本能寺の変 「明智憲三郎的世界 天下布文!」

『本能寺の変 431年目の真実』著者の公式ブログです。
通説・俗説・虚説に惑わされない「真実」の世界を探究します。

本能寺の変、その「うんちく」間違ってます!

2017年01月25日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 本能寺の変について「うんちく」を傾ける人は実に多いですね。Yahoo知恵袋などにもいろいろ書き込まれています。でも、本能寺の変について世の中に広く知られていることはすべて史実ではありません。後世に書かれた軍記物という物語や現代の歴史小説が創作した作り話に過ぎません。
 本能寺の変についての間違った「うんちく」を傾けて恥をかく前に、この本を読んでおくことをお勧めします。 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』明智憲三郎著・文芸社
 ところで、あなたは次のようなことを語ったりしていませんよね? えっ、もう語ってしまった! でも、遅くはありません。正しい「うんちく」を傾け直してください。きっと、本当のことを聞かされた皆さんは驚くと思います。青色の行をクリックすると『「本能寺の変」は変だ!』の該当の章の抜粋がご覧いただけます。
・信長は光秀を苛め抜いた
・光秀は信長を怨んでいた
・光秀は天下が欲しかった
・信長のせいで母親が八上城で敵に処刑された。
・近江・丹波の領地を取り上げられた
・諏訪の法華寺で欄干に頭をぶつけられた
・朝倉義景の頭蓋骨で作った盃で酒を飲まされた。
・頭を叩かれて付け毛が落とされた
比叡山焼討に反対したので信長が怒った。
恵林寺焼討に反対したので信長が怒った。
金柑頭と呼ばれた。
・家康の接待の料理が腐っていて信長が怒った。
・家康の接待が立派過ぎると信長が怒った。
斉藤利三を元の主君へ返せと信長が怒った。
秀吉の援軍に行けと命令されてメンツが潰れた。
長曽我部との取次役を外されてメンツが潰れた。
・光秀は「敵は本能寺にあり」と言って出陣した。
前日の夜まで重臣たちにも謀反の決意を隠していた。
・信長は光秀の謀反と知ると「仕方ない!」と言った。
・信長が討たれたのは油断したからである。
・羽柴秀吉は光秀謀反を知ると中国大返しの神業で戻って光秀を討った。
・山崎の合戦は天王山の取り合いが勝負を分けた。
・光秀は小栗栖の竹やぶで百姓の鑓で刺殺された。
辞世「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」

・徳川家康は光秀討ちの出陣にもたもたしている間に秀吉に先を越された。
・光秀は鉄砲の名手で、その腕を買われて朝倉義景に仕えた。
・光秀は朝倉義景に仕えていて、上洛前に信長に仕えた
・光秀は明智城落城の際に逃れて朝倉義景に仕えた。
・明智左馬助光春 (正しくは明智弥平次秀満)
・森丸 (正しくは森乱丸)

 『「本能寺の変」は変だ!』の抜粋をこのブログに連載していますので、ご覧ください。第1回から各回へのリンクが貼られています。
 >>> 『「本能寺の変」は変だ!』抜粋の連載第1回へ
 >>> もはや本能寺の変に謎は存在しない!利休・秀次切腹事件にも!

--------------------------
 明智憲三郎著の第4作『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社2016年5月14日発売!!
 「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を、今一度洗濯いたし申し候」。40万部突破の『本能寺の変 431年目の真実』の著者、明智憲三郎がさらなる歴史捜査を通じて、より解り易く「本能寺の変」の真実を解説した歴史ドキュメント! 「ハゲだから謀反って変だ! 」「歴史の流れ無視って変だ! 」「信長の油断って変だ! 」等々、まだある驚愕の真実に迫る!

 本能寺の変研究の欠陥を暴き、「本当の歴史」を知る面白さを説く!
 「若い方々や歴史に興味のない方々に歴史を好きになってもらいたいと思って書きました」
 明智憲三郎

 >>> サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」対談YouTube動画はこちら

amazonランキングの戦国・安土桃山時代カテゴリーで『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社が『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫を抜いて1位になりました。(2016年8月)
 ご支持いただき大変ありがとうございます。


 
「本能寺の変」は変だ!

「本能寺の変」は変だ!著者:明智憲三郎価格:1,080円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る


「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業
amazonで詳細を見る
文芸社


【明智憲三郎著作一覧】
2016年5月発売
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社
 >>> 文芸社のページ
2015年7月発売
 『織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!』幻冬舎
 >>> 幻冬舎のページ
2013年12月発売
 『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫
 >>> 文芸社のページ
2009年3月発売
 『本能寺の変 四二七年目の真実』プレジデント社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『「本能寺の変」は変だ!』... | トップ | 『「本能寺の変」は変だ!』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通説・俗説・虚説を斬る!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。