我が家2

ブログ復活しました!

長女の成長記

2017-06-14 09:37:42 | 長女

長女の反抗期は激しいものでした。
小学校、中学校とスポーツも勉強もそこそこしていた長女は県内の進学校に入学しました。
しかし同じようなレベルの子、いや、自分よりレベルの高い子がいる中やはりきつかったのかもしれません。
今思えばですがそう思えます。
勉強とスポーツの両立は進学校では当たり前のことですが、根が真面目な長女はどこでどう手を抜くべきか
自らの力加減がわからずつぶれていきました。

部活を辞める

長女にとっては屈辱的な出来事だったのでしょう。

長女はすこしおかしくなってしまいました。
…というかこれが本当の長女だったのかもしれないです。

自室への引きこもり状態や高校への行き渋りをし始め
家族への八つ当たりや暴言はひどくなり自宅で奇声を発したいり暴れることもありました。
主人への反発も日を追うごとにひどくなっていきました。
手が追えない状態が半年ほどあったでしょうか??
もしかしたら1年近くあったかもしれませんね。
スクールカウンセラーさんにも相談にのっていただいたり、
市の教育センターなどにも無理やり連れていったこともありました。
状況はさほど劇的に良くなるわけではありませんでした。
ただ時間が過ぎ嵐が去っていくの私たち家族は待ちました。

高校3年になり進学するという目標をぼんやりと見出してからの彼女は少しづつ変わり始めました。
長女は高校受験もこれまでも塾には通いませんでした。
そして大学受験も塾には通わず公立の大学を目指すと言い出しました。

公立の大学への進学。
実家からの独立。
少々動機としては、大人げない動機だったのかもしれません。
しかし私は彼女を全力で応援しました。
動機なんかどうでもよかった。
彼女が何かをしたい!と言い出したのが うれしかった…。
長女のひどい反抗はこのころから少しづつ
マシになっていき学校も休んだり遅刻をしなくなりました。
彼女は立派な受験生として変貌を遂げていきました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただいま。 の理由 | トップ | 長女の大学入試記 »

あわせて読む