明野西JFC監督日記

少年サッカーチーム「明野西JFC」の監督所感、活動予定/結果
(明野西JFCを愛し、応援する人々へ)

愚行

2017年04月29日 21時56分14秒 | Weblog
 今日4/29、J2大分-京都戦をチームで観戦しましたが、ボールボーイは、大分東明高校のサッカー部の選手たちが担当してくれていました。お疲れ様でした。
 ボールボーイは、あくまでもボランティアです。ピッチから出たボールは、選手が取りに行くのがサッカーの基本ですが、プロの試合ですから、プレーイングタイムを長くして、スムーズな試合運営を行うためにボールボーイを置いていると思います。

 さて本日、千葉(フクアリ)で開催されたJ2千葉‐徳島戦で、徳島の左SB馬渡和彰選手がボールボーイを小突いて一発退場となる事件が起きました。
 ユーチューブで映像が出ていますが、徳島から見て左サイド深く(相手陣内)で、相手GKがクリア、リスタートを早くしたい馬渡選手が、ボールをボールボーイに要求しましたが、ボールボーイがちょっと遅れてボールを手渡しました。それに怒った馬渡選手が、ボールを投げ返してボールボーイの身体に当て、ボールボーイの体を手で突いたものです。
 賛否ありますが、主審の判断は、正しかったと私は思います。
 サッカー少年の憧れのJリーガーが、この様な愚行をしては、いけませんね。ボールボーイは、千葉のジュニアユースの選手の様でしたが。
 更に悪いのが、徳島のサポーターの一部が、試合後、退場するボールボーイ達にペットボトルの水を掛けたとの続報でした。愚行ですね。
 徳島には、サポーターを特定し、厳正な処分を科すべきです。勝敗に一喜一憂するのは結構ですが、試合は、皆が楽しむ権利があるはずですし、観客も含めた全員でつくるものです。

 ちょっと残念だな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リーグ戦開幕 | トップ | U-10少年団リーグ第2節4/30... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事