ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

きみに読む物語

2005-09-17 | 映画 か行
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

いや~、良い映画でした。
大まかな内容を知っていたので、多分泣くだろうなぁ~と思ってはいたのですが・・・やっぱり泣きました。
青春モノ・恋愛モノとしては在り来たりながらも、人間ドラマとしてかなり秀逸だったと思います。

若さにまかせ、周囲が見えなくなるよーな青臭い恋から全てが始まりやがて無償の・・本物の愛に・・・
”今”に至るまでの描写は少ないながらも、二人がどんな人生を歩んだのかは十分に伝わり、それが余計に”今”を切なく哀しいものにしていました。

が・・・ちょっとだけツッコミ。

観てる側にバラすの、早すぎでしょ。
「もしかして・・」とか「多分・・・」と思わせる布石を打ちつつ、もっとハイライトとして明かしてくれれば感動もさらに大きくなったと思うのですが・・・
「やっぱり・・」ってのがちょっと早すぎてもったいない気がしました。

それと・・・

最後は綺麗すぎですよね。
ちょっとリアリティがなさすぎて、ジ~~ンとは来たけど「大感動で号泣!」ってとこまでイケなかったです。
ただぁ・・・
”一人だけ”だと、きっともの凄く泣けるとは思うけど、モヤモヤ~っと悲しみだけが大きく残っちゃうしなぁ~とか。
そーゆーの嫌だしなぁ・・とも思うので、アレはアレで良かったんでしょう。
二人の愛に不可能はないしね。

主演のライアン・ゴズリング、凄く良かったです。
特に髭が生えてから(?)が抜群。
アリーを見つめる目が、本当に優しく包み込むよーな目でノアが如何にアリーを愛しているのかが、凄く伝わりました。
ジェームズ・ガーナーも良かったですね。
深い愛を持ったすごく普通のおじいちゃん・・・名演でした。
てか、ストーリーもそーだけど、この人に泣かされたって言っても言いすぎじゃないです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キングダム・オブ・ヘブン | トップ | シルヴィア »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンタン)
2005-10-25 00:46:59
ばらすタイミング微妙でしたね。

私はもしかしてこの2人結婚してなかったりして・・・とか思ってましたから。



あのぉ、いつも疑問に思うのですが、

悪女とかエターナルとか、どう考えても

レンタル前と思うのですが???

どうやって見てるのでしょうか?

気になって眠れません。

コメント有難うございます。 (Aki.)
2005-10-25 03:43:32
微妙ですよね~。

最後の最後まで引っ張って欲しかったです。



あぁ~確かにレンタル前ですねw

タンタンさまを不眠症にするわけにもいかないので種明かし(そんな大層なものじゃないけど)しますと、ワタクシ殆どの作品をサンプル版で見てるんです。

大体レンタルの2ヶ月前に見れるんですよ~。

タダだしw

最近だと『ポーラー・エクスプレス』とか『マダガスカル』を観ました。

これで眠れますねw



ではでは、これからも宜しくお願いします。
TBありがとうございました (wakana)
2005-10-25 20:04:14
またまたありがとうございました。

私は結末がわかっていながらもドキドキしながら大号泣でした。

でも泣いたのはラスト手前で、最後はなんとなくほっとしました。
こちらこそ (Aki.)
2005-10-26 03:30:51
またまたコメント有難うございます。

丁度、wakanaさまのブログを覗かせて頂いたらこの作品の記事があったのでTBさせて頂きました。



泣けますよね~。

ネタを知ってたのに泣くなんて思いませんでしたよ。

ワタクシも最後は綺麗すぎるのと究極に理想的なので泣きはしなかったけど、その前は同じくグッと来ました。



ではでは、これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
きみに読む物語 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「きみに読む物語」の感想です
きみに読む物語 (2004) THE NOTEBOOK 123分 (極私的映画論+α)
とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライ
きみに読む物語 (ネタバレ映画館)
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけが
『きみに読む物語』(byえいwithフォーン) (ラムの大通り)
------アルツハイマーの夫婦の映画って 『アイリス』があったよね。 「そうだね。でもあの映画に比べてこれは いかにもハリウッド的。 一番の違いは『アイリス』では妻が徐々に正気を失っていく課程を 描いていたのに対して、 この映画ではそれを省き、 かつて、どこかで観た
「きみに読む物語」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読む物語
『きみに読む物語』 (京の昼寝~♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
きみに読む物語・The Notebook (CinemaCoconut)
永遠の愛の物語・・幻想ではない。誰にでも起きるというわけではないけれど・・起きるであろうと信じたくなる物が存在する。。
★「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
「きみに読む物語」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今年はなかなかこれぞお勧め!という作品がなかったのですが、 やっと面白いと思えたのがこの映画「きみに読む物語」。 過去の思い出を失ってしまった初老の女性(ジーナローランズ)に 若い男女の恋愛物語を読み聞かせるデュークと名乗る男性(ジェームズガーナー)。 彼.
きみに読む物語 (I LOVE CINEMA +)
きみに読む物語 ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 2004年 アメリカ 123分 監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローランズ 、ジェームズ・ガーナー 真っ赤な夕焼けに包まれ、ボートが河を滑っていく
きみに読む物語 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ 昔の観覧車は座席むき出し  今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでし
「きみに読む物語」 (cinema diary+)
美しい水辺に建つ高齢者の療養施設。過去の思い出を失った老女のもとをノートを携え訪れ、恋の物語を読み聞かせる老人。老人が語るのは、40年代の南部の田舎町で出会った富豪の令嬢アリーと製材所で働く青年ノアの恋の物語。 展開は読めます。 でも、最後まで引っ張ら
きみに読む物語 (befounddead)
THE NOTEBOOK (2004年アメリカ) 2005/7/29@早稲田松竹 そんな予感はしてたんですが、案の定不覚にも泣いてしまいました。なんだかんだいって、この手の映画にうっかり泣かされてしまうこと多いです。あらすじはこことかからどうぞ。 「こんな都合いいことあるか
きみに読む物語 (cinema note+)
20
きみに読む物語 (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
きみに読む物語 スタンダード・エディションライアン・ゴズリング ニコラス・スパークス ニック・カサヴェテス ハピネット・ピクチャーズ 2005-09-23売り上げランキング : 70Amazonで詳しく見る by G-Tools ★ストーリー★ とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女.
きみに読む物語 (おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評)
きみに読む物語 スタンダード・エディション きみに読む物語 プレミアム・エディション おすすめ度:★★★★  この映画、非常にドラマチックなラブストーリーである。まさに映画ならではの古きよき時代のラブロマンスを彷彿とさせてくれる。純愛なのだけれど、単.
【洋画】きみに読む物語 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4演出3/脚本3/撮影3/音響2/音楽3/配役4/魅力3/テンポ2/合計27) 『評論』 教養も富もある富
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...
きみに読む物語/The Notebook(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[きみに読む物語] ブログ村キーワード君に読む物語(原題:The Notebook)キャッチコピー:誰にでも、帰りたい夏がある。製作年:2004年製作国(アメリカ)配給:ギャガジャンル:ロマンス/ド...