新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【11】

2017年09月10日 00時02分23秒 | 日記

 鶴翁和尚 <3>

末吉宮の創建された、経緯が、袋中良定(1552~1639年)が

三年沖縄に滞在し記した、琉球神道記に末吉権現事として

鶴翁が熊野三所権現を勧請(分霊)したと記述されている

 

末吉神社が鎮座する末吉公園は都市の中にあって

広大(約8ヘクタール)で大部分は森林で蓋われ

自然が残っている、聖なるムイ(森)である

 

昔から御嶽・イベとして崇拝の聖域であった

ムイ(森)の中には、最高拝所「宇天軸」や

宇天火の神・国の主・黄金軸・宇天軸底神弥勒御水

沖縄御先七御水神などの多数の拝所が、点在している聖地である

 

宇天軸とは、天の国、死者が赴くあの世

軸は中心を意味し、この世と、あの世をつなぐ特別な場所としている

末吉神社と遍照寺(万寿寺)は聖地霊住に創建されている

末吉宮の主祭神は、熊野三所権現の神

伊弉再尊・速玉男尊・事解男尊である

 

末吉宮は、仏教・神道・祖先信仰・ニライカナイ信仰が

習合した神々を拝する、沖縄特有の信仰を形成している

 

末吉宮は、沖縄戦で焼失し、現在の宮は、

1972年に再建された、琉球八社の一つの神社である

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の仏教 【10】 | トップ | 沖縄の仏教 【12】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。