新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【24】

2017年11月15日 00時02分08秒 | 日記

 仲尾次政隆 <2>

中村宇兵衛は、貿易船を所有し

琉球から薩摩へ貢納米運送、貿易などで財を成した

 

中村家の三男として生まれた、政隆は勉学に努め

今帰仁の間切りの地頭・那覇総横目・那覇船改め奉行などの

要職を務め、仲尾次親雲上(ペークミー)政隆と称していた

 

また当時の士族として、高い教養を身に付けた政隆であった

歌人の宜野湾朝保から和歌を学び

書は久米村の儀間より

弓は三司官の小禄親方から

鉢は村山鍛三に学び

ほかにも人相学・医術・風水・土木・生け花

茶など学んだと言われている

 

薩摩で禁制していた、キリスト教、浄土宗を

琉球侵攻(1609年)後、支配していた

琉球においても禁制にした

 

禁教の浄土宗の一信徒であったが

本願寺から了覚と言う法名与えられ

その熱心さから布教し続けていた

 

特に遊女に布教していた、その実は大きく三百人を

超える信者が帰依し目立つようになり、拠点を自宅に移し

中山子尼講社と称する講社を結成し活動するが、王府に発覚し

 

詮議の結果、石垣島へ、無期の流刑となった

仲尾次政隆45歳の頃と言われている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の仏教 【23」 | トップ | 沖縄の仏教 【25】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。