ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

ホワイト・ライズ

2005-08-25 | 映画 は行
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

ぶっちゃけ、この手の時間軸を行ったり来たりする映画が苦手だったりします。
だんだん何の事か分からなくなって、終いにはどーでも良くなっちゃうから。

でも!

この作品はかなり入り込んで観れたかも。
確かに途中何回か「何のこっちゃ?」な状態に落ちかけたりもしましたが、少しずつほころびが見えて来て、次第に色々と分かっていく様が丁度良いタイミングだったので。
「ヒッチコックのような緻密さ」ってジャケに書いてあったけど、そこまで行くか分からないけど、緻密なのは間違いないです。
下手すると単にストーカー合戦になりかねないよーなストーリー展開をギリギリのところで上手くまとめてますから。

主演のジョシュ・ハートネットはこの役にぴったりでした。
何となく頼りないと言うか・・・
決して強そう(内面的にね)には見えないと言うか・・・
そんなジョシュのイメージと役どころがハマっていたと思います。
共演のローズ・バーンも中々の熱演でした。
何か居そうだもん。あんな感じの人。
てか、この人、こーゆー事しそーだぁって思えちゃったし。
『トロイ』の時よりも全然良かったです。
で、その『トロイ』でローズと一緒だったもう一人の助演女優のダイアン・クルーガーは・・・綺麗でした。
ジョシュ(てか、マシューか)みたいなタイプならこーゆー女性に惹かれそうだなぁ~って説得力がありました。(単に自分の好みだと言う説も・・・)

後半で色々な事が判明し、迎えたラストシーン・・・最高です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F1トルコGP | トップ | エイリアンvs.プレデター »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ミチ)
2005-08-25 15:06:44
TBありがとうございました。

ジョシュはこの役にピッタリでしたよね!

女の私から見てもダイアンは綺麗で好みです~(笑)
こちらこそ (Aki.)
2005-08-26 04:51:31
コメント有難うございます。

はい、ピッタリでした!

繊細さとかナイーブな感じは若手の中ではピカイチかもです。

ジョシュ(マシュー)以上にダイアン惹かれてたのはワタクシです。(笑)
こんにちは。 (mig)
2005-09-08 22:31:56
何度かおじゃまさせてもらってます★

ワタシと点数が同じでした

この映画すきです。

ジョシュの、カッコイイんだけど優柔で、頼りないかんじもハマってましたね。
こんにちは! (Aki.)
2005-09-09 03:48:41
何度でもいらして下さい♪



点数同じですか?

おぉ~、嬉しいです!

思いっきり独断と偏見の主観だけで点数をつけてるので・・・

ジョシュはほんとにハマり役でしたね!嘘をつく時とか絶妙なんですよね~。

もしかして素だったり?
ありえません (みんみん)
2006-11-12 23:18:18
主役の2人がとってもnice lookingだけど、考えれば考えるほど、無理な話。彼らは携帯電話持って無かったんですかね。大事な話を手紙に書いて友達に渡すなんてこの映画を作った人は、女の気持ち事分かってない。だって女の人はまず誰もそんな事やんないでしょ。そんでもって彼も2年間付き合ってた婚約者をあっさり振っちゃって、それだってあり得ないじゃないですか。2年間も付き合ってるカップルですよ。あり得ないでしょ。リアリティーをアメリカ映画に求めちゃ駄目だってことですね。
こんばんは~♪ (Aki.)
2006-11-13 04:08:55
コメント有難う御座います♪
どーやらみんみんさまはダメだったみたいですね^^
ワタクシ、既に細かい事は忘れてて・・・(^^ゞ
でまぁよく覚えてないんですけど、手紙を託したのって何か理由がありませんでしたっけ?
2年という期間が彼らにとってどれだけ重いかも全然覚えてないのですが、一般論で言えば5年10年付き合ったカップルだってン10年連れ添った夫婦だって別れる時は分かれますよ^^;
だから、そこからリアリティがないとは言い切れないでしょうね^^
ま、アメリカ映画に限らず、創作物なのでどこまでリアリティを求めるかは難しいところですよね。
個人レベルでそれぞれにボーダーラインがあって、それを下回ると気持ちが萎えるのは間違いないですよね(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
お返事ありがとうございます (みんみん)
2006-11-13 21:22:58
Akiさん、お返事ありがとうございました!
彼女が女友達に手紙を託したのは、あと2時間後に旅立たなければならなかったって事でした。だからって手紙を友達に託すって・・・。普通に考えたら自分で電話して、通じなかったらまた電話、直接話せるまでって思うんです。
Akiさん!私も主人公の2人がとても素敵だから、最初はとってもドキドキ、ワクワクしながら見たと声を大にして言いたい(笑)。ところがよーく考えたら、無理な設定。でも2人が美形だから許しましょうか。(笑)
こちらこそ~♪ (Aki.)
2006-11-14 05:18:27
またまたお越し頂きまして有難う御座います♪
なるほど~!
そー言えばそんな流れがあったのを思い出しました(^^ゞ
てか、ここまで覚えてないところみると、どーやらワタクシ何も考えずにのほほ~~んと観てた可能性が・・・w
ご都合主義な設定を見逃してたんでしょうね(^^ゞ
ツッコミ属性なのに!
まぁ、「美人出てれば全て良し!」なんて格言(ワタクシ限定w)がありますし、楽しめたのでオッケーでしょう^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
あけましておめでとうございます! (アイマック)
2007-01-03 22:58:02
Akiさん、昨年はお世話になりました。

>下手すると単にストーカー合戦になりかねないよーなストーリー展開をギリギリのところで上手くまとめてますから。

サイコものになってもおかしくないのに、
純愛ものとして成り立ってましたよね。
辛い役柄のローズ・バーンがうまかった!
ジョシュの新しい彼女が気の毒でした。^^;

ジョシュ・ハートネットは、はまり役でしたよね。

今年もどうぞよろしくお願いします♪

こちらこそ~♪ (Aki.)
2007-01-04 05:42:43
昨年中は大変お世話になりましたm(__)m

ですよね~!
ドロドロのグチャグチャでやり過ぎてドン引きしそーなギリギリのところを上手く止まって純愛モノにしてましたよね^^
ローズ・バーンは本当に上手かったです!
てか、凄く居そうな感じが怖かったです(^^ゞ
ジョシュもハマってましたし、ダイアンは綺麗だったしでワタクシ的にも中々満足な作品でした^^

ではでは~、本年もよろしくお願いしますm(__)m
こんばんは~☆ (とらねこ)
2007-07-03 23:45:39
Akiさん、こんばんは~♪
TBさせていただきました。
私も、Aki.さんと同じく、とっても好きでした、この作品。
>次第に色々と分かっていく様が丁度良いタイミングだったので
本当ですよね~^^前半、本当どうしようか、と思いましたが、見事に裏切ってくれて良作でしたよね。
やっぱりこの女のしたこと、許せなかったです。
でもね、すごく好きな人を手に入れるために、何とか近づこうとする気持ちは分かります。
いいじゃんね、ヤレただけでも・・・☆(←古いところだから、安心して問題発言♪)
TB&コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2007-07-04 04:32:18
とらねこさま、こんばんは~♪
おぉ~!気に入られたみたいですね、この作品^^
うんうん!序盤は結構やらかしたかなぁ~って気がしましたね~(^^ゞ
が、「無理・・・」って思う前に話が動いて、しかも「そーなんだ!?」なんて思わされるので気が付いたら惹き込まれてる感じでしたね!
っと、許せないのはローズ・バーンですよね?
彼女は怖かったです><
ダイアン・クルーガーは綺麗だったので何があってもワタクシは許せますw
てか、コメはトップに表示されてしまうのでちょっと油断してますよ~www
ま、ワタクシ自身が普段から問題発言だらけなので全然オッケーですけどね(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
銀座で映画を観る◆『ホワイト・ライズ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月7日(金)晴れ / 『ホワイト・ライズ』(シネスイッチ銀座) 午後から会社の休暇を取って、今日から4日間、千葉の妹のところに遊びに行く。 例によって、名古屋から東京まで、新幹線のこだま号で3時間の旅だ。二人掛けの窓側の席の特権は、静岡を通過中に富士山が見.
映画「ホワイト・ライズ」 (ミチの雑記帳)
映画「ホワイト・ライズ」 ★★★★☆ 情報収集せずに観に行ったこの映画、なかなか面白かったです。 マシュー(ジョシュ・ハートネット)は仕事も恋も順調だったが、ある日レストランで2年前に突然彼の前から消えた恋人リサの声を耳にする。 その痕跡を追い求めてようや
ホワイト・ライズ (ネタバレ映画館)
 これはプロット一発勝負の映画だけど・・・お、面白い。  この映画は1996年製作のヨーロッパ映画『アパートメント』のリメイクでして、『ホワイトライズ』というタイトルから想像できるように、「純粋な嘘、罪の意識のない嘘」がテーマなのです。こうなったら、騙されて
『ホワイト・ライズ』 (【Ally Love Site】Blog)
『ホワイト・ライズ』WICKER PARK 2004/12/11公開 <IMG SRC=\\\"/v2_writers/non_cha/image/wicker-park.jpg\\\" border=0 al
ホワイト・ライズ (★Mooooovie★)
ストーリー 降り積もる雪を溶かすほどの情熱と愛、幻想的なシカゴの雪景色を背景に、美しくも切ない愛を描いた作品。「ホワイト・ライズ」は真実の愛を求めるひとりの男と愛を貫こうとするふたりの女性のラブストーリー。 婚約者と共にレストランにいたマシューは、か...
『ホワイト・ライズ』 (京の昼寝~♪)
■監督 ポール・マクギガン ■キャスト ジョシュ・ハートネット、ローズ・バーン、ダイアン・クルーガー、マシュー・リラード  “冬のシカゴを舞台に1人の男と2人の女が繰り広げる切ないラブ・ストーリー” 広告業界で成功を収めたエリート、マシュー(ジョシュ・ハート
「ホワイト・ライズ」 (妄想☆進化論)
ジョシュが出てるというだけで…何の予備知識もナッシングで観たら…何気に面白かったわ~☆ 完全にサスペンスだと思い込んでたんだけど、実は普通の恋愛物語で!(どこが普通?)その裏切られ具合にもノックダウン。(っていうか。自分の思い込みのせいだけど。) だ...
映画: ホワイト・ライズ (Pocket Warmer)
邦題:ホワイト・ライズ 原題:Wicker Park 監督:ポール・マクギガン
ホワイト・ライズ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
ジョシュ月間第3作目。今年初のレビューにして、今年初の映画館鑑賞!入場するときに
映画『ホワイト・ライズ』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『ホワイト・ライズ』公式サイト『ホワイト・ライズ』を上映している映画館は? 『ホワイト・ライズ』は白銀の冬景色のシカゴを舞台に繰り広げられるミステリアスなラブストーリー。『パール・ハーバー』のジョシュ・ハートネット、『トロイ』出演のダイアン・クルーガーや
ホワイト・ライズ (1ペェジの駄文)
●でも…やっぱりウソはいかんねぇ。{/fuki_cool/}{/fuki_osusume/} <監督> ポール・マクギガン <出演> マシュー:ジョシュ・ハートネット リサ:ダイアン・クルーガー アレックス:ローズ・バーン <オマケ> トロイ女優陣のナイショ話 <ストーリー> 若きエリート
ホワイト・ライズ / WICKER PARK (我想一個人映画美的女人blog)
去年秋の、東京国際映画祭出品作品で見逃した作品。 ジョシュハートネット、けっこう昔から好きなんだよね{/heratss_blue/} ジャンルはサスペンスでも単なるラブストーリーでもなく、ラブミステリー。 元は1996年の『アパートメント』というアパートが舞台のヨーロッパ映画
映画感想:『ホワイトライズ』 (徒然三十路日記♪)
幻想的なシカゴの雪景色を背景に、身も心も運命の人に捧げたいと願う男女三人のひたむきな思いが交錯したことをきっかけに、縺れ合う数奇な運命を丹念に描き出した大人の純愛ストーリ
ホワイト・ライズ (いつか深夜特急に乗って)
「ホワイト・ライズ」★★★★★(盛岡フォーラム3) 2004
ホワイト・ライズ (Rohi-ta_site.com)
DVDで、出演:ジョシュ・ハートネット/ダイアン・クルーガー/ローズ・バーン/マシュー・リラード/ クリストファー・カズンズ/ジェシカ・パレ/ヴラスタ・ヴラナ/オリジナル脚本:ジル・ミモーニ/脚本:ブランドン・ボイス/監督:ポール・マクギガン/作品『ホワ ...
『ホワイト・ライズ』 (**Sweet Days**)
ホワイト・ライズ CAST:ジョシュ・ハートネット、ダイアン・クルーガー 他 婚約者の兄の会社に勤めるマシュー(ジョシュ・ハートネット)は、仕事で訪れていたレストランで2年前に突然姿を消した恋人、リサ(ダイアン・クルーガー)を見かける。リサ ...
ホワイト・ライズ (小部屋日記)
WICKER PARK(2004/アメリカ) 【DVD】 監督:ポール・マクギガン 出演:ジョシュ・ハートネット/ローズ・バーン/マシュー・リラード/ダイアン・クルーガー 愛の迷宮に入り込む、 恋人たちの物語 ●ストーリー● 結婚を控えた若きビジネスマン、マシュー( ...
#95.ホワイト・ライズ (レザボアCATs)
切ない恋愛物語でありながら、非常によく出来た、サスペンスタッチの脚本が素晴らしく好み。正直言って、全く期待してなかったので、見て良かった!と思った。日本では'05年に公開の、ポール・マクギガン監督作品(『ラッキーナンバー7』)。
ホワイト・ライズ  (Yuhiの読書日記+α)
冬のシカゴを舞台に、真実の愛を求める男性と彼を愛する女性2人の切ないドラマが展開する。監督はポール・マクギガン、キャストはジョシュ・ハートネット、ダイアン・クルーガー、ローズ・バーン他。 <あらすじ> 結婚を控えた若きビジネスマン、マシュー(ジョシュ・ハ...