AKB48をめぐる妄想

AKB48にハマった私「カギ」が、好き勝手なことを述べるブログです。

いろいろな人が公演セットリストを作るなら

2017-02-13 23:07:22 | Weblog
この先ありそうな展開としては、

あおきー、UTB、BUBKA、プレイボーイ、AKB48新聞、スクランブルエッグといった各編集部、または有名編集者/ライターによる公演セットリスト競演、

サルオバさん、GNZ氏、りんごほっぺ氏など劇場スタッフ複数人の公演セットリスト競演、

いっそファンに公演セットリスト作らせちゃったらどうなるんだとかも。

最後のは今年の四月馬鹿のネタに考えていたんだが、あんまり冗談でもなくなりそうな勢い(^_^;)。もちろん、万が一本当になるなら、ぜひ私も参加したい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

16期生公演初日に寄せて・その1

2017-02-11 22:57:13 | Weblog
AKB48を、もう一度一から作り直す。16期生でやろうとしていることは、多分そういうことだ、というのが真っ先に浮かんだ感想だった。

AKB48の正統、王道をこれでもか、と詰め込んだセットリスト。こう言うと、小池、制服が邪魔をする、涙売りの少女、といった曲は違うのではないかと感じる人もいるかも知れない。だが、キレイゴトで済まないそうした曲を含めて、いやむしろそういう曲を含んでいることこそが、AKB48がAKB48たる所以であり、つまりこれらの曲は、AKB48の本流なのだ。

その結果、なのか、あえて意図してなのかは分からないけれど、セットリストに並ぶ曲は大半がチームA、それも初期メン時代のチームA曲になっている。初代チームAは実験と冒険を繰り返して、AKB48らしさを形作って来た。その歴史をたどり、メンバーにもファンにも追体験をさせるのが、このセットリストだ。

そこから見える未来はどんなものか。いや、そもそもそこに未来を見出せるのか、それは16期メンバーとファンに託されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと待て

2017-02-08 22:24:44 | Weblog
高橋希良が卒業発表、しかもその理由が「自分のやりたいことを見つけるために」って、これはまずい。やばい。AKB48グループ全体の危機だ。

だって今伸び盛りのドラ2だぜ?劇場公演に熱心に取り組んで、表現力も上がっていて、これからが楽しみな若手だぜ?その子が自分のやりたいことを見つけられずにAKB48を去る決心をしてしまったんだぞ?

だめだ。これは全力で引き止めて、彼女に未来の選択肢を提示すべきだった。AKB48は今でもそれができるはずの場所だ。それなのに彼女を不安にさせ(まあ不安になるのは仕方ないとしても、きちんと大人がフォローすることなく)、卒業発表をさせてしまった。これはAKB48グループ全体にとっての危機だ。

これはまずい。ファン向けにとは言わない、せめてメンバー向けに、責任ある人が、きちんと説明して欲しい。AKB48はまだ、夢見る若い子たちにとって、無限の可能性を秘めた沃野であるはずだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私的なことなど

2017-01-16 00:25:02 | Weblog
先週後半、出張で韓国へ。金曜いっぱい仕事して、夜は軽く飲んだものの、12時には寝床に。ホテルはまあまあで、過去に何度か泊まったこともあるので、リラックスしてよく眠れたと思うのだが、土曜の午後に帰国して、夕飯を食べたら、19時頃には倒れ込むように寝てしまい、日曜の昼まで爆睡(^_^;)。出張目的がちょっと荷の重いプレゼンだったことと、年末からその仕込みでバタバタしていたこともあり、さすがに少々疲れていたのかなぁと今さらに気付いた。

というわけで実は、TDCホールでのチーム8メンバーによるコンサートは全く行っていない。さらに言うと、この後も、通常業務に出張の成果まとめが加わって手一杯になることが分かり切っているので、一連のTDCホールでのコンサートは初めからあきらめている。せめて13期だけは、とも思ったのだが、仕事の都合を考えると、特に月曜日は無理と判断せざるを得なかった。

チーム8メンバーのコンサートに行った人のTwitterなどを見ると、いずれもかなり評判が良いようで、観られなかった残念さがないと言えば嘘になる。そして13期コンサートはもちろん、おそらくみーおんのソロコンサートや16期コンサートについても、きっと同じように感じるのだろう。ちょっとだけ頑張るつもりになれば、観られたかも知れないのに、と。

AKB48のさまざまな場面を目撃はしたいけれど、無理をすれば身体も生活も壊れてしまう。私は若い頃に追いかけた夢に破れ、キャリアプランなんてものが全く構築できずに来てしまった人間だが、むしろだからこそ、今の小さな暮らしの基盤にしがみつくしかない。アイドルの応援もしたいけれど、それより先に自分のことを心配しなければならない。我ながら情けない、つまらない奴だと思うが、まあ仕方がない。

とは言え、これくらいで心折れてAKB48のファンであることから降りるつもりもない(^_^)。全部観ることは到底無理だとしても、無理をしない程度に、何とか、目撃者であり続け、そこで感じたことを語り残したいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を思い上がっているんだ

2017-01-06 23:12:09 | Weblog
先に断っておくが、私は今、酒を飲んでいる。そういう時にブログエントリを上げるのは、基本的には避けていたのだが、これはさすがに、急いで上げざるを得ない。

すまぬ、スマホ苦手でうまくリンクをコピペできないんだが、日刊スポーツNGT取材班がtwitterで
-----
来週に迫ったNGT48劇場オープン1周年イベントですが、弊社も協賛させていただく運びとなりました。
9日に、会場内の特設ブースで新潟版やAKB新聞のバックナンバー販売も行う予定です。盛り上げられるように頑張ります!

ngt48.jp/1st-anniv

#NGT48
-----

とtweetしたのに対して、よりによってNGT公式アカウントが

-----
他県ではなかなか手に入らない日刊スポーツ新潟版のバックナンバーを揃えるチャンスです。

それにしても、商魂たくましいですな。ま、話を持ちかけたのは、こちらからなんですが。

#NGT48
-----

とtweetしたのだ。馬鹿にもほどがある。
これに対して、無名(たぶん)なヲタが一人だけ(ほか数件のリプは別件)、

-----
@official_NGT48 @nikkan_ngt 持ちかけといてその言い草w ていうかむしろ地元以外のヲタへの拡散に協力していただいてありがとうございますと言うべきなのに(^_^;)
-----

とリプライして、それにスクランブルエッグの岡田さんだけがいいね!している(さすが!)のだが、この「商魂たくましい」は、本当にあり得ないくらいひどい発言だ。

何を勘違いしているんだ。
何を思い上がっているんだ。

48なんて誰も知らず、秋元康の名前があってさえメディアがお座なりの対応しかしてくれなかった時に、単発の小さな記事が、どれだけ嬉しかったか。継続して応援しますよと言ってくれるライター、編集者、編集部の存在が、どれほど心強かったか。そういう人たちと一緒に盛り上げて来たからこそ、今の48グループがあるのだ。

ふざけるな。今のNGT48が、どうしてこんな上から目線で物が言えるんだ。一緒に盛り上げられるように頑張るとまで言ってくれるメディアに、こんな失礼な発言をすることは許されない。もちろんtweetの一つ一つがすべて劇場支配人によるものではないだろうけれど、しかし、これは部下の責任を背負って劇場支配人がちゃんと謝罪するべき事案だ。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

でもね

2017-01-01 00:28:12 | Weblog
繰り上げがうは、そして最後の最後がさりなだったのは、やっぱり48Gならではの奇跡だったと思うんだ。
それだけ、とは言わないが、今回の紅白で良かったと思えたところの一つなのは間違いない。

惣田さんは自分でもブログで言ってるけれど、最後の最後の一人で呼ばれるドラマこそが、彼女らしさなんだと思う。もちろん本人にとっては神経すり減らすことでしかないだろうけれど、でも、それだけ強い物語を背負って次のステージに進めるというのは、それはそれで、他の人たちとは違う特別な「何か」を背負っているということなんだ。あなたに特別な何かがあるってことなんだ。その何かを、強い物語を信じて欲しい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なこみく@紅白

2016-12-31 20:40:51 | Weblog
あれだけかぁ〜(^_^;)。
ちょっとかわいそうだよなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋葉原で飲んでますなうw

2016-12-29 21:20:31 | Weblog
友だち(AKB48超古参有名ブロガー)と2人で秋葉原で飲んでますなう。
4人席ですw
今から来たい人いますか〜?
もうちょっと早く言えよ、に関しては、ごめんなさい(^_^;)。

何時までいるとかの保証はありません!w
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

私的11周年

2016-12-11 23:24:14 | Weblog
今、ブログの管理画面を見たら、ブログ開設から4000日と表示されていた。そして実は、今日は私にとっての劇場11周年でもあった。休館日だったので、今日は行かなかったけれども。

皆さんお気づきの通り、今年の12月の日付は、2005年12月と同じ曜日になっている。11年前、私が初めて足を踏み入れた劇場は、日曜だというのに、ほんっとーにガラガラだったのだ。

ちなみに土曜夜の、小嶋陽菜さんの「好感度爆上げ公演」にしてみぃちゃん生誕祭公演は観た。卒業生の駒谷さん、戸島さんがサプライズ出演。これは多分、小嶋さんの判断なのだろうと思うが、すばらしい企画。今はキャプテンでしっかり者のみぃちゃんが、すっかり昔の妹キャラに戻っていた。こじはる、天然のようでいて、こういう絶妙な気配りができるあたり、やっぱりタダモノではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あえて文句言っておく

2016-12-09 00:19:18 | Weblog
11周年記念公演からの感想戦経由の帰り道なう。

公演は良かったし、特にフレッシュな16期生は、もちろんまだまだなところが多々ありつつも、全体としてはかなり良かったと思う。でもあえて、一つだけ文句をつけておく。

初舞台で緊張していても、MCに不慣れでも、とにかく自分の名前だけは、お客さん全員が聞き取れるように、はっきり大きな声で言おう。それがすべての基本だから。キャッチフレーズだの、いや、出身県や年齢すら、どうでも良い。そんなのは後からついて来る話。でも、そんなところだけ聞き取れるのに、肝腎の名前が聞き取れないのはダメだ。一文字ずつ区切るくらいのつもりで、大きく、はっきりと名乗ろう。

16期生には大きな可能性を感じた。だからこそ、この基本中の基本を、しっかりやっていって欲しいと思う。人前に立ち、演じる時に、自らが何者であるかを堂々と述べること。それがすべてのパフォーマンスの前提てあり原点なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加