本能寺の変 「明智憲三郎的世界 天下布文!」

『本能寺の変 431年目の真実』著者の公式ブログです。
通説・俗説・虚説に惑わされない「真実」の世界を探究します。

「本能寺の変」真実求め50年、定説への挑戦

2017年02月24日 | 通説・俗説・虚説を斬る!
 夕刊フジの「ぴいぷる」欄に【明智憲三郎】日本史最大のクーデター「本能寺の変」真実求め50年、定説への挑戦と題して記事が掲載され、インターネット・サイトのzakzakにも3ページにわたって転載されて読むことができます。
 記事の3ページ目の最後の部分のみ以下に紹介しますので、全文は原文をお読みください。

 末裔(まつえい)による渾身の歴史捜査をまとめた著書『本能寺の変 431年目の真実』(13年、文芸社文庫)は、歴史書としては異例の40万部を超えた。
 だが、世の中の定説の壁は厚い。
 「そこで、これから歴史を学ぼうという若い世代に真実の究明を引き継ぐことにして、昨年、『本能寺の変は変だ!』を書きました。第1話を『ハゲだから謀反って変だ!』にしたのも、興味を持ってもらえたらという思いからです」
 浅はかな逆臣と呼ばれる一方、智将として名を残す光秀。厳しい明智残党狩りを生き延び、つながった命は今も脈々と伝わる。
 ■あけち・けんざぶろう 歴史研究家。1947年5月8日、東京都出身。69歳。72年、慶応大学大学院工学科修士課程修了後、大手電機メーカー入社。情報システム分野の事業に携わるかたわら、本能寺の変を研究。2013年、著書『本能寺の変 431年目の真実』が大ヒットし、16年にコミック化。このほか『織田信長 四三三年目の真実』(幻冬舎)、『「本能寺の変」は変だ!』(文芸社)など。日本歴史学会会員、情報システム学会会員。


 >>> zakzak記事1ページ目
 >>> zakzak記事2ページ目
 >>> zakzak記事3ページ目

【関連リンク】
 >>> 本能寺の変、その「うんちく」間違ってます!
 >>> もはや本能寺の変に謎は存在しない!利休・秀次切腹事件にも!
--------------------------
 明智憲三郎著の第4作『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社
 「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を、今一度洗濯いたし申し候」。40万部突破の『本能寺の変 431年目の真実』の著者、明智憲三郎がさらなる歴史捜査を通じて、より解り易く「本能寺の変」の真実を解説した歴史ドキュメント! 「ハゲだから謀反って変だ! 」「歴史の流れ無視って変だ! 」「信長の油断って変だ! 」等々、まだある驚愕の真実に迫る!

 本能寺の変研究の欠陥を暴き、「本当の歴史」を知る面白さを説く!
 「若い方々や歴史に興味のない方々に歴史を好きになってもらいたいと思って書きました」
 明智憲三郎

 >>> サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」対談YouTube動画はこちら
「本能寺の変」は変だ!

「本能寺の変」は変だ!著者:明智憲三郎価格:1,080円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る


「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業
amazonで詳細を見る
文芸社


【明智憲三郎著作一覧】
2016年5月発売予定
 『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』文芸社
 >>> 文芸社のページ
2015年7月発売
 『織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!』幻冬舎
 >>> 幻冬舎のページ
2013年12月発売
 『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫
 >>> 文芸社のページ
2009年3月発売
 『本能寺の変 四二七年目の真実』プレジデント社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BS11「尾上松也の古地図... | トップ | 「桶狭間の戦い」の勝利は「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。