朱の徒然

変形性股関節症の68歳

池田満寿夫・版画ビエンナーレ展

2016年10月13日 | 日記

 

 

                         

        版画ビエンナーレ展が、ひっそりと 開かれていました。

 ビエンナーレとは、隔年開催の美術展の事だそうで、もう10回目とのことですが、会場内は 私一人でした。

 この建物の初代館長の池田満寿夫(1934~1997 63歳で心不全での死去)は、版画家であり陶芸家でもあり、小説「エーゲ海で死す」で芥川賞受賞の マルチに活躍する 時代の寵児でした。

 その彼の作品も無料で鑑賞できるのに・・。 花一輪ない暗い館内は、静まりかえっていました。

 一人じっくり見ながら、版画の技法や表現て、たくさんあるんだなあと 初めて知りました。

 私が、気に入ったのは「さんぽ」吉浦綾。 白鳥の静かな姿が銅版画エッチングの凹版で描かれていました。

 また、「パンパスグラス」落合正治のシルクスクリーン孔版で描かれたもの・・が、分かり易かったけど、池田満寿夫大賞には どちらも選ばれていませんでした。 ど素人目には、版画らしいと思ったのですが・・。

  もしかしたら、今も池田満寿夫が存命なら 文化振興の拠点として、このホールや版画芸術は もっと栄えていたのでしょうか?

 3年ぶりに訪れた町も、人は多いのに なーんだか前よりも 雑然として活気がなく・・。地方の庶民の空気って より沈んでいってるような気がしますね。

  

       GIがとってきた烏瓜でリースを。

 

  GIが69歳になりました。孫たちから お手紙とお祝いが送られてきました。ゴディバチョコも・・。

   いつもありがとう!覚えていてくれるのが嬉しいんだよ!

  「GI,いくつになったの?」って・・。彼らにとっては、69歳って 思いもよらない年月なんでしょうね。

 BAの願いは、ただ一つ このままの暮らしが続きますように・・・・。今日は、GIは、JRのウォーキングに行ったね。BAは近くのスパで、久しぶりに岩盤浴➡入浴➡ビップルーム休憩➡入浴と、スパ・フルコースを半日楽しみました。

 それぞれの健康作り。  あわてて帰った夕飯は、メインにブリの漬け丼。青胡椒のみそ炒め(昨日から作っていたの)を、茄子と豚肉炒めのソースに。少し辛かったけど、季節もので美味しかったね。それに、イカのバター炒め。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 患者力って生き方だね。 パ... | トップ | 秋月・着て民祭&チャンバラ劇場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。