朱の徒然

変形性股関節症の69歳

映画「ボンジュール・アン」 素敵なフランス観光とアバンチュール。

2017年07月10日 | 日記

 天神で、所用あり。 雨は、時々・・。朝倉豪雨が、心に重くのしかかってましたが、帰りに気晴らし映画を観ました。観客の入りは、団塊世代で7割。

 

   アメリカ映画「ボンジュール・アン」。90分。

 

                   

      80歳のコッポラ夫人が、自分の過去の思い出を脚本・監督とのこと。

                素敵でしたあ!   オールロケの ロードムービー。

 カメラが趣味のアン。娘も巣立ち、夫は忙しく、自分は暇。(実際、アン役のダイアン・レインは可愛く美しく、でも年齢相応の憂いもある魅力的な自然体の53歳。一人娘は18歳とか・・)

 そこへ夫の仕事仲間のフランス男(60歳ぐらい)が現れて、至れり尽くせりの、カンヌからパリまでのドライブ観光。     

 美しい古城とワインとディナー。(日本とEUの経済連携協定で、この美味しいチーズが安くなるねと思ったり・・)

 映画研究所では、あのロイ・フラーが踊る姿が・・。(やっぱ、「ザ・ダンサー」観てて、知識があって良かったあと思ったり)

 織物博物館でのすばらしいペイズリー織。(ああー、刺繍したーい、家に帰ったら、すぐ糸出そうと刺激を受けました)

 セザンヌの好んだ山なみ、マネの「草上の昼食」。ルノアールの、あの「ブージヴァルのダンス」(ユトリロの母がモデルですってね)など、軽く画面や言葉に出しての、世界共通笑顔のウンチク旅。いいね、いいね。

 ボンジュール、デリシャスの、フランス男の心地よい もてなし。  最高のアバンチュールだったね!「私を酔わして、どうするの?」も、あれ、どっかで聞いたことが・・・。

 このフランスの田舎風景紹介映画の中に、日本が すごく出てきたのには、日本人皆びっくりだと思いますよ!

 まず、初っ端から「日本食は、海藻と魚ばかり」とデブの夫が言ったね。

 数独にフランス男が凝ってるって・・。これも、『数字は独身に限る』で、数独って言葉 日本発でしょ?

 一番すごかったのは、アンもフランス男も料理、音楽、美術と全てにおいて博識で話が合うんだけど、月見て『細い新月・・・白い月』とか詩のように言いながら、『これは俳句』っていう場面。エッ、二人とも、日本通? それとも今や日本学びは、世界的教養の一環? 驚いたね。

 そして、音楽。クラシックも今風バンド音楽もあり。 そして、そして あの 映画「愛しき人生のつくり方」で流されたフランスを代表するシャンソン『残されし恋は』が、ロマンチックに流れ 素晴らしく甘美だった!

    ラストが、また良かった!薔薇のチョコをかじりながら・・・。 あのアンの笑顔の粋なこと!

 女の50代は、まだまだ、若く魅力的!

    BAも同じようなアバンチュール 一人旅では あったね?   でも、節度は大事よね。アン。

                      素敵な 大人の好感が持てる映画でした!

 我が家のうんちくマンに「擬宝珠」を教えようとしたら、知ってたね。

 昔の橋の欄干の玉ねぎ型に似てるからって付けられた名前って・・・。 GIのゴーヤも今年は、遅いね。お日様照ってね。

 

 4姉からの数珠珊瑚。

  4姉のところでは、もう実がなってるって言ってたけど、我が家では、やっぱりお日様待ちよね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録的集中豪雨・・・朝倉・日田 | トップ | 小石原焼と小鹿田焼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。