新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【12】

2017年09月15日 00時40分02秒 | 日記

  袋中良定上人 <1>

袋中上人は、沖縄に初めて浄土宗を伝え広めた

浄土宗の学僧で睦奥国磐郡の出身である

(現在の福島県いわき市常磐西郷町)

 

琉球国由来記や中山世譜に袋中上人の功績、事績が記述されている

仏学を求めて、中国明へ留学を志して渡海する事を決意するが

 

その頃の国際情勢は

豊臣秀吉の朝鮮侵攻で中国明王朝は朝鮮を支援していた

そのため日本人が明に入国することは困難な時期であった

 

まず沖縄に渡り、渡明の機会を待ったが

そのような国際情勢のなか、

外国船も日本人を恐れて乗船出来なかった

 

琉球に三年滞在し渡明する機会を待ったが叶わなかった

その間、袋中上人は浄土宗を教え広めた

 

熱心な布教活動で

国王・王府の高官始め多くの人々が帰衣する

 

琉球神道記5巻・琉球往来などを著わし

寺院の建立、伝承など多く残されている

袋中上人にまつわる石碑などもある

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の仏教 【11】 | トップ | 沖縄の仏教 【13】 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読者登録ありがとうございました。 (礼次郎)
2017-09-17 10:46:50
沖縄、良いですね。
北国からすると、憧れの地です。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。