新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【10】

2017年09月05日 00時02分09秒 | 日記

  鶴翁和尚 <2>

鶴翁の生没年月日は不明であるが

壮年の頃、京都の東福寺で修行

住持の彭叔守仙(1490~1555年)に教えを受けたとされている

 

鶴翁が修行を行っていた時、熊野権現を崇信していた

学道成就したならば、かならず熊野を参詣ですると誓いを立てた

 

帰国後住持となった鶴翁は

誓願を果たすため、国王に暇請いを願い出たが

尚泰久王の許しは得られなかった

鶴翁は再び日本へ渡ることはなかった

 

ある時夢に人が現れ「師、志を遂げたいと

欲するなら是より北山に向かって大きな声で

呼なさい応じる所に霊験があるだろう

そこが即を居所である、私は熊野権現であると言った」

 

夢から目覚め、言われたとおり

峰に声を上げると前の山に響きがあった

そこは急崚な山で霊地のようで人蹴のおよぶ場所ではなかった

 

それでも登ってみると途中鬼が現れ

鶴翁は霊験であると思って、これを拝した

 

事の成り行きを、国王に奏上すると

尚泰久王も同様霊夢を見たことから

 

この出来事は、なにか意味のあることであるからと言って

この地に宮を建立した

 

また鶴翁はこの地を歩いていた時、古鏡を見つけ

それを得て宮内に納めたと云う、などの伝承がある

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の仏教 【9】 | トップ | 沖縄の仏教 【11】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。