AKB48をめぐる妄想

AKB48にハマった私「カギ」が、好き勝手なことを述べるブログです。

私的なことなど

2017-01-16 00:25:02 | Weblog
先週後半、出張で韓国へ。金曜いっぱい仕事して、夜は軽く飲んだものの、12時には寝床に。ホテルはまあまあで、過去に何度か泊まったこともあるので、リラックスしてよく眠れたと思うのだが、土曜の午後に帰国して、夕飯を食べたら、19時頃には倒れ込むように寝てしまい、日曜の昼まで爆睡(^_^;)。出張目的がちょっと荷の重いプレゼンだったことと、年末からその仕込みでバタバタしていたこともあり、さすがに少々疲れていたのかなぁと今さらに気付いた。

というわけで実は、TDCホールでのチーム8メンバーによるコンサートは全く行っていない。さらに言うと、この後も、通常業務に出張の成果まとめが加わって手一杯になることが分かり切っているので、一連のTDCホールでのコンサートは初めからあきらめている。せめて13期だけは、とも思ったのだが、仕事の都合を考えると、特に月曜日は無理と判断せざるを得なかった。

チーム8メンバーのコンサートに行った人のTwitterなどを見ると、いずれもかなり評判が良いようで、観られなかった残念さがないと言えば嘘になる。そして13期コンサートはもちろん、おそらくみーおんのソロコンサートや16期コンサートについても、きっと同じように感じるのだろう。ちょっとだけ頑張るつもりになれば、観られたかも知れないのに、と。

AKB48のさまざまな場面を目撃はしたいけれど、無理をすれば身体も生活も壊れてしまう。私は若い頃に追いかけた夢に破れ、キャリアプランなんてものが全く構築できずに来てしまった人間だが、むしろだからこそ、今の小さな暮らしの基盤にしがみつくしかない。アイドルの応援もしたいけれど、それより先に自分のことを心配しなければならない。我ながら情けない、つまらない奴だと思うが、まあ仕方がない。

とは言え、これくらいで心折れてAKB48のファンであることから降りるつもりもない(^_^)。全部観ることは到底無理だとしても、無理をしない程度に、何とか、目撃者であり続け、そこで感じたことを語り残したいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を思い上がっているんだ

2017-01-06 23:12:09 | Weblog
先に断っておくが、私は今、酒を飲んでいる。そういう時にブログエントリを上げるのは、基本的には避けていたのだが、これはさすがに、急いで上げざるを得ない。

すまぬ、スマホ苦手でうまくリンクをコピペできないんだが、日刊スポーツNGT取材班がtwitterで
-----
来週に迫ったNGT48劇場オープン1周年イベントですが、弊社も協賛させていただく運びとなりました。
9日に、会場内の特設ブースで新潟版やAKB新聞のバックナンバー販売も行う予定です。盛り上げられるように頑張ります!

ngt48.jp/1st-anniv

#NGT48
-----

とtweetしたのに対して、よりによってNGT公式アカウントが

-----
他県ではなかなか手に入らない日刊スポーツ新潟版のバックナンバーを揃えるチャンスです。

それにしても、商魂たくましいですな。ま、話を持ちかけたのは、こちらからなんですが。

#NGT48
-----

とtweetしたのだ。馬鹿にもほどがある。
これに対して、無名(たぶん)なヲタが一人だけ(ほか数件のリプは別件)、

-----
@official_NGT48 @nikkan_ngt 持ちかけといてその言い草w ていうかむしろ地元以外のヲタへの拡散に協力していただいてありがとうございますと言うべきなのに(^_^;)
-----

とリプライして、それにスクランブルエッグの岡田さんだけがいいね!している(さすが!)のだが、この「商魂たくましい」は、本当にあり得ないくらいひどい発言だ。

何を勘違いしているんだ。
何を思い上がっているんだ。

48なんて誰も知らず、秋元康の名前があってさえメディアがお座なりの対応しかしてくれなかった時に、単発の小さな記事が、どれだけ嬉しかったか。継続して応援しますよと言ってくれるライター、編集者、編集部の存在が、どれほど心強かったか。そういう人たちと一緒に盛り上げて来たからこそ、今の48グループがあるのだ。

ふざけるな。今のNGT48が、どうしてこんな上から目線で物が言えるんだ。一緒に盛り上げられるように頑張るとまで言ってくれるメディアに、こんな失礼な発言をすることは許されない。もちろんtweetの一つ一つがすべて劇場支配人によるものではないだろうけれど、しかし、これは部下の責任を背負って劇場支配人がちゃんと謝罪するべき事案だ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でもね

2017-01-01 00:28:12 | Weblog
繰り上げがうは、そして最後の最後がさりなだったのは、やっぱり48Gならではの奇跡だったと思うんだ。
それだけ、とは言わないが、今回の紅白で良かったと思えたところの一つなのは間違いない。

惣田さんは自分でもブログで言ってるけれど、最後の最後の一人で呼ばれるドラマこそが、彼女らしさなんだと思う。もちろん本人にとっては神経すり減らすことでしかないだろうけれど、でも、それだけ強い物語を背負って次のステージに進めるというのは、それはそれで、他の人たちとは違う特別な「何か」を背負っているということなんだ。あなたに特別な何かがあるってことなんだ。その何かを、強い物語を信じて欲しい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なこみく@紅白

2016-12-31 20:40:51 | Weblog
あれだけかぁ〜(^_^;)。
ちょっとかわいそうだよなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋葉原で飲んでますなうw

2016-12-29 21:20:31 | Weblog
友だち(AKB48超古参有名ブロガー)と2人で秋葉原で飲んでますなう。
4人席ですw
今から来たい人いますか〜?
もうちょっと早く言えよ、に関しては、ごめんなさい(^_^;)。

何時までいるとかの保証はありません!w
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

私的11周年

2016-12-11 23:24:14 | Weblog
今、ブログの管理画面を見たら、ブログ開設から4000日と表示されていた。そして実は、今日は私にとっての劇場11周年でもあった。休館日だったので、今日は行かなかったけれども。

皆さんお気づきの通り、今年の12月の日付は、2005年12月と同じ曜日になっている。11年前、私が初めて足を踏み入れた劇場は、日曜だというのに、ほんっとーにガラガラだったのだ。

ちなみに土曜夜の、小嶋陽菜さんの「好感度爆上げ公演」にしてみぃちゃん生誕祭公演は観た。卒業生の駒谷さん、戸島さんがサプライズ出演。これは多分、小嶋さんの判断なのだろうと思うが、すばらしい企画。今はキャプテンでしっかり者のみぃちゃんが、すっかり昔の妹キャラに戻っていた。こじはる、天然のようでいて、こういう絶妙な気配りができるあたり、やっぱりタダモノではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あえて文句言っておく

2016-12-09 00:19:18 | Weblog
11周年記念公演からの感想戦経由の帰り道なう。

公演は良かったし、特にフレッシュな16期生は、もちろんまだまだなところが多々ありつつも、全体としてはかなり良かったと思う。でもあえて、一つだけ文句をつけておく。

初舞台で緊張していても、MCに不慣れでも、とにかく自分の名前だけは、お客さん全員が聞き取れるように、はっきり大きな声で言おう。それがすべての基本だから。キャッチフレーズだの、いや、出身県や年齢すら、どうでも良い。そんなのは後からついて来る話。でも、そんなところだけ聞き取れるのに、肝腎の名前が聞き取れないのはダメだ。一文字ずつ区切るくらいのつもりで、大きく、はっきりと名乗ろう。

16期生には大きな可能性を感じた。だからこそ、この基本中の基本を、しっかりやっていって欲しいと思う。人前に立ち、演じる時に、自らが何者であるかを堂々と述べること。それがすべてのパフォーマンスの前提てあり原点なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

48を卒業

2016-11-25 20:26:13 | Weblog
私もとうとう、48を卒業した。と言っても、あくまでも年齢の話。釣りタイトルで申し訳ない(^_^;)。

というわけで、毎年恒例のセルフ生誕肉。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

これはひどい、と思ったことについて

2016-10-09 03:17:51 | Weblog
土曜に夜公演を観た。チーム8の北さん、近藤さんの卒業公演であり、私はシアターの女神のおかげで非常に良い席で観られたこともあり、卒業の寂しさはありつつも、大変感動し、満たされた気分で劇場を後に…できるはずだった。

ところが、所謂「お見送り」の最中、たまたま私が卒業メンバー二人の前に来た直前に、劇場スタッフが二人の花束を預かりに来た。二人は後ろを向いて花束を渡しているので、私はそこで立ち止まったのだが、警備スタッフは後ろを見ていないので、私の肩を押して流そうとする。その場で、これはひどいよ、と言ったけれど、流れには抗し切れず、そのまま流される。

たぶん、誰も悪くないんだとは思う。花束を預かってやろうとしたスタッフも、目の前で立ち止まるおっさんを流そうとした警備員も、それぞれが善かれと思って、それぞれの仕事をしたのだろう。

だけどさ、これはひどいよ。卒業公演の、最後の見送りだぜ?AKB48メンバーとしての二人に、本当に最後に声かけられる瞬間だぜ?そこで卒業メンバー二人とも後ろを向いていて、振り返るまで待とうとしても許されないって、さすがにあり得ないよ。最後の最後に一言、お疲れさまでした、あるいは、次の夢に向かって頑張ってね、って言葉をかけたいじゃないか。それすら許されずに機械的に流されるって、劇場はそんな場所だっただろうか。

たまたま私だったから、他の人が同じような悲しい思いをしなくて良かった…と思いたいところだけれど、もしかしたら私の前後数人も、同じような状況だったかもしれない。というわけで、ここに書いておく次第。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇場公演は日々に新しい

2016-07-31 21:05:28 | Weblog
 引き続き目撃者として、物語を語り残す者であり続けたいなどと言っておきながら、4箇月近くもブログを放置してしまった。その間も、公演は月に数回ずつは観ていたし、その感想として書きたい、と言うより、私の信念にかけて書くべきこともあったのだけれど、申し訳ないことに、いささか個人的に余裕がなかった。実は3月から4月にかけてかなり体調が悪く、数回にわたって大病院のいくつかの診療科を回り、頭部のCTスキャンだの脳波検査だのを受けたりしたのだが、結局原因不明のまま、GWにゆっくり休んだら快復したということがあったのだ。ただその後も、ちょっと無理をすると少し具合が悪くなりかけることがあったので、あまり無理ができなかった次第。なお、現在はほぼ問題ない状態に戻っており、元気に酒も飲んでいるので(笑)、どうかご心配いただきませんように。

 もう少し言い訳させていただくと、そんな中でも一応、何かを書こうとしたことはあったのだが、スマホからそれなりに長めの文章を書いた後、操作ミスで全部消してしまう、といったことが何度かあった。まあ誰のせいでもなく自己責任なのだが、やはりパソコン世代のオッサンには、スマホのような最近のハイテク機器の使いこなしは難しい(^_^;)。

 というところで本題。

 ここ数箇月、少なくとも私が観た限りではあるのだが、劇場公演がいつも、かなり良いのだ。そして、かつては(私から見た限りでは)劇場公演に情熱を傾けるようなタイプではなかった子が、劇場公演ですごく良いパフォーマンスを重ねていたりする。「あれ、君(たち)、そういう子(たち)だったっけ?」と言いたくなるほど。筆頭は村山彩希さんだが、大和田南那さんもかなり良いし、さらには、宮崎美穂さんが、少なくともA-7thで横山由依さんポジションのアンダーに入っている時には、すごく良いパフォーマンスだったりする。私がこの人の劇場公演をほめるというのは、過去のこのブログを読んでくださっている人なら驚いていだだけると思うのだが、実は私もかなり驚いている。

 先にみゃおの話をしてしまったが、私が一番すごいと思っているのは、ゆいりだ。本当はどこのチーム所属だったのかを忘れてしまいそうなほど、いろいろなチームやセットリストの公演に出まくっていて、しかも、そのどれでも、本来のそのチームメンバーに劣らないどころか、むしろ上回るほどの良いパフォーマンスをしているのだ。以前は劇場公演にそこまで打ち込むタイプという印象ではなかったのだが(あくまでも「私の」印象)、いつの間に変わったんだろう。彼女は今年の総選挙には出馬しなかったけれど、こうやって日々の公演で頑張っている子が報われる姿を、いずれ何かの形で見てみたいと思う。

 そしてもう一つ、こちらはここ最近の「僕の太陽」公演での話になるのだが、ドラフト2期の研究生たちが伸び盛りの時期を迎えたようだ。と言うよりも、そうなるべくして用意されたのが、チームの境を越えた「僕の太陽」公演であるのかも知れない。これまでドラフト2期生は、それぞれごく少ないチーム別公演の、同じポジションの先輩が休演の時にしか公演に出られなかった。しかし「僕の太陽」公演では、どの人もかなりの頻度で出演できているようだ。もしかすると、誰かのアンダーとしてではなく、そのポジションを演じる筆頭メンバーとして位置づけられているのかも知れない。そして、そうやって「自分の」ポジションで公演を演じ切ることで、彼女たちは演じ手として、アイドルとして、目覚ましいほどの変化を遂げつつある。

 特に久保怜音さんが、「僕の太陽」公演のほぼセンターと言って良いポジションを任されていて、その喜びにあふれながらも、センターの自覚を日々に身に着けつつある(ように見える)ことが、本当にすばらしい。また、高橋希良さんが、楽曲の中での表情や、フリの中での表現力を上げて来ていて、楽曲によっては、実年齢より大人っぽい魅力に満ちたパフォーマンスを見せている。この二人に限らず、ドラフト2期生たちは、本当に公演ごとに良くなっていくように思えるほど。やはり劇場公演に出て、そして「one of them ではない自分」を意識すると、メンバーは成長するものなのだと、改めて実感する。

 やはり私は劇場公演を観て、そこで日々に生み出されているAKB48の物語と、私なりの思いを語り続けて行きたい。11年目の今も、AKB48劇場は毎日、毎公演が新しい1ページの連続なのだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加