とことん青春!
愛は憎しみより高く、理解は怒りより高く、平和は戦争より気高い。
 



うむ、ようやく設定が明らかになってきましたがびっくりするほどの事では無かったですな…。
12話感想。

◆◆設定諸々◆◆
◎アザディスタン
クルジスを吸収したのですね。
だから、王政復活なのか。納得です。
イデオロギーをばりばりに醸し出す指導者では国内をまとめる事は容易ではないですし。

◎勢力
アザディスタンの勢力は以下の3勢力で、、、

親マリナ改革…マリナを支持し改革を推し進める
親マリナ保守…マスード中心の勢力。表向きは保守派だが、マリナと手を握る
反マリナ保守…マスードを拉致。アリーが裏でトップと手を握る

といったところでしょうか。

◎太陽光紛争
20年も続いたのか。
3大国による代理戦争だった可能性高し。

◆◆出来レースか?◆◆
保守派は基本的に改革派が事を起こせばそれに反発する。
それを抑えるための存在がマスードだったのですが、極右の刺客に拉致監禁される事に。
泥仕合の様相さえ呈していますが、これはどこの国でも同じ。どこの企業でも同じ。
ある意味で思想統制されていない分、健全であると言えるでしょう。

しかし、最大の疑問は今まで沈黙を守ってきたタカ派がなぜ今になって行動を起こしたのかという事。
国連支援決定期という事もあるでしょうが、それにしても出来すぎですな。

◆◆アレハンドロ◆◆
今回の出来事を全て予測していたかのような振る舞い。
内戦が勃発しようとも微動だにせず傍観するのみ。
今回のアザディスタン援助を始め、極右派の反乱も彼が裏で根回ししているんじゃないか、とも思える程に怪しい振る舞いでしたな。
まるで全ての事が起こる事を予め知っているかのように見受けられました。

◆◆マリナのアイデンティティ◆◆
自身の政治的決断が誤りであったと泣き崩れる彼女ですが、まだまだ成長の余地が大いにありそうです。

毅然としなさい!マリナ・イスマイール!!
まだ終わっていないわ!

そう、シーリンの言う通り、彼女はまだ生きている。
本来ならば、クーデターで首を捕られていてもおかしくなかったはずなのですが。

生きている限り終わりは無い。
マリナ自身がこの世に「存在する」事の意義を見出す事を予感させるシーリンの檄でしたな。
「為政者としての自分」を作り上げるために、為政者としての存在意義を見出すために、歯を食いしばって立ち上がって欲しいものです。

◆◆刹那のアイデンティティ◆◆
俺は…ガンダムになれない…

「俺=ガンダム」と信じてやまなかった刹那ですが、過去の自分が味わった悲劇を止める事ができず、辛酸を舐める事になりました。

「戦争を止めるガンダムのパイロットとしての自分」を「本当の自分」と考えていた刹那にとっては、過去の悲劇を繰り返してしまった事は、「ガンダムのパイロットとしての自分」を否定せざるを得ない事であり、「本当の自分」の喪失を意味するのです。
つまり、彼のアイデンティティの完全崩壊を意味する、と。
完全に自分を見失った刹那がここからどう這い上がって行くのかが非常に楽しみなところです。

今回は、刹那とマリナが「本当の自分」を見出す起点となる話だったと言えるのではないでしょうか。

しかし、次回は年明けかよ…(涙)。
個人的には来週放送して年明けを休みにしてくれた方がしっくりくるよ。文句をつけても良いようなスケジュールだな。
以上。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 24 )



« 今日のにゃん... 憂鬱えほん(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
アニメ「機動戦士ガンダム00」第12話。 (ぎんいろ。)
第12話「教義の果てに」 太陽光発電紛争で疲弊し、世界からも見放された中東国家の1つ、アザディスタン王国。 内政の悪化したクルジス共和国を6年前に急襲。王政を復活させたものの、国民は2つの教派に別れ、政治的に不安的な状態が続いていた。 そんな中での、マス...
 
 
 
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (MAGI☆の日記)
機動戦士ガンダムOOの第12話を見ました。機動戦士ガンダム00 DVDvol.1第12話 教義の果てにアザディスタンに王国 寺院「議会は神の教えに反している。この国の土地は神に与えられし場所、その契約の地に異教徒を招き入れるなど」「改革派はいずれ、わしらからこの地を...
 
 
 
機動戦士ガンダムOO第12話「教義の果てに」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
「あえて言わせてもらおう!!グラハム・エイカーであると!!」ぎゃははははははは!!やっぱ面白いよ、君!!登場するたびに迷言ネタありがとうっ!!(>▽<)いや~、期待を裏切らない乙女座の男!!そんな使命感にあふれるあなたが、私は大好きですっ!!ありがとぉ...
 
 
 
機動戦士ガンダムOO第12話「教義の果てに」 (アニメのストーリーと感想)
 中東地域は、エネルギーが太陽光に変わってしまった為経済を支えていた石油輸出が制限 され、反対する一部の国家では太陽光発電紛争と呼ばれる戦いが20年続いた。そして世界 から見放された国家は、離別や統合を繰り返していた。太陽光エネルギー発電システムを国連...
 
 
 
「実感」を持つ刹那と持たないマリナさん/『機動戦士ガンダム00【ダブルオー】』/第12話「教義の果てに」感想 (サブカル・カムカム)
「俺は、ガンダムになれないっ……!」(刹那・F・セイエイ)  第12話「教義の果てに」の感想です。自分の「命」を助けてくれた「ガンダム」(=神)になろうと、今まさに奪われようとしている「命」を守ろうと、もがく刹那。しかし、人は神になれないのでした。いや...
 
 
 
起動戦士ガンダム00 第12話『教義の果てに』 (ゲーム&アニメ感想館)
ガンダム ダブルオー
 
 
 
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (SeRa@らくblog)
俺は…ガンダムになれない――。 アザディスタンで発生したクーデター。 刹那は再び戦禍の故郷に…。 ロックオンの前にはガンダム打倒に燃えるグラハムが。 暗躍するサージェスの...
 
 
 
機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」 (月の静寂、星の歌)
 中東――。  そこに位置する多くの国々は、石油輸出産業で経済を支えていたが、太陽光発電システムの建設計画により、その存在価値を失おうとしていた。  国連決議により、一部を除いて大幅な石油輸出規制が採択され、それに反対する、一部の中東国家が武力を行使...
 
 
 
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (紅蓮の煌き )
機動戦士ガンダム00 第12話の感想です。 俺は……ガンダムになれない
 
 
 
機動戦士ガンダム00 第12話 感想 (荒野の出来事)
 機動戦士ガンダム00  第12話 『教義の果てに』    刹那・F・セイエイ : 宮野 真守  ロックオン・ストラトス : 三木 眞一郎  アレルヤ・ハプティ...
 
 
 
第12話「教義の果てに」 (機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター)
アザディスタンは、伝統的な宗教生活をかたくなに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そん...
 
 
 
機動戦士ガンダム00 ♯12「教義の果てに」 (まんざらでもない)
「俺はガンダムになれない!!」 当たり前ジャン、と言いたくなってしまう「ガンダムOO」12話感想です。 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守 水島精二 バンダイビジュアル 2008-01-25売り...
 
 
 
機動戦士ガンダム00第12話「教義の果てに」 (渚の空-アニメの道)
ママン、沙慈にベタ惚れwwwアザディスタンの宗教的指導者であるマスードが何者かに拉致されるそして保守派がそれを改革派の仕業と思い込むのも時間の問題・・・しかも万が一、マスードが死んでいるとなるとアザディスタンに内戦が起こってしまう皇女であるマリナは思い...
 
 
 
機動戦士ガンダム00第12話 「教義の果てに」 (アニメの襲撃者)
沙慈が遂にルイスのママさんをゲットする話だなwやはりああゆう顔立ちと性格は熟女キラーなんだな。良かったな沙慈。それなら充分ホストになれるぞwwwアリーとグラが随分ハッスルしていたのも面白かったな。ところがギッチョングラハムである!と!みたいな。色々詰め込ん...
 
 
 
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (アニメって本当に面白いですね。)
機動戦士ガンダムOO   お勧め度:ややお勧め   [MBS系]   TBS・MBS : 10/06 18:00~   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之   メカニックコンセプトデザイン : 福地仁・寺岡賢司  ...
 
 
 
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 (1) アザディスタンは、伝統的な宗教生活をかたくなに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そんな中、保守派の指導者マスードが何者かに誘拐される。このまま...
 
 
 
機動戦士ガンダムOO 第12話 「教義の果てに」 (日頃CALAMITY)
第12話 「教義の果てに」 マリアはダメな子 機動戦士ガンダムOO 第11話 「アレルヤ」 【fc2ランキング】
 
 
 
機動戦士ガンダム00 12話「教義の果てに」 (Spare Time)
『これまでの教えや、古い慣習に倣って生活をしようとする保守派と、深刻なエネルギー問題を改善し、豊かな国づくりをしようとする改革派とにアザディスタンは二分していた。改革を推し進めるため擁立されたマリナだった
 
 
 
機動戦士ガンダムOO #12 「教義の果てに 」 (●○PEKO LIFE●○)
グラハムスペシャルwww
 
 
 
機動戦士ガンダム00 ♯12 「教義の果てに」 (トラバリオ)
アザディスタン王国の保守派の指導者ラサが拉致される。 黒幕はサーシェス。 超保守派による改革派へのクーデターが勃発し、ガンダムが介入する。 クルジス出身の刹那ががんばるお...
 
 
 
機動戦士 ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (日常跡地)
機動戦士 ガンダム00 第12話 「教義の果てに」感想
 
 
 
シャレにならん実話ネタのパロをありがと~(ToT) ガンダムOO第12話『教義の果てに』 (シュージローのマイルーム2号店)
 こんばんわ~。  いよいよ今年最後のガンダムOOであります。  来年4月から土6がコードギアスセカンドステージの可能性が非常に高くなり、サンライズ祭りはさらい年3月末まで続き...
 
 
 
ガンダム00#12「教義のはてに」感想 (おぼろ二次元日記)
お出かけ続きの土日だったのでやっとこ見た12話・・・ギャボー!!!こんなに乙女座&ロックオン祭りだったなんてーーー!!!皆さんと一緒に盛り上がりたかったですわー!!!グラハムだけがどんどんキャラ立ちしていくー!!!「教義のはてに」アザディスタンではマリ...
 
 
 
刹那じゃない!ガンダムだッ! (Ondul Blog ver.2.07)
機動戦士ガンダム00 #12 『教義の果てに』感想とりあえず、黒田氏がグラハム様を使って遊びたくてしょうがないというのはよく分かりましたwwwww いやしかし、今回はいっそ清々しいほど眼鏡っ子と二重人格たんの出番が一切ナシでしたねwww ※以下、ネタバレ感想 ...