AKI-FIELD

旅・鉄道・散歩など、大好きなものを語ります

前川氏の保身には、あきれる

2017-07-11 | 時事
前川元文部科学次官の国会での答弁(参考人招致)。

受け答えの口調だけきいていると、まともな人のように思えるのだが、
その内容は、疑問符だらけだった。

中でも呆れ返ったのは、「内部告発でもすればよかったのかもしれませんが」という部分。

はあ?

事務次官といえば、事務方のトップ。その上は大臣だけ、という地位だ。

これは良くない、これはひどい、と思うことがあったなら、直で大臣にモノ申せる立場ではないのか。

大臣まで通さなくても、彼の一存で何か改善したり、当事者を叱責したり、が、出来るのではないだろうか。

にもかかわらず、彼は口をつぐんでいたわけだ。
多分、何か言って反発されるよりは、黙っていよう、という保身である。

そして、お腹の中では、「いつか内部告発してやろか」と思っていた、ということになる。

こういうのが官僚のトップにいるんじゃ、何にも変えることなんてできないだろうねえ。

獣医師会からの突き上げが怖くて(または、獣医師会に借りがあるので)、規制を解くことはできない。
いや、積極的に、獣医師会の意向を忖度して、何も動かさない。動かさないための権力は使う。

そして、地位を降りたら、次官時代にお世話になった方々に、恩返し。
朝日新聞と結託して、規制を解こうとする官邸サイドをハメて、国会を空転させる。

恐るべき「当事者意識」の欠如。
政治をストップさせるために官僚になったような人物だ。(ミサイル飛んでるのに)

その気になったら、いろんなことができる権力を持っていたと思うけど。
その権力は、天下りのためにだけ使ったのだろう。

こういう人が、事務次官。官僚不信になってしまう。



例えば官邸の強いご意向で加計学園の獣医学部が四国にできたとして、私は何か困ることがあるだろうか。
いや、まったく思い当たらないのである。

しかし、前川氏のような人が文部科学省の事務次官であるなら、私にも実害がないとも限らない。
長い目でみれば、日本の子供たちの教育に関わるからである。

何か、変なお店で、変なこともしていたのだって?

それは論外。でも、トータルで考えたら、危険なのは加計ではなく、前川氏の方だと私は断言する。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンデーモーニングは、自民... | トップ | 民進党よ、相手を落とせは自... »

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事