新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

竹富島 【4】

2017年06月15日 00時03分02秒 | 日記

 竹富島には多くの神事が継承され、大切に守られている

島内には、御嶽(おん)と言う御願所が

28か所が存在し信仰の中心と成っている

それ以外の拝所を含めると80か所以上あると言われている

 

島の始祖と伝えられる6人の親神を祀った御嶽を

六山(むーやま)と呼ばれ

祭祀を行う最も重要な拝所とされている

 

島民は必ず六山に属し、ナーキョイやプイなどの祭祀には

それぞれの御嶽で家族、一族の安寧と健康を願う

 

六山に鎮座する神を蔡礼する、神人(主に女性)がいる

神人は世襲制で御嶽の香炉を管理している

 

また殿居元(トゥヌイムトゥ)やカンマンガーなどの役職もあり

世襲制で継承されている

 

竹富には西塘が首里王府の園比屋武御嶽の

神を勧請(分霊)して、国仲御嶽を建立する

八重山諸島で唯一琉球王府とつながる御嶽である

 

西塘は竹富の偉人として尊敬され讃えられて

西塘御嶽が造られている

 

また、島創りの2神が祀られ清明御嶽を加えると

九山(くぬやま)に成って、島民の強い信仰を集めている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹富島 【3】 | トップ | 竹富島 【5】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。