朱の徒然

変形性股関節症の69歳

新年 三が日の過ごし方

2017年01月03日 | 日記

 年末になると、GIの家庭内独断場となります。

 私が、拭いていた室内からの窓ふきも、これではだめだと、GIが網戸も雨戸も含めて 丁寧な大掃除となります。

台所もすべて完璧に拭きあがります。台所が使えない間        私は

      お花を飾ったり

 

    2姉の葉ボタンと3姉のトクサで。

      門扉もGIが塗り替えましたので、美しく・・。門扉の内と外に門松のイメージで飾ってみました。

 

早めの年越しそばを二人で食べたら、残った仕事をGIが頑張ってる間、私はヒッソリと一人で、TVのお笑い番組を観ます。

 今年の、一押しは「ロッチ中岡」です。髪型と髪質の猫っ毛ぶりが私とそっくりの親近感。それに、「ロッチ」の相棒君もどちらも、すれてない!いつまでも普通の青年っぽさがgood!  パーッと団塊ジュニア集団が多数登場した一時期(我が息子、娘と同世代)を過ぎ、この年末年始に晴れてTVで漫才できる人たちの数の少なさよ・・・。「ロッチ」偉いよ!と、母心で見ています。 talkが出来なきゃねー、いじられっぱなしではねー。 でも、何回見ても、昨年からの中岡のおとぼけ試着室の後ろ姿ギャグ笑うよ!   今年も がんばれ!  息子と娘! ついでに中岡! あっれ? 誰の応援だったっけ?

 GIの仕事が終わった後、おせちの重箱詰め、お雑煮の下準備の間に、紅白?チラ見ね。

紅白で「パーフェクトヒューマン」が終わった直後に、6番目の孫ちゃん(3歳)がTVと一緒に「パーフェクトヒューマン」踊っている動画が息子夫婦よりLineで送られてきました。 上手、上手、ビックリ、ビックリ。ありがとう!GI&BA嬉しかったよ。とっても可愛いのね。

 で、除夜の鐘が鳴りだすと、今年は3年ぶりに、毎日のようにウォーキングしていた神社にお参り。そして、その近くのお寺でGIは、除夜の鐘を突きました。 帰ると、GIは、一年に一度だけの御燗につけた最高級のお酒を、おちょこで飲みます。 あてには、数の子と、煮豆と、がめ煮で、「おめでとうございます」と二人で挨拶して、作った料理の評価を厳かに受けます。一応二人だけの緊張感もありますよ。 まあ、これが 40数年続く夫婦の新年のいつものしきたりです。      そして、 新年雑煮の支度をして 寝ます。

 

 朝、また二人で恒例の正月しきたりのお神酒を酌み交わすことから 始まります。

お雑煮は、あごだしに ブリ、カシワ それに博多独特のかつお菜(今年のかつお菜はGIの1坪農園から・・)かまぼこ等・・。

 今年は、通販で15、700円の特大重箱おせちをお取り寄せ。

 ちと やり過ぎましたね。結局いつものように作ったんですから・・。でも、二人で美味しく平らげましたよ!

    写真には載ってませんが、「かみふらの工房」のロースハムが、今年のおせちの№1でした。

   

 新年二日目。やっぱりバス旅。

 響灘を望む絶景の「福徳稲荷神社」と、豊富なお守りの「琴崎八幡宮」。どちらの神社も私たちにとっては初めてでしたが、日本には、神社がこんなに根付いていて、無信仰でも神と語れて幸せだなあと思いました。 

 この日のヒット食品は、バス旅の土産に、無料で頂いた「仙崎のチーズころん」。バスの中で、食べるのに最適な大きさと旨さ。

 

   

 

そして、3日目の今日は、街に出て目指すは、お洒落で可愛い 傘立て。 玄関の中で、傘杖が映えるようにね。

 

 老いることで、脳が動脈硬化を起こしてくる。すると、ボケなくても性質が徐々に変わってくるという。昨年ぐらいから我ら同い年の夫婦は、お互いを そう感じ始めていて アブナイ危ない。 だからこそ、今年も二人で楽しい計画を立てて、色々な興味を魅かれるところに行こうね! GI、頼むよ!怒らないでね。 そのセリフは、俺のセリフや!って?  いや、そっくりお返しいたしますよ。まあまあー、二人っきりしか居ないんだからー。互いに委ねて信頼して まず妻の私が、従っていきまーす? はいはい。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウエストサイド物語」  ... | トップ | 愛娘からのプレゼント!  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。