とことん青春!
愛は憎しみより高く、理解は怒りより高く、平和は戦争より気高い。
 



生きるって何だろう?
49話感想。         

◆ディーヴァの嫉妬 
姉様はずるいよ     
自分だけ人間扱いされて                 
自分だけ幸せで     
自分だけ楽しくてさ…

『小夜さえ居なければ』という想いがディーヴァの中には常にあったのでしょう。
ディーヴァが小夜を殺そうとする理由は小夜への激しい嫉妬なのでしょうね。

ゆえに、彼女も自分と小夜とを比較して自分の存在意義に苦悩していたのではないかと思う次第です。   

◆絶望を知った小夜 
私はあの日からあなたを殺す為だけに存在する事を許されてきた 

ディーヴァを討つ為だけに生きてきた小夜。
しかし、自身の最大の望みであるはずのディーヴァの死を目の当たりにした彼女の心は逆に絶望のどん底に突き落とされました。
今回の話で絶望を知った彼女の最終回の行動が楽しみですな。

流れ的には 
                
生きる目的の追求        
        ↓            
生きる目的の達成による絶望感                 
        ↓            
今を生きる路線への転向
                 

というのが普通ですが、カイが一枚噛んできそうです。

また、ディーヴァの子を生かすか殺すかでも小夜の今後が大きく変わりそうですな。
ディーヴァの子を生かす=翼手を認める=翼手である自分を認める=自分は生きても良い
という風につながり、小夜が生を貫く可能性もある。

逆にディーヴァの子を殺すとなると小夜が死を選ぶ可能性が跳ね上がる訳なのです。               
この展開だとどちらになるかはほぼ決まった様なものですが。   

以上、感想終わり。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )



« 地獄少女実写... 地獄少女パロ ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
BLOOD+ 第49話 (ACGギリギリ雑記)
ア、アンビリーバボー 最終回直前ということで、ある意味スペシャルだった30分♪    さて、どこから突っ込んでいこうかしらwww  
 
 
 
『BLOOD+(ブラッドプラス)』 宮城カイ (ゆったりイラスト空間)
『BLOOD+』の宮城カイです。 随分とかわいいフェイスのカイになってしまいましたが・・・。 もう少しシブめにした方が良かったかな(´▽`;)?! 物語当初のカイは17歳。 1年前まで野球部に所属し、エースとし
 
 
 
BLOOD+ 49「二人の女王」 (はざまの欠片)
思えばここまで長かったです。ようやく決着がつきました。眠りの時期が近いですが意外に互角な戦いっぷり。今までの危機感はどこへやら…な小夜vsディーヴァでした。 予想外のラッキーは子供を生んだ事でディーヴァの血の力がなくなってしまっていた事でしょうか ...
 
 
 
BLOOD+第49話~最後の使徒・アンシェル襲来(笑)~ (ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記)
今更どうでもいいですが、アンシェルって名前、エヴァの使徒にいそう。ホントどうでもいい話題だな(笑) という訳で(どういう訳だ)遂にラスト直前の今回、何ていうか賛否両論分かれそうですね。ご都合主義とか、ご都合主義とか、ご都合主義とか・・全部批判じ ...
 
 
 
BLOOD+ 第49話 (孤狼Nachtwanderung)
第49話「二人の女王」 ? 「囮は俺さ。だって美味しそうだろ?」 ルイスには悪いけど、敢えてノーコメントです(ーー ) 不死身のルイスは不死身のルルゥと仲良くすればいいさ!(笑 「私、死ぬの。死ななくちゃいけないの!」 言葉の裏に、 死にたくない ...
 
 
 
BLOOD 第49話「二人の女王」 (黄昏METAPHYSICS)
 やっと来週でこの「BLOOD+」も最終回なんだが、その前にケリが着いてしまいました。  一番強かったアンシェルがビルの尖塔に串刺しにされて雷で「丸焼き」。ハジは最終形態に移行(つまり翼手の姿)にならなくてもアンシェルやっつけられた、という意外に ...
 
 
 
BLOOD+ 第49話『二人の女王』 (人生裏街道)
BLOOD+(10) とうとう最終決着つきました。 小夜とディーヴァ、ハジとアンシェルの・・ ハジとアンシェルの戦いは、空中戦の末、翼手化したアンシェルがビルの先端に突き刺さり、そこに雷が落ちて、黒こげ状態に。 小夜の血以外では、首を切り落とすか、燃え ...
 
 
 
『 BLOOD+ 』 第49話 「 二人の女王 」 (橘 彌勒の気儘な徒然日誌)
戦場と化したオペラハウスでいよいよ小夜とディーヴァの決戦が始まる {/ee_3/} 何それ?な回 {/kaeru_shock1/} 飴大好きヴァン・・・助かったが違った意味でピンチ {/ee_3/} エレベーターに一緒に乗れないヴァン・・・アメリカ国民ではないからだそうだ {/face_as ...
 
 
 
BLOOD+ Episode-49「2人の女王」 (kasumidokiの日記)
アンシェルvs小夜+ハジも大詰めでした。 飴の人、ヴァン・アルジャーノは……。 一瞬「9月17日、ヴァン・アルジャーノ、飴を喉に詰まらせて死亡」と デスノートネタが浮かんでしまいました。 今週は土曜日、ジャンプ発売でしたから。
 
 
 
二人の女王 (花鳥風月)
Episode-49「二人の女王」 脚本:砂山蔵澄 絵コンテ:山内重保 演出:山内重保 作画監督:石井明治・福島豊明・飯田宏義 作監協力:山本善哉・小谷杏子 戦場と化したオペラハウス。その舞台では、戦う二人の女王・小夜とディーヴァの刀が激しくぶつかり合う。一 ...
 
 
 
(アニメ感想) BLOOD+ 第49話 「二人の女王」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
BLOOD+(10) 対峙する二人、小夜とディーヴァ。戦場と化したこのオペラハウスこそ決戦の地にふさわしい・・・。身構える二人が、激しく斬り合うのはもはや必然の流れであるのでした・・・。一方、小夜とディーヴァ、二人のシュヴァリエによる戦いもここに始まろ ...
 
 
 
BLOOD+『二人の女王』 (Shinoの日記)
何だかもう終わりが近づいてるんだな…ってあらためて思いました。 今の状況だってディーヴァ側の戦力が優勢…。そして遂に女王達の戦いです。 《二人の女王》…それを取り巻く《シュヴァリエ》達は本当にみんな『存在してはならない種族』なのか…本当に消滅して ...