南三陸&気仙沼を体感!“来て見て浜ライン”

『復旧・復興に向けた取り組み』や『生活関連情報』,『観光資源の状況』といった地元情報等を発信していきます!

楽天イーグルス「平成の森球場」誕生

2017年06月22日 | イベント・まつり情報

内野に甲子園球場と同じ土、外野にKoboパーク宮城と同じ種類の天然芝を敷いてリニューアルされた南三陸町平成の森球場。6月18日(日)にプロ野球イースタン・リーグ公式戦東北楽天vs日本ハムが開催されました。

 

 

クラッチーナもハイタッチでお出迎えです。

 

 

もちろんオクトパス君も駆けつけました。

 

 

フードコーナーにも志津川産のかき汁をはじめ、地元色が満載。

 

 

開会セレモニーでの南三陸町長さんのご挨拶。さすがは元甲子園球児、この平成の森球場を甲子園予選の会場として使って欲しいとの意気込みも披露。

 

 

史上最多、2,556人の観客が詰めかけたそうです。

 

 

選手の練習風景をこんなに間近で見ることが出来るのも、この球場の魅力ですね。

 

 

オコエ選手にはひときわ大きな声援が。

 

 

残念ながら試合は1-5で敗れたものの、最終回には地元宮城出身、岩出山の星こと今野龍太投手が登板。スタンドからは大きな拍手が送られました。

 

 

試合後には、グラウンド上で様々なファンサービスもあり、観客も大満足だったようです。

 

 

帰り際、4月にオープンした商店街「ハマーレ歌津」に寄ると、ここにも大勢の楽天ファンが買い物に訪れていました。おそらく「さんさん商店街」も同じように賑わっていたことでしょう。

 

 

「楽天イーグルス平成の森球場」の美しさと、イースタン・リーグの楽しさを満喫しながら、またひとつ復興が進みつつあることを実感した一日でした。

 

(S・S)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「花のみち45」植栽作業を行いました

2017年06月15日 | 職員日記

気仙沼市が行っている緑化事業「花のみち45」に当事務所も市民ボランティア団体として協力しており,

6月14日(水)に植栽作業を行いました。

 

 

 

 

雨の予報もありましたが,無事作業を終えました。

 

(T.K)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おさかなのデニム?

2017年06月07日 | 職員日記

メカジキをデニム生地の素材に活用するなど,独自の商品開発に取り組んでいる企業を訪問してきました。

 

 

 

メカジキには剣のように鋭い吻(ふん)とよばれる角があり,捕獲後は捨てられていましたが,この会社は,メカジキの吻を粉末にして繊維に織り込んだ生地でジーンズなどを製造・販売しています。

 

 

気仙沼市ではメカジキのブランド化を推進していますが,食べるだけでなく,デニム生地にも活用されているとは,全く想像もしていませんでした。

 

 

社長は,いろいろとアイデアをお持ちのようです。今後の新商品のリリースに期待しましょう。

RT

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田束山ツツジ開花状況(5/16)

2017年05月17日 | 観光情報 (南三陸)

5月16日(火)に田束山(たつがねさん)に行ってきました。

 

 

一面が満開になるにはもう少しですが,所々に咲いている箇所もあります。

 

 

 

新緑の季節ということで,淡い爽やかな緑も楽しむことができます。

 

 

駐車場から山頂までの遊歩道です。

車を停めて少し歩くと山頂に到着です。

 

 

山頂からは,気仙沼市本吉地区,南三陸町歌津地区を見ることができます。

 

 

 

雨が降るとツツジの色が落ちてしまうとのこと。

ここ数日は好天が続きそうですので,今週末あたりが見頃になりそうな気がします。

 

田束山のツツジについて,詳しくはこちらをご覧ください。

 

南三陸町ホームページ(イベント・観光)

http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/11,html

 

南三陸町観光協会ホームページ

http://www.m-kankou.jp/

 

 

(T.K)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日のプレゼント in 臨時直売所

2017年05月12日 | 職員日記

毎月第1金曜日は「地場産品生産者応援の日」として,気仙沼合同庁舎の1階フロアに臨時直売所を開設しています。

 

 

 

地元の生産者の皆様を応援するため,平成26年7月から毎月開催していますが,今月はゴールデンウィークもあり,第2金曜日の開催となりました。

 

 

いつものことながら,大盛況です。ボリューム満点のおこわや総菜などもありました。これは,お昼の弁当代わりに食べることにしましょう。

 

 

ハンドメイドのかわいらしい造花もありました。「母の日」のプレゼントとして買うことにしました。

 

 

 

また,来月も直売所を開設します。是非,皆様もいらしてください。

 

RT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第35回宮城県気仙沼合同庁舎臨時直売所を設置します!

2017年05月11日 | イベント・まつり情報

宮城県気仙沼地方振興事務所では,毎月第1金曜日を「地場産品生産者応援の日」として,

気仙沼合同庁舎内に地場産品の臨時直売所を設置しています。

 

5月は,明日12日(金)に設置しますので,皆様ぜひお立ち寄りください!

 

 

(T・K)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気仙沼大島と本土が橋で結ばれました(愛称は『鶴亀大橋』)

2017年04月20日 | 地域情報

 

3月29日、気仙沼大島と本土がアーチ橋で結ばれるというので見学してきました。

午前10時過ぎに現場に到着するとアーチ橋の架設作業は大部分が終了していました。

 

 

橋台に正確に接続されていて、土木技術の緻密さに感心します。

同行者と「すごいな~」を連発してしまいました。

ずれたりしないのですかね。

 

 

安波山からも撮影しました。どこにアーチが見えるのかわかりますか?

 

 

「鶴亀橋」が正式に開通するのは、平成31年の春ということですが、地元の皆様も待ち遠しいことでしょう

 

(R.T)

 

【補足】

本工事について、詳しくは気仙沼土木事務所ホームページもご覧ください!

大島架橋事業

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-doboku/o-shima.html

大島かけはし(情報誌)

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-doboku/o-news.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(3月26日(日))

2017年03月23日 | イベント・まつり情報

 26日(日)、気仙沼大島大橋の架設作業(大島架橋)が実施されます。

東日本大震災により長期間孤立した経験から、現在、市内本土と結ぶ大島架橋工事が進められており、震災時の津波を超える高さに設計された橋桁と、国内最大級の全長300m近いアーチからなるその姿は、白を基調とした美しいシルエットを誇ります。

26日の作業の後、舗装などの作業を行い、平成30年度に開通となります。大橋開通後は、島民の日常の買い物の不便さや医療面の不安が解消されるほか、災害時には緊急輸送道路としての役割を果たします。また、車を利用する観光客の増加だけでなく、橋そのものが新たな気仙沼大島のランドマークとして、観光面で大きな効果が期待されます。

 

◆日程:3月26日(日)午前5時30分から

◆場所:気仙沼湾

◆注意:当日は、現場見学会が開催されます(申込締切済)。大変混雑が予想されますので、現地では関係者の指示に従ってください。

◆お問い合わせ:気仙沼土木事務所大島架橋建設班(電話:0226-24-2537)

◆URL:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ks-doboku/

 

 26日(日)、南三陸町戸倉で「木工を自分でするためにいろいろ学ぶ教室vol.1」が開催されます。

自分が作りたいものを自由に、地域の木材で作ることができたら素敵だと思いませんか?

それを叶える教室第一弾です!

講師に石巻工房さんをお呼びして、木材は南三陸のもので、まずは自分の道具箱を作ります。

木工に興味がある、木のことを学びたい、自分でなにか作りたい人、集まれ!

 

◆開催日時:3月26日(日)午後1時30分から午後4時30分まで

◆開催場所:南三陸・海のビジターセンター(南三陸町戸倉字坂本21-1)

◆参加費:お一人様1,000円

◆定員:10名(高校生以上)

◆持ち物:汚れてもいい服装

◆申込方法:

申し込みは、南三陸・海のビジターセンターまで(平日9:30~16:30 火曜日休館)

『①氏名、②性別、③年齢、④生年月日、⑤ご所属・ご職業、

⑥電話番号、⑦Email、⑧FAX、⑨緊急連絡先(氏名・電話番号))』をご記入の上、 下記EmailまたはFAXにて、ご提出ください。

◆申込先・お問い合わせ先:南三陸・海のビジターセンター

Email center@kawatouminovisitorcenter.jp

FAX 0226-25-7622

お問合せTel 090-5415-6781

URL http://kawatouminovisitorcenter.jp/umi/index.html

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末イベント情報(3月18日(土),3月19日(日))

2017年03月16日 | イベント・まつり情報

 18日(土)、南三陸町戸倉で「早春!シーカヤック」が開催されます。

海藻のゆらめく早春の海をカヤックに乗って楽しみます。ウェットスーツの下に着られるもの(水着またはラッシュガード)、 靴、防寒着、着替え、替えの靴、タオル、健康保険証をご持参ください。 荒天の場合は中止、前日までにご連絡いたします。

 

◆開催日時:3月18日(土)①午前9時30分から午前11時まで/②午前11時から午後0時30分まで

◆開催場所:南三陸・海のビジターセンター(南三陸町戸倉字坂本21-1)

◆参加費:お一人様1,000円

◆定員:①②各時間10名ずつ(中学生~大人)

◆持ち物:ウェットスーツの下に着られるもの(水着またはラッシュガード)、 靴、防寒着、着替え、替えの靴、タオル、健康保険証

◆申込方法:

申し込みは、南三陸・海のビジターセンターまで(平日9:30~16:30 火曜日休館)

『①氏名、②性別、③年齢、④生年月日、⑤ご所属・ご職業、

⑥電話番号、⑦Email、⑧FAX、⑨緊急連絡先(氏名・電話番号))、⑩午前と午後どちらの参加希望か』をご記入の上、 下記EmailまたはFAXにて、ご提出ください。

◆申込先・お問い合わせ先:南三陸・海のビジターセンター

Email center@kawatouminovisitorcenter.jp

FAX 0226-25-7622

お問合せTel 090-5415-6781

URL http://kawatouminovisitorcenter.jp/umi/index.html

 

 18日(土)、冬季休業していた気仙沼市の「モ~ランド・本吉」がオープンします。

当日は、オープンセレモニーの後、グランドゴルフ大会や豚汁無料サービス、バター手作り体験など、様々なイベントが催されます。

春を迎えた牧場に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

◆開催日時:3月18日(土)~20日(月祝)

◆開催場所:モ~ランド・本吉(気仙沼市本吉町角柄15-4)

◆お問い合わせ先:モ~ランド・本吉

べ~ごこハウス(電話:0226-43-2468)

まきばのがっこう(電話:0226-29-6208)

農事組合法人モーランド(電話:0226-43-9006)

◆URL:http://www.mooland.jp/

 

 19日(日)、仙台うみの杜水族館で気仙沼のPR活動が行われます。

仙台うみの杜水族館の一角に気仙沼の観光ブースが設置され、ノベルティの提供やホヤぼーやとの記念撮影,魚の凧作り教室などが体験できる予定です。

当日、JR仙台駅で「がんばれ!気仙沼復興産直市」が同時開催されますので、そちらも合わせて参加してみてはいかがでしょうか。

 

◆開催日時:3月19日(日)午前10時から午後2時まで(予定)

◆開催場所:仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区中野4-6)

◆お問い合わせ先:(一社)気仙沼観光コンベンション協会(電話:0226-22-4560)

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【3/17】気仙沼合同庁舎水産物直売会を開催します!

2017年03月13日 | イベント・まつり情報

 17日(金)、宮城県気仙沼合同庁舎で水産物直売会を開催します。
宮城県では、毎月第3水曜日を「みやぎ水産の日」としています。この直売会は、「みやぎ水産の日」に関連したイベントで、宮城県漁業協同組合唐桑支所にご協力をいただいています。
直売会では、活ホタテ貝「海音」(5枚入り)、活カキ(7枚入り)、生わかめ「春馬」、生めかぶ、殻つきムール貝(活貝)、塩ウニ、ボイルアカザラ貝など、美味しい水産物や加工品の数々を格安で販売します。

宮城県気仙沼地方振興事務所では、今後も地場産品の生産者を応援し、地場産品の消費拡大を図っていきます。

 

◆開催日時:3月17日(金)午前11時30分から午後1時まで

◆開催場所:宮城県気仙沼合同庁舎1階 玄関ホール

(気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6(旧鼎が浦高校跡地))

◆お問い合わせ先:宮城県気仙沼地方振興事務所 水産漁港部(TEL:0226-22-6851)

 

開催場所は以下の地図を参考にしてください。

 

(E・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加