カッキーYAMA   akihiko tange

手始めに、日常的なことを気の向いたときに載せていくつもり。

散策 代々木 2017

2017-05-13 | エッセイ



警報機が鳴り始めた。トンネルを歩いてきて振り返る。

暗がりと陽光のコントラストにカメラを構える気になった。

トラックが踏切にゆっくりと近づいて停まる。人も立ち止まる。

電車が来ることは分かっている。

来た瞬間の頭を狙って撮ろうと思う。

シャッターを切ったものの、あっという間に通過。

間に合わない。車両がレールの音を響かせて次々と流れて行く。

頭が外れたので、今度はお尻の部分を。

またあっという間に通過してしまう。

電車の影は消えて、まばゆいばかりの陽光が差しているのみ・・・。



夏に向けて陽射しが強くなりつつあるのか、トンネルの中から見た陽光は、眩しかった。




『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散策 代々木 2017 | トップ | 散策 原宿  2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ」カテゴリの最新記事