美容日記

美容あれこれ

TUBE LIVE AROUND 2017幸せの季節!!イン京都。

2017-06-17 | 日記

お久しぶりの投稿です!

何から書き始めればいいのかしら…今日はとっても長くなっちゃいます、どうぞお付き合い下さいね

只今、TUBEの迷所求跡ツアーの真っ最中後半戦に突入です(これを書いてる今日はもう後半戦です)

セットリストも最高で、本当はその感想を書きたい気持ちを必死で抑えつつ

(まだこれから参戦のTUBERさんも多いですものねっ迷所ですものね!)自分の初日迄楽しみはとっておきたいですものね~わかりますよ~

私も私のスタート参戦日迄、セットリストを目にしない様頑張りましたよ

だから、私の参戦初日の京都では、大大大感激致しました。

ここ数年で一番感激しました。素晴らしくて、感動しすぎて、帰りの阪急電車の中での記憶がぼ~っとする程の放心状態

なぜなら、前田さんの歌声が感動ものなんです。ラジオでも喉の調子が良いご様子はお伺いしておりましたが…あれほど迄とは

素晴らしいもはや神を超えてます、もう、言葉で表現する称賛なんて全く見つかりませんっ

表現できないんです、素晴らし過ぎて、そして、楽し過ぎて

バラードも、密に自分の中で、あの曲を歌って頂けるのでは、ないのかな?…の予想曲を、歌って頂けまして、大感激です

これぞ、前田亘輝さんの歌唱力で、他の数多のvocalistを追随させない、圧巻さでした他のvocalistに前田さんのライブ歌声を

聞かせてあげたいものです!!!

そして、やはり、前田さんは、歌う姿が最高にセクシーです。アップテンポで、歌う顔も、チューバラを歌う、あの表情も、そしてあの素敵過ぎる

声も、全が永遠に私の王子様と、京都の夜で再認識出来た、うっとりの夜となりました~

(Kちゃん(旦那様)少しは前田さんみたいになって下さい…な~んて、無理よね~)フフフ、言うだけ無理です…。無駄だね。

ロームシアター京都メインホールは、昔の京都会館ですよね、たぶん。

随分綺麗になってて、今回TUBEが小さな会館をあえて選んで下さったお陰で、

1階、14列目の中心よりやや、かっくん寄りの良席で、前田さんの表情もはっきりと拝見出来て、もう、もったいなくって、瞬きなんかするはずも無く

前の座席に足を摺り寄せて、できるだけ前のめりで、参戦した私ライブの時いつも思うのが、長身に産んでくれた両親に感謝です。

長身にヒールも履くので多分大抵の男性よりは高くなっちゃう程。お陰で、小さい身長で見えないなんて思った事がないのね。

でもね、長身だから、本当は手拍子はずっと最初から最後迄腕を真上でしたいのだけど、そうすると、後ろの方が鬱陶しいでしょ、私の手拍子が。

だから、真上で叩かない様にするのね。私も、前の方が左右に激しく動く方や、最初から最後まで、真上の腕上げ手拍子は、気が散って残念に思う事

あるから…。

京都での前田さん、とっても笑顔で、ずっと本当にずっと笑顔で歌って下さって、トークも面白くて、あっという間にアンコールが終わってしまった

印象です。時間が、本当にあっという間でした。

京都が終わってつくづく思ったのが、私はTUBEが好き!前田亘輝さんというvocalistが大好きだって事

いつもそう思ってるけれど、去年は前田さんの、喉のオペで、野外2回が主なライブで、もう随分とホールツアーを待ち焦がれたので、

久しぶりで、感激しちゃって、もう何十、いえ、もっとね、すごい数のTUBEライブに足を運んで来ましたが、改めて今年のホールライブの質の高さに

感激してます。シンプルなバックの音楽の構成も、前田さんの美声が私たちファンに良く伝わり、それも素敵だなあと思いました。(ネタばれになってるね、

ごめんなさい)

こんなに素晴らしいホールライブ、やはり、初日から申し込みをして、関東迄遠征すればよかったと後悔もした京都の夜なのでした…

では、次回は、大阪2DAYです。

長々とお読み下さいまして本当にありがとうございました。

またね

見出し画像は京都でのトラック画像ではないです。今までツアートラックをほとんど生で拝見した事が無かったので、生で今回見れて

これも大感激しちゃいました!!

 

 

 

 

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TUBE LIVE ARO... | トップ | TUBE LIVE AROUND 2017幸せの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。