あけもどろ

目を閉じれば、涙はこぼれない。
歩みを止めれば、傷つかない。
でも、目を開いて踏み出せば、新しい発見が待っています。

2016-9-18

2016年09月18日 10時51分51秒 | 日記
新しい門出となる日をいつにするか決めるとき、自分の好きな数字を選んだり、自身や身近な人の誕生日を選んだり、大安の日を選んだり、いろいろ考えると思います。

以前、このようなお客様がいらっしゃいました。
会社を設立するときは法務局に登記を申請するのですが、登記申請をした日が会社の成立日となります。もちろん、登記申請を取り下げたり却下されたりしなければですが。
そのお客様は、会社の設立日(登記申請日)にあえて仏滅の日を選択されました。

「最初から良い日を選んで、それ以上伸びなかったら嫌じゃないですか。ゼロからスタートして、少しずつ上がっていきたいんです。」

空気が爽やかでした。


相続手続‐遺言書
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-9-17-2 | トップ | 2016-9-18-2 »

あわせて読む