔はボートを浮かして遊んでいた・・・

左側の端に貸しボート屋さんがあった。

今は釣りもボートも・・・

 

 

○ 内讃岐門跡・・・

 

 

○ 天守を望む・・・

 

 

○ 五軒丁掘りから干飯櫓を望む・・・

 

 

月見櫓を望む・・・

ここは風流に月を見るのではなく・・・

街道を見張るためでもあった・・・

ここからお城づくりが始まった・・・

ここだけ土塁の上に石垣がある・・・

他は堀から直接・・・

 

 

○ ささやきケ丘公園・・・

ここは南の三の丸南門跡から入る・・・

花見弁当を食べて満足満足の小学生・・・

昔は、お遍路 k 秋ちゃんもここで一升瓶を立てていた・・・

 

 

○ ささやきケ丘から高石垣と廊下橋を見る・・・

当時は屋根がかかっていた・・・

いざというときには橋が割れるのよ・・・

海ではないよ、川でもないよ、

橋なのよ・・・

敵が入れない・・・

 

若松城の一番かっこいい石垣・・・

 

 

○ 二の丸南門跡・・・

右側がテニスコートになっているが・・・

当時は藩の役所があった・・・

藩士が城下から通っていた・・・

南門をくぐると役所・・・

 

 

○ センターテニスコート・・・

高校時代思い出す・・・

決勝で涙をのんだところ・・・

 

 

○ 廊下橋・・・

奥方様専用・・・

 したがって、ここからは藩士は入れない・・・

もし入ったとしたら・・・首が、

左遷で勘弁してください・・・

厳しかったんだから・・・

 

 

 

○ 若松城の門はみな桝形になっている・・・

 

 

 

○ 月見櫓の石段から天守を望む・・・

ここは余計なものは写らない・・・

一番の撮影場所・・・

 

 この下に荒城の月の歌碑がある・・・

一番が仙台の青葉城、

二番が若松城、

三番が竹田の岡城、

だと、k秋ちゃんは思っている・・・

 

右下には麟閣がある・・・

氏郷が利休の養子少庵を囲って作ったもの・・・

これがあって、裏、表、武者小路の三千家がある・・・

そのためお城の方向に

足を向いては寝ないと言っていた人がいたなー・・・

関係者だよ・・・

 

 

 

○ 本丸は素通りで鉄門へ・・・

 

 

 ○ 帯廓もいっぱい・・・

人人人で・・・

 

 

○ 女子学生も弁当持参で花見・・・

右側が太鼓門跡・・・

ここは武者走りと言ってV時の石段がある・・・

なんでか・・・スムーズに通れるように・・・

そしたら上るのはどっち ? ・・・

左、ほんと ? ほんとよ・・・

なんで ? ・・・

左腰につけた刀が・・・

石垣に当たらないのよ・・・

下しも同じよ・・・

武士の魂がカタカタ鳴っては・・・

刀しよ・・・

 

若松城の桜はきれいでした・・・

しかし、昔はもっときれいだった・・・

桜の花も春爛漫だが、本丸の桜は寂しかった・・・

みな老木になってきた・・・

何よりいたる所、立ち入り禁止しのロープが張ってある・・・

昔はオールフリーだったんだが・・・

そのため堀に落ちた酔っ払いがいたなー・・・

今は文化庁の制限があるのか・・・

 

これで若松城の桜さんぽはお仕舞・・・

まだまだ桜楽しめますよ・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫、ぶらり散策、甲賀町からお城へ…会津若松

2017年04月25日 | 会津ぶらり散策

春爛漫桜満開の鶴ヶ城への道・・・

10年ぶり・・・

そこで甲賀町を歩いてお城へ・・・

○ 甲賀町の入り口・・・お寺が軒並み・・・

ここからまっすぐ歩いていくとお城へ・・・

現在の会津若松の町割りは蒲生氏郷が作ったもの・・・

お城、武家屋敷、町人屋敷、神社仏閣と・・・

南北に広がった戦闘的な街並みになっている・・・

なぜか、鬼門(北東) には独眼竜が虎視眈々と狙っている・・・

一度は手にしたが、秀吉によって米沢へ左遷・・・

 

 

 

五の町角・・・ここから町屋

道路整備で今はまっすぐになっている・・・

車で走っていてもラクダ・・・

 

 

○ 甲賀町の中華そばや・・・

スマホなんかかざしたら・・・ブログブログ・・・

行ってみては・・・

 

 

○ 四の町角・・・かぎ型になっている・・・

敵の侵入を防ぐため・・・

けして碁盤の目ではない・・・

水路の水を横に流すためでもある・・・

 

 

○ 三の町角・・・正面は知る人ぞ知る山田団子屋、現在はない・・・

うまかったなー・・・今頃は笹団子がぶら下がっていた・・・

 

 

 

○ 二の町角・・・同じくかぎ型、

 

 

 

○ 一の街角・・・

○ 右に曲がるとかぎ型に・・・

 

 

この辺は細い路地がいっぱい・・・

 

○ コーヒー屋さん・・・

昔は豆を買っていたけれど今はブルックス・・・

ごめんね・・・

 

 

○ 知る人ぞ知る煮込みソースカツ丼のお店・・・

とにかく夜になるとここいらはネオンで輝く・・・

ちなみに人口密度からいくと飲み屋さんの数は日本一・・・

と、言われていた・・・

 

 

 

 

○ 甲賀町郭門跡・・・

氏郷が城下を郭内(武家屋敷)と郭外(町人屋敷)に分けて・・・

16の郭門と土塁と堀で武家屋敷を囲んでいた。

したがって手前にも石垣があったが今はない・・・

また、ここから100石取りから2,200石取りの

武家屋敷がお城に向かって続く・・・

殿様が参勤交代に出向くときはここから旅立っていった・・・

しかし、戊辰の戦いで城下は灰燼に帰す・・・

 

 

 

○ 梅屋敷通り・・・

この辺は、武士の屋敷があったが・・・

庭園のみ残る・・・

料亭の庭園として使われている・・・

この辺が戊辰の戦いの最大の激戦地であった

 

 

 

○ 小学校の交通安全授業・・・

 

 

 

○ 外人さんもくたびれたのか・・・

(-_-)zzz・・・

 

 

 

○ 正面がお城・・・

ここに小学校が向かい会って建っていた・・・

昔は男学校と女学校と分けられていた・・・

今はそんなことはない・・・

現在は左だけ…右の学校は移転した・・・

 

 

 

○ ここでようやくお城へ到着・・・

 

右側に内藤介右衛門2,200石取りの家老屋敷・・・

「白露庭」という内庭が残っている・・・

昔からあるのは唯一それだけ・・・

今は裁判所・・・

 

 

左側は、西郷頼母1,700石取りの家老屋敷・・・

籠城は足手まといと、家族21人が自決・・・

西郷頼母邸だけでなく、郭内の武家屋敷では・・・

いたるところでみられた・・・

戊辰の戦いをみれば暗くなるが・・・

そこは避けては通れない・・・

 

次回は、お城の桜

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加