好きな 電子工作

好きな、電子工作でもなかなか、思うものができない!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またもや またもや DDS

2014-07-06 21:21:10 | 電子工作
DDSの話題ばかりで、ごめんなさい、今回もDDSです。
400MHzのDDS用ICを、2個購入してあったが、1個で無事完成したので、残りの1個を使い、さらにDDS発振器を製作、今回は技術的にチャレンジをしてみることにした。
まずは、LCDの改造、5V用のLCDが結構在庫であるので、3V用に改造し、今回の表示器とした、改造状況は以下の写真参照。



蛇の目基板に、1回路ロジックICと、ダイオードの倍電圧整流回路でマイナス電圧を発生し、コントラスト信号としている



DDSモジュールは、前回の基板を修正して作成、今回は、50MHzの水晶発振にを使用し、クロックを12倍して、オーバクロックの600MHzのDDS発振器とした、問題なく動作した、800MHZぐらいでも動作するのかも、今回は冒険しなかった。



本体は前回と同様ATMegaを使用。



オシロで120MHzの波形を観測してみた、さすが、400MHZより綺麗である、オシロ波形は、LPFを入れる前の波形で、ままである。
今回は、スペアナも、だいぶ使えるようになったので、スペクトルを観測しながら、LPFを作ってみよう。

さて、この発振器で何をつくろうかな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

400MHz DDS 発振器完成

2014-04-25 19:16:33 | 電子工作
以前、プラ板で動作確認した、400MHzクロックDDS発振器、カットアンドトライで、周波数特性フラット化を行い、ケースに収納して、完成しました。
当初、400MHzのクロックは、自分には無理とあきらめていた、特に某販売店で、販売開始された、同ICを使用した、キットの説明では、400MHzでの動作は、不安定でクロックを下げて使用するよう、とあった。
今まで、125MHzクロックのICまでは、問題なく動作したので、メクラヘビで、挑戦した、結果、基板パターンがよかったのか、400MHZクロックで、ICは、安定出力できた。
今回、周波数特性のフラット化とケース収納である、フラット化で、いろいろ悩まされ、現在自分なりに妥協した結果でケースに収納した。
まず、100MHzの振幅が正しく測れない、出力をBNCケーブルを使用して、オシロで測定(400MHzオシロ、300MHzプローブ)するも、伝送線路となるため、ターミネータ(ダミーロード)がないと正しく測れない、ケーブルZo,発振器Zoよく分からない、周波数によって振幅波打つ、また、オシロプローブ(10:1)を接続するだけで、振幅変化する。
ダイオードを使用した、P型電圧計を作ってみたが、これが、100MHzぐらいからピークを持っているみたい。

以下が外形、内部、100MHz時のオシロ波形



内部はシンプル、DDSICとATmega(CPU)が主役、アナログ回路が少ないので作りやすい。


オシロ波形は、ずいぶん綺麗になった、でもスペアナで見ると高調波が結構ある、精密な波形が必要な場合、出力にフイルターが必要

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デジタルVFOを組み込もました

2014-03-22 22:58:26 | 電子工作
FL-50Bに、デジタルVFOを組み込みました。
やっぱ、真空管リグは、かっこいい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も鴨見れました

2014-01-31 19:19:17 | バードウオッチ
体の調子の為、今年は1月の末頃から、鴨を見に行きました。まだまだシーズン中のようです。
写真を撮ってきました、最近のカメラは、すごいですね、1000mm相当のレンズでも、手持ちで、ぶれません
フイルドスコープ、三脚を担いで撮影に言ってたのが、嘘みたいです。



御存じのハシビロ君です、マガモよりよく見かけます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

気分はラジオ少年

2013-11-13 10:16:57 | 電子工作
先日、中国商品のネットカタログを見ていたら。写真のラジオキットがなんと、$12.3(送料込)、自分の子供時代では、こんなFBな、ラジオのキットなかったので、是非買いたくなった(子供の頃は、鉱石ラジオ、少し大きくなって5球スーパを製作)
ただ気になるのが、中国語、日本語の自動翻訳ソフトのせいか「ラジオキットスペアパーツ」となっています、写真を見るかぎり、パーツはすべて揃っているようですが、製作解説書が写っていません、少し悶々としましたが、価格が価格だけに失敗してもいい~やという訳で発注。20日程して到着したのが、以下の写真、解説書が入っていました、一安心。
なんとか、基板に部品だけは、実装はできそうです、そのあとの調整は、解説書に書いてあるのか、中国語の為不明。
ICは1個のみのはんだ付けだが、表面実装。初心者には進められないキット。

さー、これから製作を始めるが、感と努力だけで完成できるか、途中GIVEUPか~


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加