アナザースカイ エジプト

もうひとつの故郷のように感じるエジプト。たびたび訪れるエジプトのフォト旅行記をご覧下さい。

スペシャルな屋上テラス

2016年09月15日 | 旅行

 

帰国の朝・・・・・

何度経験しても、本当に嫌だ!この地から離れたくない。

それなら住めばいいのだが、日本での諸々のしがらみが捨てきれない。度胸がない。

それに比べて、在住の皆さんや娘は、いいとこどりの旅人の私とは違い すごいなと思う。

と、まあ自分が悪いのだが、ついつい不機嫌になる。

また、こうなった私を見た娘が「お茶しよう。」と準備したトレイを持って、部屋の外の階段を上り始めた。

「???」と思いながら、娘についていったほの暗い踊り場の扉の向こう、

この目に飛び込んできたのは、底抜けに明るい日差しとイシスブルー(勝手な色の命名)の空、そして名だたる三大ピラミッド。 

これぞ、エジプト!という愛してやまない光景だった。



                             

ぐずる私には、絶大な効果を発揮する娘の演出だった。

しばらく絶句。。。

なんてピラミッドは美しいのだろう。人間の努力の塊だからだろうか。

どうして、エジプトの空と日差しは心地よく、人に活力をくれるのだろうか。

まったく、なんて不思議で素敵な国なんだ!エジプトは。

 


                         

屋上テラスから見下ろすと、人々の生活模様が窺える。

立ち話する人、乗馬をする人。

飼い犬のように、つながれたラクダも発見。

このあたりに住んでいる人々にとって、ピラミッドも日常に溶け込んだ なんでもない風景のひとつなのだろうか。

 

          

 

風が心地いい。

私が去ったあとも、仕事に取り組む娘。

エジプトへ恩返しをしたいと言っていたが、ちょっとは役に立てているのかな。

                      


そして、この後、もうひとつのビックリが。

気になっていた扉がある。

入ってしまおう。

                            

 

            

 

扉を開けると

なんと、素敵なお部屋が出現!

 

                      

 間取りは、一階下の娘の部屋とほぼ同じ。

 

                                     

しかし、この部屋のすごいところは、部屋の窓からピラミッドの全貌を見ることが出来ること。

朝日に照らされたピラミッドで目覚め、音と光のショーで彩られたピラミッドで眠る。

ドラマ「家売るオンナ」の北川景子さん風に「お客様!このピラミッドの見える部屋、お借りになりますか?」と聞かれたら

諸手を挙げて「はい!!」と答えたい。

娘にどうしてこの部屋を借りなかったのか聞いてみた。

「外からハシゴをかければ上ってこられるし、扉のセキュリティも悪かったから。」

そうか、異国で生活するということは、夢物語ではいられないのだ。


                                    

  

空港へ向かう時間が迫ってきた。 

娘とピラミッドのお陰で、忘れられないひとときを過ごすことが出来た。

この目に贅沢すぎる絶景を焼き付けて、心のお土産として、、、しかたない、、、日本へ帰ろう。。。。

2013年春、エジプトの数々の思い出を抱きしめて。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沈む太陽を駱駝と見る | トップ | さよならエジプト また会う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。