アナザースカイ エジプト

もうひとつの故郷のように感じるエジプト。たびたび訪れるエジプトのフォト旅行記をご覧下さい。

JICAワールドレポート プロローグ

2016年10月15日 | 日記

 

               

 

エジプトと娘との縁は、以前 2010年12月31日 「エジプトとの出会い」

で書いたように些細な親子喧嘩から始まりました。

その後エジプトに魅了された娘は、アラビア語の勉強を始め、2年間働いて留学の資金を貯めたようでした。

2009年春、単身エジプトへ、が、2011年革命のため帰国。

翌年2012年、青年海外協力隊として、再びエジプトへ。

しかし、またしても2013年 政変のため退去命令で帰国。

同年切り替え派遣となりスーダンへ。2015年春、帰国となりました。

振り返れば、2009年から2015年まで、協力隊試験・訓練を除いては、ほぼ日本を留守にしていたことになります。


                               


エジプト隊員だった1年半の間、JICAのサイトに活動などのレポーターとしてブログを書かせて頂いていました。

任期が切れるとブログは削除されるとのことで、JICAからデーターが送られてきたこともあり、

エジプトの地で、どのような活動をし、なにを感じとっていたのかを、次回から13回にわたってここに留めさせて頂きます。


                      


夏に発行された「エジプト世界駅」10号では、エジプトを離れて久しい娘の募る想いを、載せて頂きました。

エジプトと娘との繋がり、友情は、きっと生涯にわたって続くものと想像できます。

親としては、情勢など心配したことは少なくありませんでしたが、生活面ではまったく心配はしていませんでした。

今ある娘は、エジプトの多くの友人に育てて頂いたと思っています。

そして、私自身も舞台の端っこから垣間見てきたエジプトは、今や生き甲斐となりました。

ワールドレポート次回からご覧頂けるとうれしいです。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよならエジプト また会う... | トップ | JICAワールドレポート 1.自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。