スマイルパワー♡イ・ビョンホンさん はるみのHappy days

イ・ビョンホンさんのファンです。
ささやかな日常を綴ります。

イ・ビョンホンのライバルはイ・ビョンホン!!

2016-10-08 22:02:36 | イ・ビョンホン
ビョンホンさんは「2016アジア・スター・アワード」の俳優賞も受賞したから、下の記事に加えて7冠ということなのですね
本当に今年に入ってから「おめでとう」「おめでとうビョンホンさん」って、アカデミー賞のプレゼンターも含めて
「おめでとう」を何度も言ってます

そして~ビョンホンさんが受賞すると、それぞれの賞がとても価値をもって、もしかしら主催者さえも、こんなにいい賞なんだってあらためて誇りを持つような、
素晴らしい受賞の感想・感謝を述べるから、
もう、本当にトロフィーの輝きが増しますね

記事が本当にたくさんあってすごいですね
日本から駆け付けたファンの方のことを書いた記事にもほんわかした嬉しい気持ちになって
ビョンホンさんのお顔がファンミの時のような穏やかな表情にも見えて
賞だけではなく、釜山ありがとうっていう感じです


イ・ビョンホン、もう 6冠王。.青竜·大宗当たり前[21th BIFF①]

[OSEN=釜山、薄板席記者] 俳優イ・ビョンホンが 2016年にだけ 5冠王を果たした。 去る 3月アジアフィルムアワード(AFA) 主演男優賞を始まりに去る 7日開かれた夫日映画賞主演男優賞>まで受けた。 去年年末と今年を整理する年末に開かれる青竜映画祭と大宗賞から主演男優賞受賞まで有力に見える。
去る 7日開かれた第25回夫日映画賞の主人公はそれぞれ主演男優賞と主演女優賞を受賞したイ・ビョンホンとソン・イェジンであった。 これらとともに ‘ベテラン’が最優秀作品賞を受けたし ‘お嬢さん’は美術賞、新人狐上、夫日読者審査壇上まで 3冠王を果たした。

イ・ビョンホンの 5冠王行進は国内と国外を選り分けなかった。 イ・ビョンホンは去る 3月 17日(現地時間) マカオで開かれた第10回アジアンフィルムアワードで ‘インサイダー’で主演男優賞を受賞した。 そして去る 6月百想芸術大償映画部門最優秀演技賞にもう一度 ‘インサイダー’ 賞を受ける喜びを享受した。 去る 7月にはニューヨークリンカーンセンターで開かれたニューヨークアジアフィルムフェスティバルで前年度グァックブソングに引き続きスターアジアオウォズ賞を受けた。イ・ビョンホンは映画監督が授与するデ-レックトズカットオウォズから男演技賞で喜びを享受した。 イ・ビョンホンはデ-レックトズカットオウォズ受賞直後 “素朴で小さいけれどこの賞を受ける喜びが一番大きい”と “ハムに呼吸して一番身近にある監督が直接選ぶ上であるから価値あると思う”と喜びを現わしたりした。
引き続き去る 2日開かれた DMC フェスティバル 2016 アジア太平洋スターオウォズ(APAN)でグローバルスター上に 5冠王を完成した そして夫日映画賞まで 6冠王という大業を成した。


イ・ビョンホンの受賞行進はイ・ビョンホンの競争者はイ・ビョンホンしかいないと言うほどに独歩的である。 何より主演でも特別出演でも自分の分け前以上の演技を広げる。 イ・ビョンホンの受賞に何の異見がありにくい。

インサイダーで政治やくざ案上区で変身してスタイルはもちろん足つきまで完璧な変身をはかったからである。

一年を整理する年末授賞式に賞の重さ中心が傾くことは事実である。 しかし年末授賞式に先立ってもう 6冠王を受賞した。 しかしイ・ビョンホンの受賞行進はもう開始である。 /pps2014@osen.co.kr


  

(朝鮮日報日本語版) 今年の俳優賞にイ・ビョンホン=2016アジア・スター・アワード



第21回釜山国際映画祭(BIFF)の開幕二日目の7日午後、釜山市海雲台区の海雲台グランドホテルで「2016アジア・スター・アワード(ASIA STAR AWARDS)」の授賞式が行われた。

第21回釜山国際映画祭(BIFF)の開幕二日目の7日午後、釜山市海雲台区の海雲台グランドホテルで「2016アジア・スター・アワード(ASIA STAR AWARDS)」の授賞式が行われた。

同アワードの今年の俳優賞は『インサイダーズ/内部者たち』のイ・ビョンホン贈られた。ドラマ『解語花』や映画『ビューティー・インサイド』に出演したハン・ヒョジュはアジア・スター賞を手にした。イ・ビョンホンはこの日、先に開かれた釜日映画賞でも主演男優賞に輝き、今年釜山で一日に2つのトロフィーを受け取った。

新人監督賞にはシンガポールのブー・ユンファン(ブー・ジュンフェン)監督が決まった。ライジング・スター賞は今年の釜山国際映画祭開幕作『春夢』で主演した女優ハン・イェリとベトナムの俳優イサク・パムが受賞。特別功労賞は日本の俳優・渡辺謙に、特殊効果賞はクァク・テヨン監督に贈られた。


  



はるみ


<スマイルパワー イ・ビョンホンさん はるみのHappydays>

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「marie claire... | トップ | ビョンホンさん~素敵すぎる... »
最近の画像もっと見る

イ・ビョンホン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。