新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【22】

2017年11月05日 04時40分55秒 | 日記

  菊隠宗意 <5>

尚寧王一行は、将軍秀忠に謁見のため江戸に

菊隠も同行した、1610年8月28日の事である

 

そのとき薩摩藩は幕府から琉球の支配権と

奄美諸島を割譲し直轄領地として承認を得た

 

その道中摂政具志上王子が病死している

(静岡市清水区清見寺に葬られている)

 

1611年薩摩から「琉球は古来より薩摩藩の付属国である」と

記述された起請文書に、署名を要求され尚寧王と三司官は受け入れ

拒んだ三司官の一人謝名利山は斬首された

 

薩摩藩の支配は明治維新まで、二百七十年続くことになった

 

また貿易管轄権などの「掟十五条」を認めさせられ

琉球の貿易は薩摩藩が握るようになった

こうして間接支配するようになり、年貢の上納・貿易の統制

そして江戸上がりなどの義務を負うことになった

 

琉球国は対外的には独立した王国として存在するようになった

尚寧王一行は、1611年8月まで薩摩に滞在した

 

三年後に帰国した菊隠は、国難のときに対する功績により

大里間切を給地され、その地に西来院を建立し

開山祖菊隠西来和尚と称された

 

僧侶にもかかわらず、摂政同格の加判役

王子の位も与えられ、そして琉陽国師の称号も賜った

 

菊隠宗意は老いのため、三司官・諸々役職を辞し

隠居、隠居寺の料として知行高四百斛を与えられる

 

1620年8月7日に菊隠宗意は示寂した

墓は現在も西来院に現存する

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の仏教 【21】 | トップ | 沖縄の仏教 【23」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。