カエルすき?
世の中に“かえる好き”って結構いるみたいです。
カエルグッズの話で友達の輪が広がるかな?
 



昔はどこの庭にも咲いていて、よく見かけたダリアです。

TVで珍しいダリア園を見て、茨城県フラワーパークへ行ってきました。

 

 

はとバスを連ねてやってきていた江東区の老人会のみなさんが帰られたあと、

明日からはじまる「秋バラまつり」の準備が進む静かな園内を楽しみました。

筑波万博の時に造られたそうで、子どもが喜びそうな公園でした。

 

バラも一株ごとに名札がつけられていましたが、

ダリアには日本語名の名札が多くて、花と見比べながら面白いなぁと思いました。

たとえば「淡雪手まり」「湖畔の宿」「娘盛り」「球宴」・・・・

 

 

まんまるな「ボール咲き」の花がかわいいです。

 

 

「インカーブドカクタス咲き」とか「フォーマルデコラ咲き」とか

咲き方が特徴のようです。(花容は16種類に分けられるそうです。)

 

 

 

子どもが多い日には遠慮しなくてはいけない「スリル満点!大人気!」の『花のすべり台』

呼び込みに答えて乗せてもらいました。

 

 

駐車場入口にある地元の食材をふんだんに使った自然派レストラン「トレタ」

土日は開店前に行列ができるそうですが、

今日はゆっくりランチをいただけました。

 

 

メインの料理は写真を撮らずに食べてしまいましたが、

前菜のサラダとデザートのババロアが美味しかったです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに出会った南部鉄の「岩鋳」のカエルさんです。

懐かしい緑色に思わず連れ帰りましたが、

もしかしたら、持っている栓ぬきかなぁ~

 

 

プルトップがふえて栓ぬきの出番はもうほとんどないかしらねぇ~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最終戦の1試合前、西武プリンスドームで2016年のパシッフィックリーグ優勝を決めました

 

 

この日のためにとっておいた美酒で祝杯をあげました。

日本一まで駆け上がりましょう

これからビールかけの祝勝会がTVで中継されます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ソフトバンクファンの友だちとマリンスタジアムで観戦しました。

ソフトバンクの「勝ち」「負け」が直接日ハムの優勝に関連してくるのですが、

こうして最後まで優勝を争っている現場に立ち会いたくての観戦です。

消化試合ではない真剣な闘いを最後まで見られるのは、本当にラッキーですね。

 

 

春にたまたま頼まれて撮影したSちゃんたちとマーくんが出ているPVも

試合開始時に毎回見られて楽しみでした。

明日はいよいよ日本ハムの優勝が決まるかなぁ~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


M3  


パリーグのトップを争っている日本ハムですが、

今日の延長逆転勝ちで優勝までのマジックが になりました。

13時からのデーゲームでしたので、上天気の真昼間にTVの前に釘付けという

もったいない日曜日でした。

 

                                                                      webより

 

DHとしての大谷選手の大活躍で、全国の日ハムファンが大喜びの一日になりました。

それにしても、大谷くんは楽しそうに野球やってるなぁ~ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




可愛いオレンジ色の象さんのキャラクター「サトちゃん」は

コルゲンコーワのカエルさんと並んで薬屋さんで会うことができます。

夏バテ予防の漢方薬をもらっている薬局でオリンピックの選手姿の

サトちゃんとサトコちゃん(ピンクの象さん)を見かけました。

 

 

サトちゃんがあるなら・・・・とカエルさんがいないか聞いてみましたが、

ざんねんながら用意されていないとか

そう言えば、サトちゃんグッズの方が種類がいろいろあるかも・・・・です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




隅田川沿いに「カフェかな?」と思うオシャレなハワイの雰囲気のサイクルショップがありました。

お店の周囲を取り囲む極細の竹?と思ったら

先っぽについているのは「つくし?」

 

 

これが「とくさ」の花なんだそうです。

びっくりですね。

このサイクルショップでは、おしゃれなレンタサイクルも用意されていました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




イラストレーター「マット和子」さんが書かれたカエルさんがいっぱいの本です。

アメリカの方とご結婚してルイジアナで過ごした日々をイラストたっぷりに紹介しています。

何より登場人物はすべてカエルさん。顔つき表情もちょっとずつ違っています。

 

 

内容豊富なのですべてを読んだわけではありませんが、

春夏秋冬の出来事やそのときどきのレシピも詳しく書かれているので

一年かけて読み進めていきたいと思っています。

今見ているのはハロウィンのページ、パンプキン ブレッドやパイの作り方ものってます。

前から気になっていた本ですが、中古でやっと手元に取りよせました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




横浜高島屋で開かれている「ガレとドーム展」を見てきました。

本当はKi-Yan のカエルさんの大皿が飾られた「マイセン展」を見るつもりでしたが、

なんと昨日で終わっていました。

次は明日から日本橋で見られるのですけどね。

 

『貝に跨る蛙の大杯』と名付けられた作品

カエルさんが貝を背中に乗せた鯉をあやつっているという摩訶不思議な作品です。

 

 

webからお借りしたこの写真ではブルーの作品ですが、

会場で見られたのはきれいなピンク色でした。

照明の関係かしら?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




芭蕉記念館でGETしたTシャツです。

高飛び込みのようにとびこむイラストがかわいいですよね。

(ポストカードは飾られてはいないので、受付で聞くと出してくださいます。)

 

 

この句は「水の音」を聞いて下の句を思いつき

上の句をあとから考えたのだそうです。

江東区の草庵から「奥の細道」へと旅立っていったのだと思うと

芭蕉の存在そのものが身近になった気がします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ