新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

西表島 【2】

2017年05月15日 00時41分37秒 | 日記

  西表島の歴史はマラリアとの戦いの歴史であると言える

 

マラリアとは、蚊によって媒介する恐ろしい病気である

マラリアは、マラリア原虫を持った、ハマダラ蚊に刺されると感染する

 

すると寒気で身体が震え

その後に高熱や頭痛、吐き気などがあり

震えと高熱の繰り返しが、2,3日続き

体力が衰え、そして赤血球が破壊される

 

また、脳マラリアによる意識障害や腎不全などをお越し

死に至ることもある恐ろしい病気である

 

琉球国時代、宮古・八重山諸島だけに施行された

人頭税(1637年)とう政策が実行された

 

そのため西表島の開拓を奨励した

納税する穀物の生産を上げるためである

 

八重山諸島の人々が強制的に移住をしいられ

そしてマラリアよって多くの多くの人々が犠牲になった

移住と廃村とが繰り変えされた悲惨な歴史である

 

また、1886年(明治19年)三井物産会社が

炭鉱採掘の許可を取り、工夫200人余りの人で採掘したが

3年間で半数の100人以上がマラリアに感染し死亡した

 

残りの人達もマラリアに罹患したといわれている

そのため、1889に事業を休止している

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西表島 【1】 | トップ | 西表島 【3】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。