朱の徒然

変形性股関節症の69歳

変形性股関節症術後3年・・・・外から見えない義足

2017年03月14日 | 日記

 変形性股関節症の術後3年になりました。

          菜の花の季節。

     太って股関節に負担をかけないように体重増に気を付け

     太腿の筋力をつけるようにストレッチし

     骨の質を良くするように食べ物をバランスよく摂り

     転倒しないように 飛び降りないように

     しゃがまないように 腰をひねらないように 走らないように

ああー、こんなにも努力して3年が経ちました。 

            なのに どうかした拍子に 手術した右足に違和感が!疲労感が!重だるい!

 尻や大腿部や付け根に不調が・・。 誰かの「手術したことなんか2年で忘れるよ」を思い出しては、泣きたくなる。 

 この違和感は、もしかしたら 摩耗?緩み?まさか脱臼ってことはない? (脱臼は、我慢できないほどの痛みだそうだけど)今のこれくらいの痛みは、手術前の あのナイフで刺されまくるほどの激痛ではないのだし・・と、微かな不安を打ち消す毎日。  「元のようになりますよ」の言葉を思い出すと 私の努力が足りないのだろうか?と 悲しくなってました。

 

 そんな時、NHKEテレで『神奈川リハビリテーション病院』の、杉山肇先生が「人工股関節は、外から見えない義足です」と言われました。 

 わー、納得 合点 ありがとうございます!   私は悩まなくって いいんですね。元のように歩けなくっても・・。いい意味で、所詮 義足さね!  義足だからこそ、歩けることに感謝しなくては。

 元のように自然に歩こうとするから、悲しみが襲うんですね。脳で動かす右足でいいんですね。(私の知らぬ間にGIが後ろから動画撮影。全く健常者の普通歩きに見えます)でも、それは外では常にモデル歩きを意識して歩いているからですよ。一般的に 歩行は無意識歩きでしょ?

             運動感覚、皮膚感覚、平衡感覚って 他人に説明できない個人的なものの最たるものですものね。

 他人には見えない義足で、患者のコンプレックスをも隠してくれるのね。ありがとう!医学の進歩と普及。

 手術してくださった先生はじめ、関わって下さった方、有り難うございました。

 勿論 GIや子供達 ありがとう! あれから 3年経ったのだよ。

  日常生活は元通り。それなのに内心の股関節愚痴を言うほど、普通に歩けてます。心配しないでね。少し位疼いても当たり前ということを、「外から見えない義足」と、はっきり杉山先生に告げられて、安心しました。時折の不具合は、今の自分なりの温熱療法(風呂)、運動療法(ポールで遊ぶ)で解決して いいのですね。

     

 

 今の自分の体と向き合う! TVで行われている股関節運動は、股関節の手術をしてない方々のもの。

 術後の人は、股関節を開くストレッチはしない。術後の人は、うつぶせからの上半身そらしはしない。など気を付けて!

 術後 私が読んだ本の中で、一番良かったのは「湘南鎌倉人工関節センター」の先生の本です。手術した人は、こんなストレッチしないで等と親切に書かれてました。生足と義足では、全く違うことを自分で判断しなくてはね。

 

 この春は、沢山お世話になった『のぞみ会』から卒業しました。患者会って 不安な時は有難いですよね。

 でも、未手術の方と術後の方が同じ運動は、やっぱり おかしいよ。

        自分だけが知る大切な自分の体。自分の股関節。考えながら一人で歩けることに感謝して、歩きまーす。

          

  カモの群れ  虫食べてるの?               孤高な白鷺。 一羽でいるから美しい?

 

   3月に 私の為に?河川道路 完成!嬉しいなあ。

   右に川 左に麦畑。車は通れない! 前歩き後ろ歩き 最高の散歩道。幸せよー。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行楽日和・・・佐賀城下 | トップ | 三月の読書会「ここは退屈迎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。