朱日和パンキッチン

パン作りの日記~パンの香りは幸せの香り

1.8斤角食

2013年05月27日 | 食パン
1.8斤ケースの角食パンです。
普段山型食パンに使っているケースで角食を作りました。




ホーローのお鍋にピッタリでした


粉温 24℃    食パン用粉 700g(2ケース分)
仕込み水温 18℃
捏ね上げ温度 28℃
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーロー鍋 ビンテージ

2013年05月26日 | その他
焼いたパンの指定席がなくて、ビニール袋に入れたパンがいつもテーブルの上にゴロゴロず~っと、いい容器はないかしら・・・と探していました。
昨日、お散歩がてら久しぶりに海まで歩いた途中の輸入雑貨屋さんで見つけました~
車だったら通り過ぎてしまうに違いないところ、歩いてよかった~
イギリスのホーロー鍋、ビンテージ物です。使い込んだ感じがいい味を出しています。お店の方の話によると、どうやら私と同じくらいの年月を経ているようです。
深い容器だと、いろいろな物を上から詰め込んでしまって、下の方に、忘れられた乾びたパンが・・・なんてことになってしまう恐れが・・・きっと私はそうなる!だから、身は浅めで、蓋が高いこのお鍋に一目惚れしてしまいました。
菓子パンはもちろん、背の高い食パンもバッチリ入りそうです
大きさのわりに軽いので、蓋の開け閉めもらくらくです。
私と同じ年代のお鍋・・・
私も味のあるビンテージ??


この記事をはてなブックマークに追加

パン・ヴィエノワ

2013年05月25日 | 食パン
ドイツで生まれた、フランス育ちのパンです。
フランスパン粉100%の食パンです。
クラムはドイツパンのように、もちもちふわふわで、トーストすると、クラストがフランスパンのようなバリバリした感じになります。
成型が、はさみでバチバチと・・・おもしろいです。

ドイツのウィーンがかつてヴィエノワとよばれていたそうです。




カットをちょっと間違えたっぽい・・・


粉温 20℃
仕込み水温 25℃
捏ね上げ温度 28℃

この記事をはてなブックマークに追加

キャロットブレッド

2013年05月20日 | 食パン
新人参の季節ですね~
人参をおろして捏ね合わせた、春のように軽やかな色のクラムのパンです
フードプロセッサーで粗めにおろして、人参の存在感を出してみました
はちみつのほんのり甘さを感じて、体に優しいパンです。

円筒型のメッシュ型は、仕上発酵の加減を失敗すると、焼き上がりが、きれいな円柱にならなかったり、また、膨らみすぎて生地がメッシュの目にめり込んで、型から抜けなくなったりするので、最後までドキドキです。
今回は、及第かな






粉温 21℃
仕込み水温 23℃
捏ね上げ温度 27℃
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

胚芽パン

2013年05月15日 | 食パン
じぇじぇじぇ
捏ね上げ温度は上手くいったのに、一次発酵中、他の事に気をとられ、すっかり忘れてしまって大幅に発酵オーバーしてしまった~
生地にさわったとたん、シューーっとしぼんでしまい、私の気持ちもシュー
気を取り直し、生地に喝をパンパンと入れて、ベンチタイムを飛び越し、成型、仕上発酵へ
意外とちゃんと上がってきてくれました。でもオーブンスプリングの勢いはなかったですね~
食感は、ふわふわはしていましたが、しっとり感には欠けていました。
一次発酵は命ですな







胚芽の香はいい香りです 栄養もたっぷり


胚芽  6%
粉温  22℃
仕込み水温 23℃
捏ね上げ温度 29℃
焼成 180℃―23分


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サインボード

2013年05月13日 | その他
朱日和パンキッチンのサインボードを作っちゃいました~
飾りパンはあまり作ったことがないので、配合がわからなかったのですが、食べるパンよりは固めがいいかなということと、文字の部分とボードの部分の色付きを変えたかったので下記の配合でチャレンジしてみました。
ボード(鉄板の大きさ) 
  フランスパン用粉 150g
  イースト  1g
  塩     2g
  砂糖    15g 砂糖とバターは色付きをよくするために
  バター   18g
  仕込み水  90g

文字  フランスパン用粉 100g
    イースト     1g
    塩        2g
    ショートニング  7g
    モルト     茶さじ1/8
    仕込み水     60g



ミニチュアのパンを貼り付けて完成です
色付きの差があまりはっきりしていなくて、ちょっとがっかり
でも、砂糖、バターの有無の違い加減の勉強にはなりました。
思い描いていたようにはできなかったけど、出来上がったものはかわいいものです


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

チーズとクランベリーのバトン

2013年05月06日 | バード系パン
今日は父の誕生日なので、先日父が絶賛してくれた、チーズとクランベリーのバトンをまた作ることにしました。
子どもや孫からのどんな頼まれ事や相談も、お茶の子さいさい!ですぐに解決してくれる頼もしい父です。感謝、感謝でいっぱいです
今までしてもらった恩を全部お返しすることは到底無理だけど、せめて父の好きなパンをいっぱ~い作ってお届けしたいと思っています
私のパンを食べて、いつまでも元気でいてねお父さん




粉温 20℃
仕込み水温 25℃
捏ね上げ温度 28℃
蒸気焼成 190℃―14分

前回は蒸気焼成し忘れたけれど、今回はバッチリ!バリバリに仕上がりました
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

プルマンブレッド(中型ケース)

2013年05月04日 | 食パン
ゴールデンウィークだというのに、体調を崩し寝込んでしまいました
何もできず、明日食べるパンがない~パンが食べたいよ~
だいぶよくなってきたので、手のかからない食パンを焼くことにしました。
パンを作っている間に復活しました
やっぱり健康が一番ですね

中型ケース2本分 700gの粉で作りました。
分割は今日は1本5分割にしてみたけれど、いつものように4分割の方が収まりがよく、焼きあがりもきれいみたい・・・
焼成30分でしたが、クラストはやや薄めだったので35分でよかったかも・・・




な・な・なんと
オーブンに入れる直前、ケースを落としてしまいました
十分に発酵していた生地が無残にしぼんでしまいました
こんなこと初めてです。やはり病み上がりのせい
焼いた結果がこれ 

これでもケースの中で結構頑張ってくれたみたいです
体調不調だとパンも不調です


粉温 18℃
仕込み水温 25℃
捏ね上げ温度 28℃
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加