気紛れな投稿

些細なこと、気紛れではじめたこと

2代目ダイハツ ムーヴ エアコンガス補充

2017-04-18 20:24:02 | Weblog

2000年式ダイハツムーヴ

L900Sカスタムです。

エアコンの効きが感じられないので、何とオートバックスにオイル交換時、

合わせてエアコンチェックを依頼しました(費用は5000円弱)。

ピットに呼ばれ出向くこと数回、一応やることはきちっとやっていました。

お願いしたオイル交換後、

単純にエアコンガスを追加するのでなく、もれていないか、低圧、高圧の確認から

はじめていました。

ガスはほとんど入っていないとのこと!

いつ抜けたのだろう?17年前の車だから、10g/年自然に抜けるとして

100g程度しか残っていないことになります。これをガスが入っていないと

いうのか?

確かに冷風はまったく感じないわけでもなく、わずかに感じられたから

少しはガスは残っていたのでしょう。

デジタル式ガス交換機があり?、オートバックスにもこんな新しい

機械があるのかと驚きました

 

 

もれていないことを期待し、規定量を充填し、しばらく様子見、

数値の変動がないことを確認しました。

どうせなら回収し真空引きをお願いすればよかったのですが、

費用も5000円弱なので真空引きをしたのか不明?

もれている覚悟で今シーズンだけでも涼しければいいと思い

ました。

確認できた数値は、

圧力で1.4kg/cm2, 12kg/cm2だったと思います。

基準は気温が高く夏日なので25/2=12.5(kg)が高圧と思います。

簡単なリーク確認で問題なさそうなので、ここで作業は終わりです。

 

オイル交換、フィルター交換、ガス充填で9000円以下で終えることが

できました。

以前オートバックスでステージアのATF交換をし問題なかったので

ここのお店を私は信用しています。

 

2日たちましたがガス漏れはなくエアコンは順調に冷えています。

吹き出し口で計測し冷房時8℃でした(外気は23℃)。

エンジンルームの低圧パイプは触ると冷え冷えですよ!

 

2代目MOVEはA/Cスイッチを押すとコンプレッサーとコンデンサファンが連動し

冷房サイクルに入ります。ON/OFFを繰り返します。

風量弱で約5秒間隔でON、OFFを頻繁に繰り返します。

エバポレータの結露を防ぐため、頻繁に制御しているようです。

風量強にしますと、間隔は10秒以上に伸びます。

風量が多いので結露のリスクが減るから間隔が増えるのかと思います。

 

軽自動車なのでコンプレッサ-起動音(カチン)、ファンの音がうるさく感じます

 

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CSチューナー用USB外付... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。