ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

インビクタス/負けざる者たち

2010-05-27 | 映画 あ行
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

傑作・秀作を連発し、今やすっかり名監督の仲間入りを果たしたクリント・イーストウッドの最新作で御座います。
ワタクシ的にもイーストウッド作品は常に満足度高めなので今回もかなり期待して観させて頂きました。

が・・・

う~ん、微妙。

まぁ、そこそこには面白かったんですけどね~。
取り敢えず、冗長。
イーストウッドにしては珍しく、無駄が多かったかなぁ~と。
政治ドラマでいくのか、スポ根でいくのか、どっちつかずになっちゃってて、結局どの方向でももの足りないことに・・・
まぁ、当時の南アの政治情勢も、ラグビーW杯のミラクルも描きたかったんでしょうけど、こーなっちゃうんだったら、きっちり絞った方が良かったですよね。
どちらかをメイン、どちらかを背景にしちゃえば、もちっとビシッとした感じに・・・
てか、確か脚本が完成した後での監督就任(モーガン談)だったんですよね。
だから、イーストウッドらしさが足りなかったのかなぁ~とか思ったり。
あれだけ人間描写に長けてる人にしては、大分ヌルいですしね~、あちこちで。

主演はモーガン・フリーマン。
ま、相変わらずってとこでしょうか。
言うまでもなく上手な役者さんなのですが、多少、モーガンはどこまで行ってもモーガンだったりしなくもないので・・・
まぁ、上手だし存在感もあるのでケチをつけよーとも思いませんけどね。
で、凄く良かったのが共演のマット・デイモン。
かつては「少し男前のジミー大西」(暴言)にしか見えなかった彼も、役作り・演技力とも上達しまくって、随分良い役者さんになりましたよね~。(上から目線)
今回も本当に良くて、更にワタクシ的評価UPとなりました。
とか言って、実は少し前に観た『インフォーマント!』が色々と酷かったので、ワタクシのマット・デイモン株は大暴落してたんですけどね。
ま、汚名回復・名誉挽回で御座います。

てわけで、せっかく凄いお話なのに熱さもなく感動も薄い作品だったってのが正直なところ。
まぁでも、イーストウッドは今後も監督を続けるよーなので、次回作やそれ以降に期待しましょうかね。
ほんと、楽しみですよ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュリー&ジュリア | トップ | DREAM.14 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-09 03:40:47
おじゃまします。

>取り敢えず、冗長。
>イーストウッドにしては珍しく、無駄が多かったかなぁ~と。

あ~、同感です。実は後半途中で寝ちゃう部分もあったりして(単に私が疲れていたのかも知れませんが)

イーストウッドとしては、いつの何かとは違うものを訴えようとした映画なのかもしれませんが・・・ヤッパリいつもの感じを期待しちゃう訳で…ねぇ。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2010-10-09 14:45:33
こんにちは~♪
う~ん、いつものイーストウッドとは違いましたよね~、この作品^^;
全体的な演出も人物・心理描写もいつものキレがなかったよーな気がします。
イーストウッド的にもこの出来事自体があまりにもドラマチックすぎて映画としての掘り下げが浅く・甘くなっちゃったんですかねぇ~、なんて(^^ゞ
まぁ、次回作に期待します^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画...
インビクタス/負けざる者たち (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャスト...
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
娯楽作品と言う程にはくだけていないものの、社会派ドラマの割にはユーモアもあり、手に汗握るスポ根ものとしても見ごたえあり。 鑑賞後がさわやかなお薦め作品である。
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...