新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

久米島 【4】

2016年11月20日 00時02分12秒 | 日記

 具志川城主であった上江洲家は

代々久米島の地頭として勤めてきた

 

1754年に七世地頭の上江洲智英(1704~1762年)が

現在の家屋を建築したと言う記録がある

 

屋敷(約660坪)の周囲は琉球石灰岩の

石垣と福木に囲まれ、全体が美しい状態で保存され

当時の面影を色濃く残っている

 

今でも島の住民は石垣殿内と親しみを込めて呼んでいる

 

上江洲家は地頭として

綿糸・お茶の栽培方法、中国から伝わった養蚕

東南アジアから伝えられた織物の技法など

 

久米島紬として久米島に普及させ

久米島のために尽力されたことでよく知られている

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久米島 【3】 | トップ | 久米島 【5】 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビオラ)
2016-11-23 23:50:19
今晩は~

友人に、竹富島出身の人がいらっしゃるのですが、とてもゆる~りとした雰囲気の方で、癒し系な感じです~

ゆる~りとした気分で、少しずつ、沖縄と周辺の事、少しずつ読ませていただきますね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。