AKB48をめぐる妄想

AKB48にハマった私「カギ」が、好き勝手なことを述べるブログです。

何でもありのAKB…とは言うものの

2017-06-17 23:05:56 | Weblog
やっぱりそれはナイよ。

好きな人ができてしまいました、それはまだ良い。と言うか、許容ラインは人により違うだろうけれど、私の考えでは、まあ仕方がないよな、と思う。人として自然な感情で、いくらアイドルでも、心を殺せないことはある。
だけどそれ、現役のアイドルとして、ファンの皆さんのおかげで私はこうなりました、って堂々と言うことなのかな。ましてや、ファンが一生懸命に応援した総選挙の開票イベントで言うことなのかな。

これまでも、いろいろなメンバーが、異性との交際問題でファンの思いを傷つけて来た。でも少なくとも、それに関して、ごめんなさいという姿勢はあったと思うんだよね。
今回の結婚発表とやら、実際に見ておらず、TVで一部分を見ただけなんだけど、スクープされてスキャンダルになる前に、キレイゴトにして逃げ切ろうという風に見えてしまう。つまり、ファンのことは何一つ考えない自己保身じゃないの?と思えて仕方がない。

せめてその場では、皆さんにいただいたこの順位を抱いて卒業します、くらいにしておくべきだったんじゃないだろうか。
もちろんその後に報道が追いかけて来て、ツライことにはなるだろうけれど、アイドルという仕事をして来ながらその結論を選ぶ以上、ある程度は仕方のない、引き受けるべきことなんじゃないかと思う。

何でもありのAKBでっせ、と、歌詞では自虐的に言ってはいても、本当に大切なところはちゃんと踏まえているのがAKB48グループだった。少なくとも私はそう信じていたから、信じ続けて来られたから、AKB48グループを大好きで、これまで応援して来た。

私は当該の人を推してはいないので、特に今回の件で傷ついたというわけではないのだけれど、ただ、メンバーとファンの信頼関係を考える上で、今回の件、ちょっと違和感を覚えている。人とは何であるかを考えるのが哲学なのだとしたら、アイドルとは何なのか、自分がアイドルであるとはどういうことなのかについても、もう少し思惟して欲しかったと思えてならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつか花咲く日 | トップ | 高橋朱里さんの総選挙スピー... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすがにこれは・・・ (総理)
2017-06-18 03:27:29
カギさんの言われる通り、それはないわの心境です。信じて応援してくれたファンへの裏切りを通り越して、なんでそんな「仕打ち」となる宣言を許してしまったのか残念でなりません。当該メンバーはもちろん、大人たちが本当にこんな形の発表を止めるどころか助長してしまったのではないかと、その後の対応をみても疑うしかありません。私事ではあるのですが、大好きであった「柊ちゃん」「れいにゃん」「たなみん」が相次いで卒業(発表)してしまい最近まで悲しんでいたのですが、この結婚発表聞いてから、大好きな推しであった人がいち早くこのグループの一員でなくなって良かったと思えるほど衝撃です。
Unknown (さや)
2017-06-20 15:29:46
カギさんの言われること、全て納得のいくものでした。
ある人は、これまでスキャンダルまみれだったじゃないかと言っていました。でもそれもアイドルの一部だったんですよ。
グループを脱退する者、謝罪して残留する者、何事もなかったようにスルーしてネットや現場で叩かれる者、程度の差はあれみんなファンへの反省の態度を示し、自らの行為を正当化しなかった。
そんな彼女たちを見て、私自身そこまでしなくてもいいと悲しい想いになりながらも、頑張れと応援し続けてきた気がします。
それが根底から覆る様を今見せられているような気がします。
もしかしたら私もあるフリーアナウンサーが言うように「老害」なのかもしれません。なのでそろそろ潮時かとも思っています。
信じていい? (sucker)
2017-06-24 01:09:30
こんばんわ。
確かに信頼関係が彼女のスピーチにぶち壊されてしまったような感じをしてます。
これから、推しメン(たち)の目を見るたび、「信じていいの?」の電波が飛んで行っちゃう自分になりそうです。
恋愛禁止より、先に誠実さだと思ってますから。

ただの愚痴で、すみませんでした。
では、おやすみなさい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。