新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

八重山 【6】

2017年03月15日 00時00分58秒 | 日記

  オヤケ アカハチの乱 <2>

アカハチ軍の奮闘虚しく多勢の王府軍に敗れ

アカハチその妻古乙姥と一族は全て処刑されたと言われている

 

この戦いで王府軍に立った宮古の仲宗根豊見親(空広―そらびー)は

宮古の頭職、二男真列金を八重山の頭に任命される

 

石垣の長田大主は古見大首里屋子に任命され、後に八重山頭職となる

代々一族が八重山の頭職を継いでいく

姉の真乙姥(まいつば)は王府軍の帰路のため

イラビンガニ(美崎山)に入り日夜断食をして祈願した

その甲斐あって船団は無事に那覇港に到着したという

 

その功績により真乙姥にノロ(神女)統括する

八重山の大阿母(高級神女)に任命されるが固辞した(姪が大阿母を受ける)

代わりにイラビンガミ神職を任命される、祈願したイラビガニは御嶽となり

石垣島の重要な御嶽と成る

また、彼女の墓地もマイツバ(真乙姥)御嶽として現在も信仰を集めている

 

久米島の君南風(チンペー)の奇謀により勝利に貢献したとして

久米島のノロの最高位の地位を与えられた

「おもろさうし」にも謡われている

 

500年以上代々一族に受け継がれている

現在も久米島の祭祀を執り行っている

 

君南風は勝利の軍神とされ

久米島でキャンプをしている楽天イーグルスは

君南風神殿にキャンプの安全と優勝を祈願している

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重山 【5】 | トップ | 八重山 【7】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。